芯が無い記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

芯が無い記事(-しん-な-きじ)とは、何だかよく分からない記事である。

概要[編集]

概要と言えば何を連想する?何も連想できないだろう。それもそうだ、概要とは「物事のあらまし」を意味しているのだから。連想できないのも無理はない…おっと、こんな話じゃなかったね。えー、芯が無い記事とは…その前に「芯」の説明をしておこう。コトバンクには、芯とは「中心部のかたいところ」を意味していると記述されている。つまり本来「芯」という言葉は「記事」や「文章」に掛かるべきではないのだ。つまり「芯が無い記事」という言葉自体日本語が間違っているのだ。こんな間違った日本語をこの記事のタイトルに使っている時点で筆者は日本人失格であろう…ゴホン、違う違う、芯が無い記事…そういえば近くに美味しいドーナツ屋が出来たのだが、一緒に今度食べに行かないか?芯の無い記事の概要はそこで説明するとしよう。

芯が無い記事のパターン[編集]

芯が無い記事には幾つかのパターンがある。

概要が無い
ゲーム系の記事に多い。ゲームのルールは嫌になるほど記述されているのだが、肝心の「ゲームとは何か」の説明がスッポリ抜けている。大概その様な記事はNRVが貼られる。
概要が支離滅裂・少ない
上に似ているが、概要がある分マシでは…無い。概要を見ても何の記事か分からない様では概要の存在意義が無い。大抵この様な記事はNRVかFIXが貼られる。
語録の使いすぎ
文章の内容を語録で水増ししており、何を説明したいのかが全く理解不能な記事。
箇条書き
記事の一部・一節を箇条書きで記述するのはよくある事。だが、希に文章が全く存在せず箇条書きだけで構成されている様な記事がある。箇条書きだけで記事を書こうとしても無意味なたわごとにしかならないし、何より見にくい。
記事全体が曖昧
概要どころか全体が何を言っているのかよく分からない様な記事。

何だって?[編集]

概要が曖昧でよく分からなかった?それは仕様ですのでお察し下さい

関連項目[編集]