苦難の行軍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

苦難の行軍(くなんのこうぐん)とは、エクストリームスポーツの一種である。

概要[編集]

1930年代に日帝統治下の朝鮮で金日成によって始められたとされ、現在、競技者人口は世界で22億人を超えると言われている。

災害食糧難エネルギー難で苦しむ発展途上国人民がこのような危機を乗り越える競技である。また、最近では先進国でも多く行われるようになった。多額の借金や不祥事、災害による仮設住宅での生活が先進国での主なミッションである。一般のプロスポーツでも「苦難の行軍」が行われる。成績不振や球団存続の危機がミッションとなる。中でも90年代の阪神タイガースによる苦難の行軍は約30万人の競技者が参加したものである。

ルール[編集]

予め用意されたミッションをクリアすれば競技は成立する。ミッションの難易度が高い程得点が加算される。競技は10年単位で行われる。

状況(例)[編集]

国家部門[編集]

  • 「大地震で何百人もの国民が死んだり家を失った」
  • 「大飢饉で何百人もの国民が餓死してしまいそうだ」
  • 「大洪水で何百人もの国民が避難せざるおえない」

プロスポーツ部門[編集]

  • 「このままでは身売りだ」
  • 「このままではJ2降格だ」
  • 「このままではファンが逃げてしまう」

個人部門[編集]

  • 「家が焼けた」
  • 「家が地震で潰れた」
  • 「家が津波で流された」

名チーム[編集]

これまで二度参加してきた北朝鮮だが、ソ連の崩壊や金日成の死去で三度参加することになった。1995年に大水害が発生すると、翌年は凶作に悩まされ、約200万人の国民が餓死した。その後しばらくは混乱しつづけ、1999年太陽政策による援助もあってか、経済成長率がプラスに終了を表明したが、国際情勢の悪化によって2007年頃に再び開始されることが予想される。
1985年に優勝を果たしてから成績不振になり、競技に参加を表明。1992年に一度は競技終了を考えるも、再び不振になり続行。1995年阪神大震災の影響で成績はさらに悪化、1996年にはファンにも見放されそうになり、また、1999年にはノムーラによるチームの立て直しが失敗し、一時は遂行不能の状況に陥り、あわやリタイアかと思われたが、2002年ミスター・ホシノが阪神ファンの優秀さを誇り、支持を集め、監督に就任すると成績は向上し、翌年、18年ぶりとなるリーグ優勝を果たし、競技を終了した。

現在鋭意実行中のチーム[編集]

かつて炭坑で栄えた夕張だが、産業が衰退し、2006年に破綻し、財政再建団体に入ってしまった。市民の負担は増え、公共サービスも劣化の一途をたどっている。

その他参加予定チーム[編集]


Syazaai.jpg この項目「苦難の行軍」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)
                                            

関連項目[編集]