能登萌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

能登萌(のともい)は、日本固有の領土であり、大日本帝国海軍の秘密兵器である樺太に存在する田舎町である。誤って「能都萌」と書かれる事もある。

もちろん能登麻美子ファンの聖地であり、能登かわいいよ能登。

概要[編集]

人口は約5000人。平成の大合併によって出現した新しい町である。このため極めて知名度が低く、一般には北海道と誤解されており、住民でさえ北空知の石狩平野の東に位置すると信じ込んでいる。

かつては炭鉱によって賑わったらしいが、閉山によって過疎化が進んでおり、コンビニすら存在しない。人口対策として町の人口に熊の頭数を加えていると言われている。

樺太の町としては極めて珍しく市民は全員日本人であり、多少不自然ながら北海道に似た方言を話す。しかしながら奇矯な行動を取る住民が多く、樺太の寒冷な気候が言語ではなく行動に影響していると考えられている。この地域の住民が非常に寒冷な気候に適応するため独自の進化を遂げた事は、夜間でも薄いコート一枚で外出可能な点からも明らかである。

神社の祭りが数少ない観光資源である。インターネットには接続できるが、光ファイバーは敷設されていないらしい。

当然のことだが名誉町民として能登麻美子が登録されており、能登かわいいよ能登。

気候[編集]

気候は樺太が位置する場所により変化する。従って3月でも路面は凍結せず積雪もない場合がある。この事実を考慮すればバイク通勤も草場に座る事もなんら不自然なことはない

交通[編集]

鉄道路線[編集]

  • 能登萌にはJR樺太の能登萌駅が存在する。もちろん名誉駅長は能登麻美子であり、能登かわいいよ能登。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「能登萌」の項目を執筆しています。
Hayami.jpg この項目「能登萌」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)