脳内変換

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「脳内変換」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

脳内変換(のうないへんかん)とは、精神的変換を行う線形作用素の一種である。

定義[編集]

f(x)を変換前の状態、F(x)を変換後の状態、nを変換者の妄想度、Cをちょっとした茶目っ気とすると、脳内変換の公式は、以下のように書き表すことができる。

F(x)=\sum_{k=1}^\infty{f(x)^n(\sin kx+\cos kx)}+C

これを脳内変換関数B[f(x)]を用いて表すと、以下のようにもすることができる。

F(x)=B[f(x)]

脳内変換テーブル[編集]

f(x) F(x)
鏡に映った明らかにモテなさそうな自分 もしかしたらちょっといじればいけるんじゃないか
目が覚めたら11時だった。 今日は休みだ。間違いない。
ブログ炎上していた 暇なニート嫉妬してる
苦労して作った記事NRVを貼られた 管理者気違い
たった一人の親友だと思っていた人が
宗教に興味ある?」とか言ってきた
親友なんて最初からいなかった
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脳内逆変換[編集]

脳内変換Bの逆変換B-1である。

B^{-1}[F(x)]=B^{-1}[B[f(x)]]=f(x)

これをやってしまうとあらゆるが覚めるため、古来より大禁忌とされてきた。

関連項目[編集]


身長 この項目「脳内変換」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)