食べるボディーアーマー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
脂肪から転送)
移動先: 案内検索
フィーダブルアーマーを装着した兵士が味方の撤退を援護する

食べるボディーアーマー(たべる-、feedable armor)とは、皮膚の下に装備するボディーアーマーのことである。銃弾や刃物による貫通をある程度防ぐ。

装備する方法[編集]

マクドナルドで販売されているメガマックをはじめとする、栄養価の高い食品を多く摂取することで装備することができる。また、サラリーマンの場合は、上司と共に食事をすることによって、誰でも簡単に装備できる環境が整っている。 また、相撲部屋に入ることによっても装備できる。

ただし、若年者が装備することは推奨されない。若年者には装備者が少ないため、いじめられる原因となる。

装備している主な人々[編集]

中年男性の多くが装備しているとされている。女性の装備者も多いが、装備していることを分かりにくくしている場合が多く、どの程度装備者がいるか、把握するのは容易ではない。

近年では、装備者の低年齢化が進んでおり、食べるボディーアーマーの供給過剰が指摘されている。

装備するメリット・デメリット[編集]

  • 銃弾の貫通を防ぐ。ただし、弾丸や破片が体内に残留して治療が困難となる。
  • 刃物から身を守る。ただし、刺突を防ぐには刃渡り以上の厚さを装着しなければならない。

装備を外す方法[編集]

手術で緩衝材を吸引することで、すぐに外すことができる。ただし、この方法ではすぐに再装備されてしまうことが多い。 ビリーズブートキャンプなどを行い、少しずつ外すのが現実的である。

楽をして外そうとする人々を狙ったビジネスも多数存在するので、注意が必要である。

関連項目[編集]


この「食べるボディーアーマー」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png