育児

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「育児」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「育児」の記事を執筆しています。

育児(いくじ)とは、子供大人化計画の初期段階で行われるオペレーションである。

概要[編集]

育児を扱ったテレビアニメシリーズのキービジュアル。

子供大人化計画は様々な国家がそれぞれの方式で行っている国力維持計画だが、その中でも重要かつ困難な過程が初期段階の「育児」である。将来的な国力源として生産された赤子を、教育機関[1]に投入できるまで(およそ零歳から六歳の期間)育成するのだが、この段階では外的な要因による死亡率が高く[2]また予測不能なトラブルを招きやすい。その為かつては二次性徴を迎えた女子は専門的な教育を受けるのが常であった。しかし現在では育児教育よりも社会進出を踏まえた総合学科への希望が多く、育児教育の普及率は下がりつつあるのが現状である。

その対策として、近年では育児教育を施された男性(育メンと呼称される)が育児を担うケースも増加しつつある。また女児向けアニメシリーズでも育児を扱うことで、育児の重要性を周知しようという動きも加速している。

育児の体系[編集]

栄養管理
極初期は母乳や粉ミルクなど液体栄養源を使用し、歯が生えてくるのを機にペースト食料へと移行する。この際、過剰免疫反応を回避するため定期的にチェックを行うのが望ましい。
消化機構等が未発達な上生理欲求耐性が低いので、過剰摂取に留意すること。
衛生管理
排泄補助や外部洗浄を行い、感染症対策を徹底する。上記の通り赤子は外的な要因による死亡率が高いが、この多くは不衛生による感染症に起因する。
また定期的に外出し、日光に当て紫外線殺菌を行ったり同年代個体との比較研究を行うのも好ましい。
愛情管理
適切にを感じる行動を行い、育児を行っている対象との信頼性を高めておく。これにより、子供大人化計画を完遂し手を離れた後にも精神的金銭的な繋がりを保持し続ける可能性が向上する。
なお、衛生管理や栄養管理が完全でも愛情が不足すると成長が滞るという観察結果も存在する[要出典]
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 基本的には小学校だが、幼稚園の場合もある。
  2. ^ かつては育児段階での死亡率が高いせいで、平均寿命の計算にも大きな影響があった。

関連項目[編集]