芦屋町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「芦屋町」の項目を執筆しています。

芦屋町(あしやまち)は、福岡県玄界灘の沖合いに浮かぶ陸の孤島である。かつては遠賀川の河口に位置していた。古くは米軍基地、今は人形祭(あしや人形感謝祭)で全国的に知られている。芦屋市と曖昧です。

概要[編集]

かつては遠賀川の河口に位置する自治体だったが、近年次第に本土から離れていっており現在では本土側のターミナルである折尾港からの北九州市営ノロノロフェリーでのみアクセスが出来る。沖合い5キロに浮かぶ島であるが、フェリーは途中寄港する港が異常に多いため非常に長い時間を要する。

遠賀川港からも町営渡船が運行されている。しかし、運行時間帯が短く定員の少ない小型船であるため、いつも沈没の危険性を孕んでいる。 急ぎの場合は漁船タクシーまたは手漕ぎボート(自転車)のほうが折尾港には早く着くので急ぎの場合は利用することを推奨する。

米軍基地転じた航空自衛隊芦屋基地や芦屋競艇場などで土地が占領されてしまっており、狭いところに人が密集して住んでいる。それゆえ、阪神間で最も細長い敷地を持つ兵庫県芦屋市に親近感を抱き、この名をつけたといわれている。また、東亜の護りという亜細亜が転じて「あしや」になったという説もある。

だが、その立地の悪さと鉄道・道路がまともに通っていないという立地や行政の失策が続き、本家のような発展をすることは出来ず、逆に人口が流出して現在に至っている。それゆえ、町興しのためならばどのようなアイデアでも採用する地盤が形成され、麻生太郎の尽力もあって人形祭へのローゼンメイデンキャラ採用につながったといわれている。

あまりに交通の便が悪すぎるため、6色の小さな船が競争するという競技もおこなわれている。 それを楽しむギャンブルも行われているなど、アングラな文化も非常に根強い。

また、島民は非常に保守的、かつ排他的であるため本土からの移民には冷たく、時に村八分の状態となるそうだからお気をつけください。 ぼ、ぼ、ぼくは当地の出身では、ないんだなぁ。

交通[編集]

幽霊鉄道[編集]

上で書いたように芦屋には現在陸続きの鉄道が通っていないが、戦後の一時期には幻の国有鉄道があったという都市伝説がまことしやかに今日まで鉄道教徒の間で囁かれている。

だが、当時の日本で最も権威があった日本交通公社(今はJTB)の時刻表にはその旨が全く書かれていないため、やはりただの伝説であって、おそらく「鉄道があった」ということで町の印象を良くする為、町の誰かが話をでっち上げて広めたのでは……という見解が今は主流となっている。

しかし、弘済出版社(今の交通新聞社)の時刻表には載っていたという別バージョンの説も唱えられているため、真偽は今後の検証を待つ必要があるといえるだろう。 2012年静態保存をしている蒸気機関車のD6160が修復された。しかし、ペンキ塗りに予算をかけすぎて屋根を作り忘れるという失態を犯す。この中途半端度が芦屋町の行政レベルの限界である。

海路でのアクセス[編集]

2000年頃からは町の境界線付近に地割れが起き始め、ついに本土から切り離されてしまった。そのため現在では自家用車でのアクセスは可能であるが、交通機関はついに人口100万を割った北九州市のわっしょい百万夏祭り詐欺疑惑に憤慨した北九州市の百万都市復活運動のため、芦屋町から人口を吸収する必要が出来たため、すべて海路を使う嫌がらせ交通機関しかなくなってしまい現在に到る。

観光[編集]

人形祭[編集]

2006年の祭事告知

芦屋にはその古名をつけた岡湊神社なる神社が存在する。この神社では二つの祭事が執り行われている。祇園山笠あしや人形感謝祭である。

このうち前者は、京都市八坂神社)で開かれる祭りのパクリなので大して話題にはなっていない。問題は後者である。

後者の祭り、ようは人の身代わりで人形に厄難を受けてもらっている事に感謝しよう…という趣旨のものなんだが、同じ福岡県にある飯塚市出身の麻生太郎の選挙地盤ということで、実質的な趣旨が変わった。

2006年、その麻生の戦略で北九州のみならず全国の人形ファンを芦屋町に注目させることに成功したといわれており、これからの町興しにはオタクヲタク)を巻き込むことが不可欠であると世に指し示した。

翌年には埼玉県鷲宮町同様の戦略をとり、2008年の正月三が日に大量の客(前年の倍以上)を鷲宮神社へ動因させることに成功しており、この流れは今後更に全国へ広まることが予想される。

なお、このイベントには陸上自衛隊の幹部候補生学校出身の職員が指揮したとされ、動員数3,000名のうち、1個大隊1,500名は私服警備員だったとされる。