スポーツ脳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
脳筋から転送)
移動: 案内検索

スポーツ脳(- のう)とは、衛腐乱大学文学部教授・盛明夫が提唱した、「スポーツ選手[1]脳波に興奮状態を表すγ波が異常に増え、その結果に異変が生じる」という仮説を示した言葉である。俗に言われる「スポーツ選手は脳みそまで筋肉になってる」というのを医学的に分析した学説である。現在、これに関する事実は明らかであるにもかかわらず、お察し下さいのため殆ど知られることがないものである。

概要[編集]

古来から、体育会系の学生やスポーツ選手による弱者への暴力事件や性犯罪などが絶え間なく報じられており、スポーツを好む者には粗暴な人物が非常に多いことがわかる。[2][3] このことに着目した盛は、「スポーツと粗暴性には何らかの因果関係があるのではないか」という仮説を立てた。その検証のため、彼は脳波測定装置を用いて、自らが属する衛腐乱大学の付属高校である帝編高等学校の生徒を対象に調査を行った。

結果、体育会に属する生徒は、文化系部活を行なっている生徒と較べ、興奮状態を表すγ波が異常に強い傾向があることが判明した。[4]しかも、大会での成績が優秀な者ほどこの傾向が強く、逆にいわゆる球拾いや補欠にはこの傾向が余り見られないことも判明した。 つまり、「スポーツをやればやるほど興奮状態を示すγ波が強くなる」ことが判明したのである。

ところで、γ波とは人間の脳波の中で最も周波数が高く、かつ電圧が高い脳波である。このため、γ波の量が多過ぎると脳組織に悪影響が出ることが懸念される。 このことから、盛教授は「スポーツをすればするほど脳組織に有害なγ波が大量に発生し、その影響で人格を形成する前頭葉が変質し、結果人格が破壊されて粗暴になる」という仮説にたどり着いた。

その後、盛教授は、アメリカの高等学校を幾つか訪問し、粗暴性が極めて高いことで知られるジョックとその対極にあるナードに対し、同様の実験を行ったが、やはり日本での実験と同様どころかより極端な傾向が見出された。

これらのデータを元に、盛教授は「体育会系の人間は、スポーツの影響でスポーツ脳になった結果粗暴になる」と結論を下したのである。

その後、彼は粗暴な体育会系による犯罪を減らすべく『スポーツ脳の恐怖』という本を上梓してスポーツの危険性を世間に知らしめようとしたが、どの出版社も刊行に応じず、それより先に『ゲーム脳の恐怖』が上梓されたことで、人格を損ねる恐れがないゲームがより非難され、一方人格を損ねる危険性が高いスポーツが更にもてはやされるようになった。[5]

スポーツ脳理論が黙殺される理由[編集]

ところで、なぜスポーツ脳理論が黙殺されてしまうのだろうか。

マスゴミがスポーツを飯の種にしているから
例えば産経新聞帝京大学ラグビー部による強姦事件が報じられて出場停止に処された際「大岡裁きで出場機会を」などとほざいた。当時姉妹紙のサンケイスポーツがラグビーを題材に売上を伸ばしており、強豪として知られる帝京大学が出られなくなると見せ場がなくなり、売り上げに響くことが懸念されたからである。一方毎日新聞PL学園野球部の暴力事件が報じられて出場停止に処された際、自らが主催するセンバツへの影響を恐れて被害者そっちのけでPLを擁護した。[6]
これらの点からわかるように、マスゴミにとってスポーツは話題を提供し売上を導くものであり、スポーツへの批判はタブーとなっているのである。
無能かつ権力志向の者が上下関係を欲しているから
体育会では上下関係が厳格であり、それは法律さえも超越する。それこそ、先輩犯罪行為をしろと言っても、後輩は絶対に拒否することができないのである。勿論、その結果負うべき責任はすべて後輩が負わねばならない。このような上下関係は、無能な上司であればあるほどありがたいものである。政官財問わず、無能な連中は日本社会の何処にでもおり、そういった連中が自分の無責任な命令に絶対服従する者を育ててくれるスポーツを強く薦めているのである。
誰かをいじめたいから
スクールカーストは体育の有能な者を頂点とした序列である。頂点に立つ体育会系にとって、ゲームオタクアニメヲタクなどは食物連鎖の末端でしかない。下位の者も、上位への羨望で目が眩み、体育以外の価値観を見失ってしまっている。この結果「体育が出来ない者は虫けら」という風貌が拡がり、結果体育を否定する理論も否定されるのである。学校側も、このような上下関係があることで平安が保たれるので、面倒な手間が省けてありがたいのである。「やりすぎるなよ?

主なスポーツ脳理論支持者と反対者[編集]

支持者
反対者

脚注[編集]

  1. ^ いうまでもないが、エクストリームスポーツの選手のことではない。アンサイクロペディアのエクストリームスポーツのカテゴリを見ればわかるが、アンサイクロペディア的には日常生活全てがエクストリームスポーツなので、エクストリームスポーツでスポーツ脳になってしまうと、全人類がスポーツ脳になってしまう。
  2. ^ 体育会系の学生による不祥事が報じられる度に2ちゃんねるの該当スレッドなどに体育会系の大学生が起こした犯罪のリストがコピペされるが、そのリストを見ると体育会系が如何に粗暴であるかが改めて実感できる。
  3. ^ ネット漬けの読者の中には、学校時代に体育会の生徒にいじめられたことのある方も多いと思う。初稿筆者も含めて。
  4. ^ ちなみに、帰宅部生徒はα波が平均以上の強さで、このため、体育系文化系を問わず部活動を行なっている生徒よりも落ち着きがあることが確認された。また、ゲーム部の生徒については、平均より緊張状態を示すβ波が高いことが判明したが、これはゲーム中の緊張が抜けていないだけにすぎないものと思われ、ゲーム脳というようなものではないと想定された。
  5. ^ ちなみに、エロゲーを毎日している者に対して同様の脳波測定を行ったところ、体育会系に見られるような興奮状態はほとんど見出されなかった。つまり、ゲームが性犯罪を誘発するなんてことはないんだよ!
  6. ^ これも余談だが、産経新聞が帝京大学を擁護していたときには毎日新聞は商売敵にとっての不幸を喜ぶかのように帝京大学ラグビー部を糾弾した。その後PL学園の不祥事が明らかになった時の産経新聞の対応はお察し下さい

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「スポーツ脳」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「脳筋」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲーム脳」の項目を執筆しています。