舞鶴県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「豊岡県」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「丹国」の項目を執筆しています。

舞鶴県(まいづるけん)とは、近畿の北西部に位置する、日本海側の県である。県庁所在地は舞鶴市

概要[編集]

かつては丹国(にのくに)と呼ばれた。古代には日本海側国家との交易で繁栄したが、ヤマト王権に屈服すると丹波・丹後・但馬に三分割された。それ以来は三丹と呼ばれる事もある。戦国時代には、織田信長の家来である明智光秀細川藤孝の地盤であった。

廃藩置県では豊岡県(県庁:豊岡)となった。しかし、西暦1876年8月には強引に切り売りされ、但馬の全域と丹波の一部は兵庫県に、丹後の全域と丹波の一部は京都府に切り売りされた。日本海側じゃない京都神戸との食い違いは大きく、丹国は長らく切り売りと縦割り行政に呻吟して来た。この現状を打開すべく「中日本海会議」が発足すると、丹国の復活を求める動きが高まり、日本海の要港である舞鶴を県庁所在地として、舞鶴県が樹立された。

地理[編集]

弁当忘れても傘忘れるな」と呼ばれる位、雨や曇りの日が多い。丹後半島を境に、東部は若狭湾に面するリアス式海岸であるが、西部は「漁火ライン」と呼ばれるような比較的単調な海岸である。

大江山は「元伊勢」「伊勢の先祖」を称しているが、本家とはイメージが違う為、「ここが神宮?」っていう感じで見られている。

又、観光の定番は日本海の海の幸である。夏は海水浴、冬は蟹料理が定番であるが、交通面は後述の通り、充実しているとは言い難い。

交通[編集]

舞鶴若狭自動車道が、敦賀舞鶴大阪のルートで建設中である。しかし、切り売りの悪影響は大きく、舞鶴~宮津豊岡鳥取松江の山陰自動車道は未完成で、舞鶴や宮津は国道9号と山陰本線から強引に外された。

京都から舞鶴県沿岸部へ行く場合には、綾部で舞鶴線に乗り換えねばならない。大阪から舞鶴県沿岸部へ出る場合には、福知山駅で北近畿丹後鉄道宮福線やJR舞鶴線に乗り換えてから、宮津や舞鶴へ行くハメになる。

コウノトリ但馬空港なる空港もあるが、地元民の認知度は低い。舞鶴県民は関西国際空港を利用する者が多い為である。

又、1995年には阪神淡路大震災で、倒壊した神戸を通れない交通乗客が舞鶴県に殺到し、1997年にはナホトカ号事故で若狭湾が重油に塗れる損害を被った。これに危機感を持った舞鶴県の行政当局は、自らイニシアチブを取って、近隣の滋賀県(含若狭)・福井県京都府と共に北近畿四県同盟という交通同盟を結成した。

地域[編集]

丹波主権戦争[編集]

豊岡県が切り売りされた時、丹波を「園部辺りの南丹」「福知山を中心とすると北丹」「篠山を中心とする西丹波」という形で分断させ、どこが丹波の真の主権の座かという論争・内紛。

切り売りの際に、西丹波は兵庫県に入れられ、それ以外は京都府に入れられたが、まだまだ対立は深まっている。一説によると、京都や大阪と繋がりが深い上に、豊かな民の力が強い。又、東京遷都・将来の東京一極集中化計画からの影響による京都に首都を返還すべきという思想に基づき、丹波と周辺諸国の民が団結し、抗議運動することが懸念された。

そのため、そういう発想から反らす為の、倒狂政府や、後に出てくる巨大財閥の陰謀だといわれている。

丹波主権戦争における三大都市勢力
  • 福知山市-福知山線という路線のあるように交通の要衝とされてて、城下町も亀岡より発達していた点で中核だと主張。舞鶴県(丹波・丹後・但馬)に加えて若狭との繋がりも深い。
  • 亀岡市-国府などが存在する。しかし、ただの京都のベットタウンなので主権とはいえません・・・と反発されている。明智光秀は福知山城の城主だという説に強い反発をしている。実態は丹波じゃなくて山城であり、舞鶴県じゃなくて京都府に入った。
  • 篠山市-城下町もそれなりに大きいことに加え、丹波=黒豆の国と考えていて、黒豆で生産高も高いことから丹波の中心だと主張している。摂津との結びつきが強い。そのため、近年では、丹波国を名乗りながらも、舞鶴県から分離独立し、兵庫県へ再加入した。丹波路快速はそのご褒美。
その他丹波内の諸勢力
  • 南丹市-今のところ、亀岡と同盟を組んでいる。しかし、影で丹波主権の座を奪っていくチャンスを狙っている。
  • 綾部市-福知山と同盟を組んでいて、福知山の属国だと自覚している。
  • 丹波市-旧氷上郡が播磨と勘違いされたくないというコンプレックスから、こんなにすばらしい市名にしたらしい。亀岡や篠山や福知山に市名について非難されても図太く撥ね返し、漁夫の利を狙っていく。播磨との結びつきが強い。
  • 京丹波町-緩衝地帯。今のところ永世中立をうたっている。というのも町では中核になれるはずがないと見切っているから。でも、市になると丹波主権戦争に加担し、中心の座を狙ってくるとの噂も。
  • 高槻市豊能町・京都市-これらは丹波を「植民地」として保有しているだけで、丹波主権戦争とはなんら関与していない。中心や文化は丹波とは別である。

関連項目[編集]


アニキ 舞鶴県 初回盤ご購入の(ホントウは,モニタをみてるヲタッキーだけだったけど・・・まあいいや。)へ

初回特典として、この記事を編集してくれた方全員に、秀逸な記事に近付くチャンスをご用意しました。期限はありませんので、どなた様も奮ってご参加下さい。 (Portal:スタブ)