芳賀ゆい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

芳賀 ゆい(はが ゆい)とは、かつて日本で活躍していた伝説のアイドルである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「芳賀ゆい」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「芳賀ゆい」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

彼女はポニーテールがトレードマークのアイドルであり、その活躍は伝説として祀られている。

ポニーテールがトレードマークとされるのは、彼女がデビューしたきっかけが伊集院光に進められて出場した「第1回ミス・ポニーテール・コンテスト」での優勝であることに由来する。

プロフィール[編集]

本名は樋口 麻紀子(ひぐち まきこ)。1974年4月15日に兵庫県神戸市に生まれ、家庭の事情で1歳の時から国分寺に移り住んだ。その理由とは国分寺にパン屋を開きたいという父親の夢を果たすためであり、実際「HIGUCHIベーカリー」というパン屋を開業している。

デビューのきっかけは国分寺でパン屋の手伝いをしていた当時15歳(中学3年生)だった彼女を伊集院光が見つけ、そこにアイドルの素質を見つけ出しスカウトしたことに由来する。初めは家業を継ぎたいとプロデュースの誘いを断った彼女であったが、伊集院渾身の説得によりデビューすることを決意する。家族は世界を見て来いという立場をとったため、特に反対はしなかったという。その芸能活動中に16歳(高校1年生)になる。

デビュー当時のプロポーションは身長158cm、体重44kg、B78 W58 H80、血液型O型とされる。家族構成は父、母、姉(17)、弟(10)、猫のチャ太郎。趣味は猫のチャ太郎をめでることと答えていたという。

活躍[編集]

彼女は主に伊集院光とともにラジオ媒体で活躍し、「芳賀ゆいの星空のパスポート」「伊集院光と芳賀ゆいのオールナイトニッポン」などに出演した。発売したCD「星空のパスポート」は5万枚もの売上を記録した。写真集『う・そ・つ・き』発売を記念して行われた握手会では2000人を集めるなど人気前兆にあると思われていた。

引退[編集]

引退の直接の原因は他の売れっ子アイドルと同じように、彼女も週刊誌を騒がせたことである。

写真週刊誌「FRIDAY」に『伊集院光との密会現場』とされるツーショット写真に取られるというアイドルとしてあるまじき姿を取られてしまったのだ。彼女いわく伊集院光は芸能界に進むきっかけをつかませてくれた恩人なのだが、世間はそうは見てくれなかった。彼女は伊集院に迷惑をかけたくない一心で芸能活動を休業し、留学を名目にして引退を決意する。

引退を決意し、台北経由でどこかに留学[1]することにした芳賀は羽田空港へ一人で向かったのだが、スキャンダルなんて気にしないファンたちが最後に会いに来てくれたのだ。その中には伊集院光も含まれていたとされるが定かではない。

伝説[編集]

彼女が伝説のアイドルと呼ばれているのには理由がある。まず、彼女は双海亜美・真美のように双子、それどころか三つ子だったのではないかという疑惑である。彼女たちは一年間多忙であったのに平然としていられたのは仕事を3分割していたからだという説である。

実際声優が出来るほど可愛い声と言われていたのに、実際に会ってみるとそこまで声が可愛くなかったり、歌がうまいとされていたのに生で聴くと下手だったりと、音声加工をしていたとしてもおかしい点が多々あったと、ファンの間ですら言われている。だからこそ、ラジオ担当、歌担当、対面担当の三つ子だったのではないかといわれているのだ。

現在[編集]

留学が終わった後には、高校に戻り、推薦入学で大学へと進学し、卒業後はプロフィールで語った通り「HIGUCHIベーカリー」を手伝っている。

ただ、いい話題だけでなく、芳賀ゆいに似ているAV女優がいるという目撃情報もあり、彼女の本当の活動は謎に包まれている。

もし、三つ子説が本当であるならばパン屋もAV女優も兼業可能なのであろうが、往年のファンからはパン屋で働いていて、あわよくばアイドルに復帰して欲しいなという願望を持っているため、仮に三つ子のうちの一人でもAV女優になったという説は受け入れがたいらしい。そのため往年のファンはパン屋で働いている彼女こそ唯一無二の芳賀ゆいだと考えている。

脚注[編集]

  1. ^ ウィキペディアには「台湾へ留学」と書いてあるが間違いである。さすがウィキペディアクオリティ。

関連項目[編集]