花子とアン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

花子とアン(はなことアン)とは、日本放送協会が本業である受信料徴収事業の一環として2014年4月〜2014年9月迄放送した連続テレビ小説である。

概要[編集]

無駄毛のアンを訳した村岡花子が一応ヒロインの物語。

出来事[編集]

社会主義運動
吉平が勝手に始めた運動。
郁哉さんの告白を促進して節税促進しよう運動
その名の通り。

登場人物[編集]

安東家[編集]

花子の実家で、甲府の集落に家を構える。職業はおもに畑仕事である。

村岡花子(むらおか はなこ)/ 安東花子(あんどう はなこ)
演 - 吉高由里子
ヒロイン。安藤家の長女。
に非常に弱い。ワインいっぱいでベロンベロンに酔っ払う。しかも酒癖が非常に悪く、酔った時は失言を放つが、周りのフォローでなんとか体面を保つ。
どちらかというとマングースに近い。
安東吉平(あんどう きっぺい)
演 - 井原剛志
花子のオヤジ。わざわざ社会主義推進運動を積極的に実施。ウクライナでも親ロシア派として戦闘中
大層な女好きで、浮気相手がしょっちゅう家に来る。二年間の失踪後に家に帰って来た時、お金を一銭ももっていなかったのは、警察から逃げてたフリして、女とうふふしてたからであるが、「人間には思春期があるのだから、個性を大切にしてあげなさい」という、牧師の助言により、見かけ上は一般的な日本人として生存。
安東ふじ(あんどう ふじ)
演 - 室井滋
花子のおふくろ。「甲府だからふじなのか?」ということははどうでもいいお話。「金を大切に」的発言を口に出すが安東家では最も人件費がかかり、安東家の家計費圧迫に一役買っているのはこの人のことである。
家事ばかり性を出しているので、問題などは、ぜーんぶ丸投げである。
安東周造(あんどう しゅうぞう)
演 - 石橋蓮司
花子のじいや。アルツハイマーが要因であるのかなんなのか知らないが、記憶力にかけ、男手の癖して内職しかせず、家族のお困りものである。
「捜査な」という口癖でよく話をごまかす習性がある。
最近死んだが、介護費用はもうかからないので、これによりて 嬉しきことかぎりなし
安東吉太郎(あんどう きちたろう)
演 - 賀来賢人
花子のアニキ。20歳ぐらいで軍隊に入るってワンパターン過ぎないか? 今は、東京の軍隊に所属し、近所の住民をめったメタに叩きのめしており、性格はこの人に類似するほど荒い。歩はこいつの唯一のおともだちであったが、結局ぼっちなう。おともだちがいなくなり、花子と蓮子の関係に嫉妬したのか、自分の立場を利用し、蓮子の夫龍一を牢獄に送り込む暴挙に出た。
軍国主義の象徴として第二次世界大戦後に処刑された。
安東かよ(あんどう かよ)
演 - 黒木華
花子の妹。花子が修和に行った五年後に製糸工場に出向いたが、脱北し、未納分給料を親に借金までさせるなど徹底的にすねをかじり、人の迷惑をこうむらないキザな女である。おかげで、郁哉を逃すという、罰があたった。
喫茶店を自営業していたが、店でミートホープの偽装された牛肉ミンチを使っていたことが発覚し、経営悪化。2年後に店は破綻し、剛田商店(株)に吸収された。
安東もも(あんどう もも)
演 - 土屋太鳳
花子の妹の妹。この名前も甲府関係か?
父親に勧められて、北海道に嫁に行ったが、その夫が又吉イエスにより地獄に落とされたため、止むなくなぜか蓮子の家に逃げ込んだが「がありそうだから」という、理由だけに花子の家に移る、無礼者。
画家志望の人に告白され、言われるがままに結婚し、子どももでけた。

木場家の面々[編集]

木場朝市(きば あさいち)
演 - 窪田正孝
花子の幼なじみであり、現在は地元の小学校で労働している。
父親はとっくのとうに骨になっており、現在は母とふたりぼっち。
自分のものにする予定だった花子を英治に盗られたため、英治に対し強い殺意を抱いている。
木場リン(きば リン)
演 - 松本明子
村一番のおしゃべりであり、毎日のように安東家に来て、自分に夫がいないからか、婿殿婿殿…と吉平の悪口を並べ、村の人からも白い目で見られる存在であるが、大人の事情により、てをきることができん。

徳丸家の面々[編集]

徳丸甚の助(とくまる じんのすけ)
演‐カンニング竹山
安東家などの土地一帯を統括している地主である。
安東ふじとは、幼なじみである。
地主らしくアメリカンな体型であるが、ダイエットする気はないことから、このまま糖尿病とかになって早死にするであろう……と思いきや、意外にも最終回まで生きていた。何というか、「憎まれっ子、世にはばかる」を地で行く男だったような気がする。
徳丸武(とくまる たけし)
演 - 矢本悠馬
花子と幼なじみであり、「鼻たれ」で知られるヤツ。オヤジが地主のため、がっぽがっぽな人生を送っている。
こいつも大層な女好きであり、甲府に帰ってきた花子を都会のお嬢様と間違えるなど、教養の無さも伺える。オヤジからは奴隷として扱われており、労働基準法を大きく超える労働を強いられる可哀そうな男。

甲府の面々[編集]

森牧師(もり ぼくし)
演 - 山崎一
村の教会の牧師。随分と否定的で随分と面白味が無くつまらない人間であるからして、視聴者評価も、「ううーん」
花子と英治の挙式を行ったが、その後司法書士法人 新宿事務所の仲介により過払い金の返還を求められている。

東京の面々[編集]

修和女学校の面々[編集]

ブラックバーン
演 - トーディ・クラーク
校長。
葉山蓮子→嘉納蓮子→宮本蓮子
演‐仲間由紀恵
花子と同学年であるが八歳上の年上。
伯爵家の葉山家のひとり娘であり、父親も母親もとっくに骨壷の中に入っている。現母は二代目。再教育という目的でシュ―ワに放り込まれる。花子との関係は編入時花子を奴隷にしたところから、始まった。アル中であり、ねだる花子には子どもビールを与えてお茶を濁した。大人の事情で石炭王カノ―エイコ―と強制結婚させられる。が浮気に成功し現在は宮本と一緒に住んでおり、なんと子どもが二人。趣味は短歌作りであり、出版もしたが、赤字なう。
醍醐亜矢子(だいご あやこ)→安東亜矢子(あんどう あやこ)
演 - 高梨臨
花子と同じ学年の友。イメージが分からない人は執事喫茶でお嬢様を気取ってる一般人を想像すればよい。村岡印刷の短期労働者。
いい年になっても、おリボン大好き。戦後、花子の兄貴を甲府まで追っかけて、結婚。押しかけ女房に。
富山タキ(とやま タキ)→梶原タキ(かじわら タキ)
演 - ともさかりえ
フォックスの様な顔で毎回生徒を脅迫する鋼鉄の女。
「こんな奴に授業料払ってたとはΣ(゚д゚lll)」
茂木のりこ
裁縫教師。すでに死亡プラグもたっている。木刀で罪のない来訪者を撲殺しようとしたとして殺人未遂の疑いが持たれている。
白鳥かをるこ(しらとり かをるこ)
演 - 近藤春奈 (ハリセンボン)
先輩気取りの同室のデブ
どすの利いた声で命令口調、ユーモア0で、ワースト1、アレフの教祖様として皆に慕われて一見幸せそうに生きている。刺青が入っていることはあまり知られていない。
OBであるが、懲戒解雇済。

薩摩の人々[編集]

嘉納伝助(かのう でんすけ)
演 - 吉田鋼太郎
蓮子の元妻ならぬ夫である。
炭鉱を一代で築き上げた実力者と思われたが、炭鉱においての事故にてその対応の遅さが取締役会主催の会議にて問題視され、その座を追われた。残った有り金を使って、がっぽがっぽな余生をおくっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「花子とアン」の項目を執筆しています。
この番組「花子とアン」はまだパイロット版です。実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)