船越英一郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

船越英一郎(ふなこし えいいちろう)とは、フリー探偵日本の犯罪捜査史における生きる伝説である。

概要[編集]

ここ20年以上の間に日本で起こった怪事件の93%は彼が解決した。

その事件を解決した実績は数の上では江戸川コナンのそれを全て足すとさすがに劣るが、毎日少なくとも1件、多いときには僅か1日で4・5件の難事件を解決へと導いており、現在ルーテナント・コロンボが持つギネスブックにも載る殺人事件解決数記録更新を虎視眈々と狙っている。

基本的に私立探偵として無償奉仕で活動することが多い。しかも日本各地津々浦々を巡っては犯罪捜査に精力を注ぐ。午前11時頃には東北の三陸海岸にいるかと思えは、昼過ぎには九州の山奥におり、更に夕方には北海道にいるかと思えば、同じ日の夜には東尋坊犯人自殺を止めている。十津川警部ですら船越ほどの移動能力は期待できそうに無い。船越は自家用ジェットと自家用ヘリを保有し、自身でも航空免許を取得している。証拠は無いが、膨大な数の資料からは1つ位はこの様な事例が見つかるであろう。

また、彼がどのようにして生計を立てているのかは謎に包まれている。以上のような幾多の前例もあるため、よほどの金持ちであろうと推測されている。父親は何かのエリートらしいが、船越本人は親の七光りとは縁遠いと言われる。このため捜査の合間に探偵業とは無関係な、例えば、祇園の男衆といった種々のアルバイトをしていたり、最近では実績を買われて依頼された河原町警察署での一日副署長のギャラも手にしているものとされるが、そのようなはした金だけではとてもじゃないが塵や粗大ゴミが積もって山となっている巨額の旅費は確保できそうに無い。これについては以上に示したものでなはく、次の節で述べる仮説がもっとも有力視されている。

女性関係[編集]

船越は数多の女性と浮き名を流していることで知られている。新たな事件捜査の度に女をとっかえひっかえして、事件解決へ向けたパートナーとして同伴させている。

しかし船越が「現代に蘇った光源氏」と例えられることは全く皆無である。それもそのはず、光源氏はロリコンであるが、船越英一郎は決してそうでは無く、むしろ生粋のババ専と言えなくもないからだ。好きな女優片平なぎさ名取裕子であり、しかも大変なツンデレフェチである。事あるごと、特に事件解決後には彼女に似た女性「パートナー」らを罵ってはその度に「このバカ犬!」などと激しく言葉責めを受けて快感を得る様がよく目撃されている。その激しさ、仲睦まじさ、微笑ましさが三拍子揃った雰囲気東海テレビの昼のドラマと対を成す様式美の極致とナンシー関にすら高く評価されており、このただの男女による痴話喧嘩を観るためだけに鴨川沿いではサクラでは無いギャラリーもとい野次馬が多数集まる程である。

その上船越は実は片平なぎさ名取裕子、場合によっては牧瀬里穂そっくりの、若くともアラフォー以上の女たちのヒモ、ひどい場合は奴隷となっているという説も浮上している。彼女らからの巨額のお恵みこそが彼の活動原資のもっとも有力な説とされている。船越が数多の女性をとっかえひっかえしていることには変わりなく、このため彼は天性のマゾ女王ならぬマゾ皇帝であるとする見解が一般的である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「船越英一郎」の項目を執筆しています。


Hito.png この項目「船越英一郎」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)