花言葉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「花言葉」の項目を執筆しています。

花言葉(はなことば、花詞、floriography)とは、に託した呪いである。

概要[編集]

古来より花にはそれぞれ固有の魔術属性があり、その花を相手に渡すことでその属性(影響)を及ぼすことができると考えられていた。古くはペルシャバラトルコチューリップが有名であり、花言葉の風習がヨーロッパへ伝来したのは19世紀のことである。流行しはじめた当初は花が持っているそのままの意味を相手に託したが、その内皮肉としてあえて真逆の意味で花を贈るのが、ユーモアとエスプリ、ウィットをこよなく愛する英国紳士淑女の間で流行したものの、こうしたギャグは年配者にはおおむね不評であり、口をそろえて「あぁ、魔女は17世紀に滅んだと思ったのに」「まったく不謹慎だ。昔は良かった」などと愚痴をこぼしていたものだった。が、流行なんてそもそも年寄りの顰蹙を買うためにあるようなものであるため、誰も気にしないのであった。

[編集]

この子の花言葉、わかる?

以下に代表的な花言葉(一部)と適切な使用例(一部)を紹介する。

オンシジューム(Oncidium flexuosum)
花言葉は「遊び心」。いつも仕事ばかりで構ってくれないワーカホリックなあの人に贈ってあげるのが素敵である。
クジャクソウ(孔雀草、Tagetes spp)
花言葉は「いつも愉快」。いつも仏頂面で悲観的なあの人に贈ってあげれば、まぁ気休めくらいにはなるのかも知れない。
シャクヤク(芍薬、Paeonia lactiflora)
花言葉は「生まれながらの素質」。三つ子の魂百まで、もうどうにも直しようがない程アレな人に贈ってあげても、きっと察してはくれないだろう。
サルビア(緋衣草、Salvia splendens)
花言葉は「エネルギー」。いつも「疲れた、疲れた」と青息吐息なあの人に、そっと贈ってあげたところで何の足しにもならないのはわかっているが、それも人情である。
イトズイセン(糸水仙、Narcissus)
花言葉は「思い出」。まぁ大抵はもう二度と思い出したくもないあんな事こんな事について、そっと語りつつ贈ってあげると、きっと嫌われることだろう。

他にも花言葉はたくさんあるので、調べてみると色々な意味で楽しめる筈である。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]