良質なデマサイト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

良質なデマサイト(りょうしつ-)とは、デマの質があまりにも高すぎて誰も騙されている事に気づかないため、誰も傷つかない心優しいウェブサイトのこと。

概要[編集]

良質なデマサイトは、一般世間では極普通のつまらないウェブサイト程度の認識しかもたれていないため、その筋の人達の間でしかその存在は知られていない。 しかし、一度そのサイトがデマサイトである事が判明すると、今まで騙し続ける事で蓄えてきた信頼が一気に揮発して炎上する。

良質なデマサイトが炎上すると、炎上に伴って信頼が失われた部分にポッカリと穴が空き、その穴は、黒い実体が存在しているかのように振る舞うようになる。これが悪質なデマサイトである。なお、悪質なデマサイトには実体がないため、何もしないで放っておくと勝手に消滅する。

デマサイトの良質度[編集]

デマサイトの良質度は情報科学的には、炎上によってサイトが消滅する際に放出される情報エネルギー量として表される。そのため、良質なデマサイトの良質度を非破壊的に計測する事は理論上不可能である。

アメリカ政府は、良質なデマサイトが崩壊する際に放出するエネルギー量に強い興味を示しており、DARPAはデマ・エネルギーの総量を計測するために、Twitterと呼ばれる観測装置を開発。世界各地にTwitterを配備して観測を行うだけでなく、デマ拡散実験を実施して、デマ・エネルギーの軍事利用に向けた開発を進めているとされている。Twitterで計測されたデマ・エネルギーは、「Tw」という単位で表される。

観測された良質なデマサイトの崩壊[編集]

原子力安全・保安院、電力各社のサイト[編集]

原子力安全・保安院、電力各社のサイトは、原子力発電所の危険性を五重のオブラートに繰るんで隠蔽することに世界で初めて成功。近隣住民の不安を和らげる事に成功していたが、福島第一原発事故で住民の寿命を名実共に縮めてしまった事から水素爆発を起こして激しく炎上した。デマサイトの崩壊で現実世界において何らかの爆発的事象が確認されたのは、史上初とされる。

放出されたエネルギーは、63万テラTw以上とされる。

ソニー[編集]

ソニー及びその子会社であるSCEは、良質なデマサイトを通じて利用者のクレジット番号などの個人情報を収集していた。さらにソニーは、不祥事の発生タイミングを制御するソニータイマーと呼ばれる技術を独自開発して、驚異的なスピードで信頼度の向上を図っていたが、ソニータイマーで貯め込んだ不祥事の管理に失敗し、顧客のクレジット番号をインターネット上に放出して、デマサイトはクラッキングを受けながら激しく崩壊。ソニーは放出されたエネルギー量を、7700万Tw程度と見積もっている。

トヨタ・ブレーキ問題とバカ・エネルギー[編集]

トヨタのウェブサイトは、ブレーキの誤作動問題で膨大なデマエネルギーを放出したが、その後の調査で、トヨタのウェブサイトではなく、ノイズを拾ったTwitterの増幅回路から膨大なデマ・エネルギーを放出していた事が判明した。トヨタ・ブレーキ問題で放出されたエネルギーは、トヨタサイトの信頼のエネルギー総量を超えている事から、アメリカ政府はこのエネルギー発生メカニズムが解明されれば永久機関を実現できる可能性があるとして、このエネルギーを「バカ・エネルギー」と名付けて研究開発を進めている、

関連項目[編集]

Nodasori.jpg この項目「良質なデマサイト」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)