脅迫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

脅迫(-きょうはく)とは、一般人にとっての最終手段、893警察にとっての常套手段である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「脅迫」の項目を執筆しています。

概要[編集]

脅迫は、自身が切羽詰まった時に使われる最後の手段として用いられる。goo辞書には、「相手にあることをさせようと、おどしつけること。」と記述されている。つまり「○○しなければ××な事になるぞ」などと言えば脅迫になるのだ。なおリンク先を覗いたら君は粛清される。

いじめの中での脅迫[編集]

ここは某中学校。AはBを放課後、毎日2時間に渡って暴行し、その度にBから金をむしり取り(というよりは強奪)していた。

A「てめえみたいな糞は生きてる価値はおろか生まれてきた価値すらないんだよ」

B「うっ!あっ!止めて...バッキィ ガハッ」

A「オラ!!」

 「オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!オラ!」

 「オリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャリャ」

 「オンドリャア!バキン」

B「ゴボォ...ゲホッガハッウウオオオォォエエエェェェェ!」

A「それにしてもお前は毎回財布持ってくるよなあw俺の為に持って来てくれてんのかよw」

B「せ、先生に言うぞ!

Bがその一言を口にした直後、警報器が作動し警官が教室に駆け込んでくる。

警官「君を現行犯逮捕する」

B「え...どうして...」

警官「今の発言は脅迫罪に該当する。さあ、刑務所まで同行してもらおうか」

B「え、ちょっと待t...ムグー!ムグー!」

なお君自身の人生が滅茶苦茶になっても良いのなら上記したことを実行するのも構わない。

脅迫の例[編集]

お前、警察呼ぶぞ!
最もポピュラーなパターン。これも脅迫になる。
お前の家族がどうなっても知らないぞ?
↑ほどポピュラーではないがよく使われるパターン。なお両親が既に他界している場合は無意味である。
君が何処に住んでいるかなど友人のハッカーに頼めば赤子の手を捻る事よりも簡単なのだよ。
中二病をこじらせた馬鹿の稚拙な脅し文句。ここで言う友人は脳内妄想かスーパーハカーである可能性が非常に高い。
動くな!コイツの命がどうなっても知らないぞ!
最上級の脅迫。うまく効けば相手は指一本動かせなくなるが、人質が余りもアレだったりコレだったりした場合は…お察し下さい。

このリストに載っている文章を一回でも口にしたら君は脅迫罪で逮捕される。捕まりたくなければ大人しく黙っておいた方がいいだろう。

脅迫罪[編集]

刑法では脅迫行為は脅迫罪に問われ、犯罪になる。相手が恐怖心を抱いていようが抱いてまいが関係ない。つまり、冗談で言おうが、どんなに軽微な物だろうが(前述した「先生に言う」など)も極端に言えば犯罪なのだ。全く、恐ろしい世の中になったものだ。これ以上下の項目を見れば君の命は無い。

関連項目[編集]