肩書とはジャケットの上から着るもの

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「肩書とはジャケットの上から着るもの」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

肩書とはジャケットの上から着るもの(かたがきとはじゃけっとのうえからきるもの)とは、身分と人間性について皮肉った慣用句である。

この場合は、サラリーマンにあてはまった日本的な表現であり、状況により「肩書」の部分は「王位」や「権力」に変わる。「ジャケット」の部分についても、それに合わせて変化する。

肩書以上に人間性は重要であり、逆に肩書がなければ人間性は活かせられないといった、非常に複雑な意味がある。また、服装については、そのままの意味の他に、見かけや世論などの大衆からの認知も含まれる。つまり、王冠勲章、人気や名声である。

一般的な使用方法は、「いいのか、あんたみないな人がこんなことをして?」「‐‐」。

簡単に言えば、スーさんがハマちゃんを釣りに誘う時に使用する言葉である。

概要[編集]

一般に、権力者が身分の低い者との交流をはかろうとするとき、恐縮する相手を和ませる為に使われる言葉である。今夜は無礼講でいいよ、という意味だと思う。

また、権力者が自らの無力を痛感したとき、これまでの功績や身分に関係なく、自らを皮肉る時にも使われる。逆に、周囲の人間が権力者を皮肉る時も同等である。

稀に、権力者に対して、その地位に見合った服装や行動を求める際に使用されることもある。

多分、死亡フラグ

歴史[編集]

歴史的に、この言葉が最も似合う人物は裸の王様であろう。

また昔話を例にすると、

あるところに、意地の悪い王がいた。王は貧民を省みず、民の生活は厳しいものであった。その貧民の中に、王と瓜二つの青年がいた。それを面白がった王は(中略)。意地の悪い青年が喚いても、誰も信じはしなかった。心優しい王は皆に慕われ、意地の悪い青年は荒くれに刺殺された。

このように、身分と人間性、どちらも重要であることを教訓とした物語ものこされている。むかーし、お話出てこいできいたような・・・。

特徴[編集]

日本や中国など、儒教の影響で必要以上に縦社会を重んじる国では、公に口に出されることはあまりないだろう。欧米やヨーロッパなどで使われることが多い。これは、大統領制度が、民衆の代表制であることや、紳士の教育による影響と思われる。アメリカ映画やでは偉いお父さんがよく使用するし、昔話では老いた王様が忌わの際に言い残す。

日本で使用する場合、「ユニバーサルスタンダードか」と、タカだかトシだかに頭を叩かれても訴訟は起こせない。北村先生によると、そんな小さな事件をいちいち相手にするほど、日本の司法は暇ではないとのこと。

使用例[編集]

  • よく晴れた日曜日の朝に、笑い合う子供達を眺めながら、大統領がファーストレディに一言。
  • ベテランの白人警官が、黒人の主人公に連れられ、悪人をメッタメタにするときに一言。カット前に「一度こいつを思いきりぶっ放したいと思ってた」の捨て台詞があれば完璧。
  • ホテルのベッドの上で「いいの?部下に手を出すなんて」という愛人に一言。
  • たしーか、北斗の拳で見たような・・・。

使用可能な地位の一覧[編集]

その他[編集]

偉い人になったことないからわからないけど、偉い人の一度は言ってみたい一言ランキングの、かなり上位なんじゃないだろうか。

関連項目[編集]

この項目「肩書とはジャケットの上から着るもの」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)