茅ヶ崎市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「茅ヶ崎市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「茅ヶ崎市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「茅ヶ崎市」の項目を執筆しています。
「茅ヶ崎行ってきたぜー!」
茅ヶ崎市 について、甘寧
「来週もまた湘南海岸で楽しみがあるんです」
茅ヶ崎市 について、吉田こと

茅ヶ崎市(ちがさきし)は、神奈川県のおなかの辺りに位置する、湘南の中心都市。ここの住民は東京よりも自分たちのほうが偉いと思っている。しかし実態は湘南の中心都市は藤沢市と言うべきで、茅ヶ崎市はそれなりに綺麗なようで別にどうってことがない海を除けば湘南のお荷物的地域となっている。

市政[編集]

1947年より市政を開始し、東京のベッドタウンとして順調に人口も増加していたが、2000年に同市出身の音楽家/革命家グループであるサザンオールスターズTSUNAMIテロによって革命が成立。以来同グループによって市政が運営されている。なおサザン通りという道があり、サザンオールスターズの音楽が24時間鳴り続けているがJASRACには宗教活動ということで支払いをしていない。さらには神社も設置されており、熱心な活動家の聖地となっている。一度却下されたにもかかわらず、執念の活動によりとうとう2014年10月1日から駅の発車ベルがサザンの曲である「マンピーのG SPOT」になった。 彼らの政治方針は大衆に分かりやすく、意外と保守的でさえあるために、大きな混乱も無く今日に至っている。あるいは、茅ヶ崎市民は政治になど関心が無いのかもしれない。ただし、彼らの中にはあるカルト集団に属しているメンバーがいるという噂があり、一方で既に脱退したという噂もあるなど情報が混乱しており、今後も慎重な監視が必要であろう。 あと、JR茅ヶ崎駅周辺にて、徳光の目撃情報が多数あるようなないような状態なので市のマスコットに推薦した人物がきっといる。 海外に視察に行っていた市政担当のえらい人が、サーフィンでブイブイ言わせようとして、波に乗らず天上に登る騒ぎが発生。この際、サーファー優遇措置から労災扱いにしようとしたが、現地ニュースのネット配信で全容がバレてしまい慌てて撤回した。

地域[編集]

市内を横断するJR東海道線を境に、南側は海岸まで高級住宅地としらす専門店が軒を連ね、いわゆる湘南的光景が拡がっている。一方で北側は丘陵と平野が広がり、のどかな風景を見せるという2面性を持っている。

海側(東海道線以南)
市内の湘南海岸は、夏になると海水浴客で芋の子を洗うような混雑を見せるが、たまにアライグマが海岸で芋を洗っているのが観察される。
海岸周辺に生息している野良猫を信奉する動きも見られる。ハッスルハッスルもよくいる。
この地域に住む条件として、日焼けをしていること、サーフボードを持っていること、自転車がビーチクルーザーであることが市の条例で指定されており、湘南ブランドを守ることに貢献している。海岸沿いの国道134号線沿いでは、市内数箇所にゲートが設けられ、一定以上の日焼けをしていない色白観光客から日焼け税を徴収している。
海のそばに行けば行くほど、商店がハワイめいて行くのが特徴で独特のアトモスフィアを漂わせるようになる。非リア充が近寄るとしめやかに爆発四散するので注意が必要。
TSUNAMIは発生しないがアベックがアーン♥♥するHOTEL PACIFICは過去に存在していた。色々あった末にパシフィックガーデンというやっぱりマンションというオチに。
なお、湘南の海に憧れて海の目前に外部から移住してきた人間は、きつい塩害と潮風で窓も開けられず、洗濯も布団もマトモに干せない喜びを全身で味わっているらしい。
山側(東海道線以北)
海側のイメージに騙されて移住してがっかりした住民も多い。悪名高い神奈川県警の懸命な努力もあって治安状態も悪く、一般市民は極力立ち入らないよう勧告されている。
特に女性の夜間の立ち入りは自殺行為であり、地元住民でも足を運ぶ機会は少なく、同一市内にもかかわらず田舎を体験できる。
茅ヶ崎最大の公園である、里山公園にはカワセミが飛び交い、マムシに注意するよう警告が出ていたりと駅近郊の住民が知ると環境のあまりの違いに恐れおののく。
駅周辺(北側)
涙の海に恋したい茅ヶ崎市民のサガなのか、駅周辺の店の入れ代わりが激しいのが特徴。
特に美味くもないラーメン屋がたくさんあった気がしたが、いつの間にか消失していた。
古本屋は減っていき、ゲーム屋はことごとく潰れ、数件のゲーセンも全て潰れるという専門店には非常に苛酷な環境となっている。
美容院は減らない、むしろドンドン増えている。
サティが出来てそばにジャスコが作られたため、茅ヶ崎にはイオンが2店舗存在する。しかも至近で。
辻堂の大型モールに客を奪われた上に、茅ヶ崎駅ビルが2015年11月に大リニューアルするためイオン2店舗の今後に注目が集まっている。
駅周辺(南側)
東洋の魔都と称されている迷路になっており、一度通った道にもう一度たどり着くことは困難を極める。
これを利用した新感覚アトラクションがあるが、ラストダンジョンの小川道場ぴーするものが後を絶たない。攻略できた方は連絡ください。
美容院が多い。イタ飯屋がやたらと多い。飲み屋が多い。ハワイかぶれの店も多い。ハワイポーズとかいう地元民も知らない謎の舞踏が流行っているらしい。
ただしアーン♥♥なお店は全て平塚と藤沢に押しつけたため、茅ヶ崎からは粛清されました

地域詳細[編集]

駅北口[編集]

新栄町(しんえいちょう)
文字通り新しく栄えた町で、茅ヶ崎北口のメインといってよい地域。ただし現在はじわじわと衰退しつつある。(後述)
駅北口から左側部分に当たる地域、ダイナミックなオオクマもといダイクマを吸収したヤマダ電機とイトーヨーカドー、その他商店や飲食店などが存在する。
駅周辺の住人はだいたいここで買い物が回る仕組みになっていたのだが、駅ビル改装による多重かつ著名なテナント導入による煽りから
動線を根元で切られたことにより絶賛大ピンチ中。茅ヶ崎人はケチなくせに新しいものにはすぐ飛びついてしまう習性があるのも災いしている。
元町(もとまち)
新栄町とは道を挟んで向かい側になる町。文字通り元の町であり個人商店が多く存在する。
駅北口から右側に当たる地域で、茅ヶ崎にいるサラリマンたちの胃袋を満たす大きな食堂町といえる地域
有名な食べ物屋はもちろん、各国料理から多国籍料理までだいたいの食い物がここで食べられる。
ただし、ちょっと奥に行くと50cmオーバーのまるまると太ったクマネズミが、人間を恐れずのっそり歩いているので要注意。
なお超有名なあり得ないほど安いのに旨いと評判の焼き肉屋が存在するが、上記との関連は禁則事項です
茅ヶ崎(ちがさき)
茅ヶ崎の中の茅ヶ崎というお約束ともいえる地名。間違っても横浜ではない。
駅ビルがリニューアルしたことで、北茅ヶ崎駅以北の住人に支えられている
イオンスタイル湘南茅ヶ崎(旧サティ)とイオン中央茅ヶ崎(旧ジャスコ)というイオンが直近に2店舗存在
ただし湘南茅ヶ崎の方は巨大有料駐車場として運営されているのが実情である。
フレスポも以前は美容院と保育園が併設され、若い人妻が多く出入りしていたことで繁盛していたが、当局により粛清されました

駅南口[編集]

幸町(さいわいちょう)
「幸町にすむ人の幸福は義務です。あなたは幸福ですか?」と呼びかけてくる着ぐるみキャラが出没する噂が絶えない地域として有名である。
ちなみにその全身紫色をした外見から、ついたあだ名は紫さん。市はご当地キャラに仕立てようとしたものの・・・お察し下さい
紫さんに遭遇したら元気よく「はい、幸町の人間は幸福です!なぜなら幸福は幸町では義務だからです!」と返すと超いいことがあるらしい。
ただし実際に話を聞いてみても、なぜか具体的な事例が全く出てこないため都市伝説なのではないか?という疑惑もある。
なぜか同一経営のスーパーたまやが割と近くに2店舗ある。近くに同じ店を出すのがブームらしい。
それ以外は駅付近で便利かつ、閑静な住宅があったりしながらも徐々に再開発がじりじりと進んでいる地域である。
共恵(ともえ)
駅南口から海に向かう道中にある地域で、すでに商店街は寂れているどころか存在すら危ういレベル。
現存している店舗も、サザンオールスターズにかこつけて必死にサザン通りと名称をつけて音楽を流したりしている。
サザンオールスターズとの逸話があったり、むりやりサザンオールスターズに関連した商品を扱ってる店は超栄えており
現存する商店街の店はどこもかしこも新築に建て替えできるくらいに笑いが止まらない状態である。
なお、そこまで栄える理由はサザンオールスターズの信者には、サザン通りにある神社への礼拝が年1回義務づけられていることによる。
ついでにいうとツインウェイブ前のサザン通り看板で記念撮影も義務である。
東海岸(ひがしかいがん)
外部移住者あこがれの高級住宅地(東海岸北)であるが、奥地(東海岸南)にいくと駅から遠く却って使いにくいとの評判。
なお住民は地名からアメリカ東海岸をリスペクトし、個人の自由を重んじる人々が多く住んでいる。
どれ位リベラルかというと、真冬の早朝にも欠かさず水まきをしつづけ歩道を凍結させることで、転倒を狙うトラップ作成じいさんがいるくらい。
また家までサーファーめいていたり、むだに小洒落ていたり、ハワイめいた家屋が建ち並ぶ
その裏では堂々と違法な民泊を行っている家も多く、外国人が増えており文字通りの意味で米国東海岸化に拍車がかかっている。
南湖(なんご)
茅ケ崎市漁業協同組合が存在しており、漁師系や古くからの住人が多い魔窟。
軽薄な茅ヶ崎の偽ハワイぶりを嫌悪しており、観光客が軽いノリで近寄ると帰ってこれないと言われている。
DQNが南湖で重大な自動車事故を起こす事例がたびたび見受けられるが、地元民による制裁であるともっぱらのウワサである。
ちなみに、なんごと読む。間違っても、なんこと呼んではいけない。いいね?
茅ヶ崎海岸しおさいの森(ちがさきかいがいんしおさいのもり)
ドマイナーなスポットで、なぎさ遊歩道が整備されており休日でも人が少ない隠れた穴場スポットといえる。
ただし日中から盛り上がったアーン♥♥チョメチョメしてるXXXXXなカップルがいたり、木に首からぶらぶらとブラ下がる健康法を実践している人がいたりと
一人での散歩はあまりおすすめしにくい魔窟である。

その他[編集]

教育[編集]

あるカルト集団の歌[1]を学生に歌わせて騒動になったかと思えば、中学校では制服通学以外にもジャージ通学を認めてしまったことで、9割以上の生徒がジャージでダラダラ1日過ごすカオスな空間になり、粛清されました。中学の男性教諭が女生徒(卒業生を含む)に何股もかけてをドライブに連れ出しアーン♥♥して、最終的にはNice boat.したり。小学校で飛び降り未遂騒ぎが起きた際、どうにか回りの教師が説得したのにもかかわらず、要職の女性が「さっさと飛び検閲により削除」と本人に発言したり。なお、女子高校生のスカート丈は偏差値と反比例して短くなるという謎の現象まで起こっているが、誰も気にしない。 かように教育現場は混沌である。

美容院[編集]

茅ヶ崎市最大の集落であるのが美容院である。駅から出たら美容院、ちょっと歩いても美容院、逆から出ても美容院、ちなみに駅ビルの6Fには散髪所がある。 理容院や散髪屋は潰れてなくなってしまうことが多いのに対して、茅ヶ崎の美容院は年々減少することなく増え続けている。 これは茅ヶ崎の美容院だけは、特殊なサービスが提供されるためである。 アーン♥♥なお店を茅ヶ崎から全て粛正し平塚や藤沢におしつけてしまったため、他地区の美容院とは別の物へと独自に変貌してしまったことによる。 そのため客は男女を問わず満員御礼である。その詳細は・・・禁則事項です

マンション[編集]

次に多いのがマンションである。気がつくと最近はあっちもこっちも再開発されているが、ほぼマンションになる。 スーパーや大きなショッピングモールは全く増える気配がなく、やっぱりマンションである。いらねーよ。 大体駅の北口あたりには、マンションを売り込もうとするアンケートを装ったセールスマンがほぼ毎日うろついている。 なお海側は{{{1}}}な格安物件が非常に多いが、TUNAMIだったり塩害だったりで色々とお察し下さい。 下の階にテナント入居を募集すると、入居するのは高確率で美容院である。これはマンション在住の身体をもて検閲により削除様方をアーン♥♥させるとくしゅn 禁則事項です

飲み屋[編集]

駅南口はオープンカフェよろしく店の前の道路沿いで飲ませる飲み屋が大量に作られている せんべろや立ち飲みほど低俗でなく、そこそこのグレードを持った居酒屋で安価に飲めて騒げて楽しめるということで わざわざ茅ヶ崎に移住してくるアーン♥♥なお持ち帰り目的の学生もいるとかいないとか・・・

最近は店舗側も厨房スペースを大きくし、客席を減らしてわざと外で飲ませようとする事例もあったりなかったり。 うっかりすると外にはみ出て公道で宴会をやり出す。また客は飲酒前提だろうがもれなく自転車で来店するが 自転車を止める場所は、駐輪場を用意できないため市道や公道に止めてやりたい放題である。

なお地元警察の対応はお察し下さい

自転車[編集]

市民の自転車保有率は非常に高く、一人当たり2.3台という試算結果もあるほどである。なぜこのように茅ヶ崎市民が自転車好きなのかは不明(一説では消防自転車の製造を目論む市中の大手企業の策略ともいわれる)であるが、茅ヶ崎駅を中心に自転車がひしめき合っており、行き交う自転車のベルとブレーキの音で会話もままならないほどであり、付いたあだ名が「神奈川の北京」。市民の利便性向上のために、市内には自転車専用道路、自転車専用空気入れスタンド、自転車専用ドライブスルーなどが存在する。

茅ヶ崎の南口と北口の境にある地下道では、自転車道と歩行者道に別れているが点字ブロックは自転車道と歩行者道にそれぞれ設置してある。これは自転車マナー啓蒙のためあえて行っている行為であり、お陰で年に数回は救急車沙汰になっている。もちろん全て自転車側の自爆なのでなんら問題はない。

なお、茅ヶ崎駅周辺の公営駐輪場は8ヶ所、さらに私営駐輪場も数多く存在している。公営駐輪場は自転車・原付合わせて9621台を収容する。茅ヶ崎市民でない人からは「そんなにいらねーだろ!」という声もあるが、現状でも民業圧迫な価格の公営駐輪場の定期券が購入できずに、法外に割高な私営駐輪場に月末泣きつくも空きが見つからないことも多く、最悪は禁則事項ですな駐輪で凌ぐ状況である。

そのため、茅ヶ崎に移住してきた外部の人間がまずやることは、住居の確保よりもまず先に駐輪場の確保といわれるくらいの最優先事項となっている。 近年の流行は居酒屋への自転車通勤であり、店によっては「自転車は店の前に」と但し書きがされる[2]くらいに自転車の飲酒運転が日常化している。なお我らが茅ヶ崎警察はお察し下さいなのでやりたい放題である。

海岸付近の自転車には、車体外側に使用目的不明の出っ張りが2カ所ある。先端はふつうゴムなどで防水加工されており、何らかの電子機器が接続されていると考えられる。茅ヶ崎市民に、この出っ張りの機能について尋ねても、多くの者がはぐらかすか沈黙を守っている事が多いが、実はこのパーツは本来取り締まられるべき対人自動迎撃用パーツのアタッチメントである。年に50人くらいはエッジの効いた長いボードによって帰らぬ人になっているが、海外で天に召された元副市長と同じくサーファー優遇措置により黙認されているのが現状である。

姉妹都市[編集]

敵対都市[編集]

  • 逗子市・・・お互いに相手を湘南から省こうとして争っている
  • 藤沢市・・・湘南エリアの覇権を争っている。また現実の問題として藤沢市との間に領土紛争が起こっており、悪辣なる藤沢市当局は神聖なる固有の茅ヶ崎市領土を奪い取らんとしている(藤沢市の領土問題において藤沢市の妄言がある)
  • 平塚市・・・平塚界隈を牛耳る組織からの侵略に日々おびえる毎日であるが、七夕祭りには参加する。西湘ベルマーレだろ!と突っ込むのが茅ヶ崎市民の習い。
  • 寒川町・・・茅ヶ崎市に金目当てで吸収されかかり、微妙な敵対関係に。11月には不良在庫大放出の花火大会があり、寒川神社の初詣を宣伝している。
  • 東京都区部・・・正直、足を運ぶのに勇気がいる

出身有名人[編集]

茅ヶ崎出身の有名人は、市内の道路に名前をつけることが出来る。市政を握っているサザンオールスターズの他、有名なのが雄三通りなどであるが、その他茅ヶ崎出身の有名人も自分の名前をつけてもらおうと常に活動を行っている。現在、茅ヶ崎駅から茅ヶ崎公園野球場までの道路を山本昌通りと名づけようとする計画があるが、現地では中日ファンが少ない為、実現は困難と見られている。数年後は確実に徳光通りができる。

関連項目[編集]

  • バードカフェ 系列店の「串焼BAR プクプク」が存在、騒動後でこっそりと比内鶏が禁則事項ですの肉になっても繁盛していたが、2014年に食中毒が発生。


Img1021 08.jpg 有権者諸君!私が外山恒一である。この項目「茅ヶ崎市」は未完成だ!!
編集したら、奴らはビビル! 私もビビル・・・・・ (Portal:スタブ)