プラセンタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
胎盤から転送)
移動: 案内検索

プラセンタは、しばしばサプリメントとして利用される植物の一種である。

概要[編集]

プラセンタは多年生の植物であり、のように真っ赤な花を咲かせ、赤紫~青紫色の実をつける。その実の果肉はしばしばサプリメントとして利用される。一本の木が一個の実をつけるのは一年に一回あるかないかぐらいであり、その実はとても貴重なものとして扱われている。

主な効用としては、美容若返りが挙げられている。日本でも、プラセンタは「何なのかよくわからないけど体にいいもの」として考えられており、プラセンタからつくられたサプリメントを世の奥様方がわざわざ高い金を払って購入・飲用している。

生態[編集]

プラセンタの実の生り方は特徴的である。木につながったままの実は木部にほとんどおおわれており、実が十分に成熟してから、木の根元の部分に落ちてくる。この実は栄養が非常に豊富であり(だからサプリメントに用いられる)、実が熟す頃には落ちてくるのを待つ動物が木の周りに集まる。しかし、不思議なことに、集まってくるこれらの動物はみな肉食性動物か雑食性動物であり、草食性動物は近寄ってこない。この原因については、「この実は肉食の動物を引き寄せ、草食の動物を遠ざけるような植物ホルモンを出しているのではないか」等の仮説が出されているが、未だ解明には至っていない。というのも、草食動物は、プラセンタの実が熟する頃に自らプラセンタの木に寄って来ることはないが、プラセンタの実を食べることは確認されているため、矛盾するからである。この事実がこの現象の説明をより一層困難にしている。

このように肉食性の動物を集めるようになった理由は、「肉食動物を近づけることで草食動物を遠ざけ、葉を食べられることを防ぐため」であると考えられ、一種の共生関係を結びながら進化してきたと考えられている。雑食性であるヒトもまたプラセンタを昔から利用してきた動物の一種であり、プラセンタの進化と深い関わりがあるといわれている。

また、実が木部に覆われていて直接もぎ取りにくいのは、「実が成熟する前に食べられてしまうことを防ぐため」であるというのが定説である。

利用[編集]

前項でも述べたように、古くからヒトはプラセンタを利用し、時には栽培してきた。特に中国では漢方薬に用いられてきたこともあり、プラセンタの栽培は盛んであった(ただし今日では中国政府が栽培制限をしたことなどもあり、プラセンタの利用は下火である)。日本でも、近年、サプリメントとしての利用が盛んである。ただし、日本ではそれがどのように作られているかは誰も気にしない

なお、イスラム法ではプラセンタの摂取は禁じられている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プラセンタ」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第33回執筆コンテストに出品されました。