胆振支庁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「胆振支庁」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「胆振支庁」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「胆振支庁」の項目を執筆しています。

胆振支庁(いぶりしちょう)とは、北海道庁が「広すぎて手に負えないから雑用はおまえらに任すわ」と北海道を14分割した支庁の一つ。

一般市民には天気予報の地域区分ぐらいにしか思われていない。

属領として日高支庁を持つことから、日高・胆振を合わせた日胆総合振興局への改組が予定されていたが、室蘭市苫小牧市の東西対立の煽りを受け、最終的には胆振総合振興局になることで落ち着いた。

概要[編集]

北海道の南西部に位置している。

支庁所在地は室蘭市。しかし最大人口は苫小牧市。このことが西部と東部での内紛の火種の原因となっている。

管轄市町村[編集]

内紛[編集]

支庁設置当時は最大人口が室蘭市であり、それに伴い陸運局も自動車のナンバーを室蘭にしたが時代が流れるにつれ札幌市に近く北海道の玄関口千歳空港に隣接してる新興勢力の苫小牧市が「なんであんな寂れる一方の室蘭ナンバー付けなきゃなんねぇんだ?」と謀反を企てたことから始まった。

室蘭市苫小牧市では、規模が大きい苫小牧市の方が優勢である。だが、東軍は苫小牧市以外はお察し下さいなのに対して、西軍は室蘭市の他に登別市伊達市と強力な面子が二つも揃っており、これでは西軍の方が優勢である。 しかし、東軍は地理的関係上どうしても苫小牧市に頼らざるを得ない日高支庁を属領に持つことから、東軍と西軍の力関係は拮抗している。

他の支庁との関係[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]