船橋洋一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
お前らはFOXニュースでも見ていろ
FOXニュース認定
本項の文章と内容は完全に正しい事実FOXニュースディレクター及びプロデューサーと共和党及び軍産複合体の馴れ合いで定められました。
この資料を疑った者は、合衆国愛国法により、テロリストとして国際指名手配され、グアンタナモに収容されます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「船橋洋一」の項目を執筆しています。

船橋 洋一(ふなばし よういち、昭和19(1944)年12月15日-)とは、CIA工作員。副業は、ジャーナリストであり、朝日新聞社の主筆。

来歴[編集]

少年・青年期[編集]

北京に生まれる。日本人の父親と中国人(漢民族)の母親のハーフであり、当初はヤンピン(洋一)と名づけられたが、敗戦のドサクサで母親と生き別れ(むしろ「戦勝国民」から「負け犬」に対し高圧的に離婚を宣言され)、父と二人で日本に引き揚げてきた。成長するに従ってその悪ガキぶりが手に余り、中国出身であることと名前の頭文字から「洋鬼子(Yangui-zi)」と呼ばれるようになった。が、決して頭の出来が悪いわけではなく、むしろ悪知恵が昂じて要領のよさは人一倍であり、受験戦争を容易く攻略して東京大学教養学部に入学したかと思えば遊び呆けて落第ギリギリの成績で卒業、その後慶応義塾大学の大学院に滑り込んで法学博士の資格を取得するに至ったが、こういう要領の良さこそが実社会において何より役立つ資質であると確信していた彼は、クソ真面目に講義の内容を暗記することなどには、ほとんど意味を見出していなかったと言われている。

朝日新聞入社[編集]

かくて政治家とも互角に渡り合えるほどの弁論と機転を備えた上に法学博士という肩書を手土産に入社した朝日新聞社では、持前の弁舌と語学(英語は中国人通訳に教わった。当時の日本にはネイティブに通用する語学力を持っている日本人がいなかったためである)をもって頭角をあらわし、たちまちワシントン支局へと栄転となり、経済部編集委員、アメリカ総局長を歴任。その出世における過程でCIAFBIの幹部職員との接触が多く行われていたのは言うまでもなく、アメリカ政府の意向をプロパガンダとして日本国へ向けて(最大限好意的に、時には真実を捻じ曲げてでも)報道すること、また、日本国内において重要なニュースが入り次第、それをリークすることなどがさまざまな便宜の条件であった。かくしてアメリカのポチとして忠実な働きが認められ、ワシントンから下された天の声によって、広岡知男以来30年間空席だった(朝日新聞系のジャーナリストはみんな中国寄りで、親米派の人材が不足していた)と言われている4本社編集局長と論説主幹の上に立つ主筆のポストに起用されたのであった。

受賞歴[編集]

勲章コレクション。

アメリカの国益に大きく貢献した彼は数々の栄光と称賛を受け、多くの賞を受賞している。

  1. サントリー学芸賞(1983年) - 受賞作『ウィスキー樽の中』
  2. ボーン・上田記念国際記者賞(1986年) - 参加賞
  3. 吉野作造賞(1988年) - 受賞作『って言うか烈しすぎ』
  4. 石橋湛山賞(1992年) - 残念で賞
  5. 日本記者クラブ賞(1994年) - ブービー賞
  6. アジア太平洋賞大賞(1996年)- 受賞作『特定アジア太平洋バージョン』
  7. 新潮学芸賞(1998年)- 受賞作『ドメスティック・ヴァイブレーション』

その他、数多くの著作を通して「アメリカの保護あってこそ日本国の存続は可能である」という主張を繰り返すことでワシントンのご機嫌とりに終始し、目指すはアメリカの永住権および名誉白人の称号ではないかと推察されるが、本人からして日ごろ「生まれは日本でも、心はアメリカにある」と言ってはばからず[要出典]、もはや日本人であることに未練などないと思われる。

交友関係[編集]

思想的にアメリカ寄りという事で社内では何かと浮いてしまいがちな彼であったが、その身分と権力のために最低限村八分にされない程度には人間関係を保つ事はできたが、やはり胸襟を開いて付き合えるのは同じ親米派が多数主力派となっている読売新聞社の仲間たちであり、中でもそのトップたる世界のナベツネこと渡邉恒雄とは特に仲良しこよし(もしも互いの立場が危なくなった際には、それぞれ自社に招き入れて助け合うという密約を交わしているとかいないとか)、そのコネで日本金融アメリカナイズ改造計画のブレーンであった竹中平蔵や、その大ボスであった小泉純一郎とも親密な関係にあり、民主党政権下で中国寄りになりつつある日本を、どうにかアメリカ51番目の州に昇格させるべく工作活動に専念している。なお、船橋は、1992年に竹中の工作で博士号を獲得した。

関連項目[編集]