胎内市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「胎内市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「胎内市」の項目を執筆しています。

胎内市(たいないしTainai city)とは、新潟県北東部に位置する市で別名中条市と呼ばれる。名前がそのまんま「子宮」を意味しているという点において、沖縄県漫湖にならぶ危険な地名である。近頃は○メコに力を入れている。

概要[編集]

胎内市は2005年9月に、北蒲原郡中条町黒川村が合併して誕生した。なお、黒川村にはおよそ半世紀にわたって村長を務め、なおかつ全国市町村会の副会長まで勤めた伊藤孝二郎(1923年~2003年)という名物すぎて嫌になりそうな村長が存在しており、彼の存在が市を誕生させたといっても過言ではない。

なお、同じく平成の大合併によって広くなった新発田市村上市に挟まれてしまい、やけに細いのも大きな特徴である。そのため子宮というよりも、日本海にそそぐ卵管のような形状になっている。

地理[編集]

日本海山形県に面しているため、新発田市と一緒になって村上市関川村を新潟県北部に閉じ込めている。なお、新発田市も日本海と山形県に接しているため、平たく言えば胎内市も新発田市によって県北に閉じ込められている。監禁しているつもりが監禁されている

なお、胎内市全体の3分の2が険しい山地である。しかし、そこから流れる胎内川が市の残りの3分の1をしめる新潟平野に豊かな恵みを与えている。ツンデレである。しかし、夏場になると一転干上がってしまい、水無し川になることもある。すなわち、更年期障害である

産業[編集]

また、新潟県の海沿いの市町村の特徴である油田ガス田からの採掘が行われており、胎内には熱いナニカを感じさせる。あわせて、世界アデランスの発祥の地である。ああそれなのに工場をリストラで閉鎖してしまった。胎内市の主な産業は工業であり、クラレ日立電工水澤化学協和ガスなどの大企業の工場が中条中核工業団地にあるものの工業団地が広すぎて案外何も無い。そこで、従業員の福利厚生施設として団地内にサーキット場を建設した。

近頃は、無駄に流行を追いかけ、目が嘘ら発電や風力発電の誘致に狂奔している。

農業は稲作タバコネギの生産が盛んである。またチューリップの生産がとても盛んであり、球根、切花の生産が日本一である。そのため、旧中条町のチューリップに対する愛情はオランダ人顔負け、毎年「チューリップカーニバル」などというチューリップをメインとしたイベントをこどもの日に開催している。

子供の日というゴールデンウィーク最終日かつメインイベントの当日、何が悲しくてチューリップを見なければならんのだ、という新潟県の子供達の怨嗟がつまりにつまったイベントでもある。

そのほか、市の観光は旧黒川村に集中している。でかくて、維持費がめちゃくちゃかかって、なおかつ遠いという素晴らしい立地の元で。そのせいで、そのせいで、そのせいで合併することになった点において、ちょっとだけ不義の子っぽいイメージが付きまとうのも悲しい話である。

教育[編集]

その昔、南イリノイ大学新潟校なる大学が存在した。

今はソチオリンピック銀メダリストのポムくんが入学した高校になっている。

出身人物[編集]

新潟は男と杉が育たないというウワサは昔からあったりする。