良心的日本人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

良心的日本人とは、日本国籍を持たない者が、日本国籍を持つ者のうち、だれにも反抗せず言いなりになる者のことであり、たとえ己が滅ぶことがわかっていても他者の意見を絶対とし、自己の意見思考を他者の意見に合わせる者である。

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「良心的日本人」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

概略[編集]

争いごとを好まない日本人は、他者の意見に従うことで争いごとを回避しようする性格がある。このため他の国からは世界の中でも懐柔しやすい国民性と捉えらえている。自己の意見に従うものは貴重な存在であるため、「良心的」との修飾辞をくわえ「良心的日本人」と呼ばれている。

性格[編集]

良心的日本人の性格は、外部に対しては極めて温厚で、意見・文化・風習を何でも吸収しようとする。反面、自己のこれまでを徹底的批判し、それができない日本人に対しては極めて攻撃的である。 前述の性格から導かれる行動は、外部への反応と内部への反応の乖離が激しく、自己の矛盾を常に生じている。 そうした矛盾を打ち消すために、さらに外部からの意見を求めるために行動しようとする。 他の日本人には持ち合わせていないキャラクターがメディア映えするため、彼らの意見はテレビや新聞に大きく取り上げられ、時としてオピニオンリーダーと呼ばれる。

そりゃそうさ[編集]

当たり前の性格や意見じゃ誰も興味を示さないし、テレビで視聴率を取ることも出来ないからね。

バイブル[編集]

彼らのバイブルは、日本国憲法第9条、および2項である。

新聞[編集]

彼らが購読する新聞は、朝日新聞の他赤旗毎日新聞である。


メディアで紹介された良心的日本人[編集]

良心的日本人として紹介された光栄な者は次の通りである。

  • 保坂祐二 [1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国メディアの「良心的日本人」 竹島、慰安婦等問題の見解