中華まん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
肉まんから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中華饅頭」の項目を執筆しています。

中華饅頭(ちゅうかまんじゅう)または中華まんは、スイーツ(笑)になると食べたがる甘くない食べ物である。

歴史[編集]

もともと、中国の大富豪の娘であった李包子(リ・パオツ Lĭ Bāozĭ)が趣味である麻雀に興じていたときに、昼食の時間になったため、対局しながらでも食べられるよう、小麦粉を練って作った皮にひき肉を詰めて蒸したものを持ってくるよう命じたのが由来とされている。 以来、中国ではこのときの料理を考案者の名前を取り包子と呼んで、手軽な食事或いはおやつとして愛されるようになった。

特に、考案の契機同様、麻雀を打ちながらの食事には最高のものとされていた。[1] また、ダメージを受けた中国人に食べさせると、体力を回復することでも知られており、中華人民共和国の軍隊である中国人民解放軍では戦闘糧食に必ず含まれることも有名である。

日本では1927年(昭和2年)にこの包子をアレンジしたものが中華饅頭として発売されたのが始まりとされている。 中国風にひき肉を用いた肉まんに加え、当時のスイーツ(笑)であったはいからさんの口にあうようにひき肉の代わりに餡子を具に用いたものをあんまんとして発売した。 中華まんを発売した中村屋は菓子屋であったことから、あんまんを中華まんのメインとして売り出す方針だったが、今日のスイーツ(笑)がそうであるように、いくら変わったものを出しても結局最後には肉まんを求めるということから、結局翌年には肉まんを前面に出す方針に切り替える事となったと言う。

主な中華まん[編集]

中国の肉まん
肉まん/豚まん
中華饅頭の中でも定番中の定番とされるもの。甘くないにもかかわらず、スイーツ(笑)が好むことでも知られている。なお、大阪民国では牛か犬以外は肉として認めない文化があるため、肉まんは豚まんとして発売されている。
超包子
肉まんの中でも特に高級品質とされているものは、超包子と呼ばれて通常の肉まんとは別格の扱いとされている。日本でも余りの旨さに同人誌の題材にされることもあったようである。
あんまん
日本でスイーツ(笑)をターゲットにするために考案されたものである。今日でも肉まんに次ぐロングセラーであるが、甘すぎるせいかいまいち影が薄いようである。
ピザまん
ピザ中毒患者をターゲットに考案されたものである。しかし、イタリア人に食べさせたら絶対に激怒されるだろう。特にシシリアのおじいさんに食べさせたら、付き添いの黒服にバキューン!!
カレーまん
カレーと言うよりカレーで味付けしたひき肉、つまりキーマカレーのようなものである。これもインド人に食べさせたら、別の意味でびっくりされるに違いない。と言うか、インド人は肉は余り食べないので、その意味でも拙いだろう。
ダンボール肉まん
日本と違い、中国では新メニューの包子が開発されることは少ないが、そんな保守的な風土にありながら考案された画期的なメニュー。食べ易くするため、苛性ソーダで味付けしたソーダ味のまんじゅうである。食べるのを好む中国人は死ぬほどうまいらしい。
人肉まん
中国では大阪民国と違い、主に豚肉を肉として扱う習慣がある。[要出典]勿論、「四足で食べないのは机と椅子だけ」「生き物は喰い物」と呼ばれるように、肉であろうとなかろうと生きていれば食べるのであるが、香港で考案されたのがヒトの肉を具に用いた人肉饅頭である。もともと、包子は麻雀を打ちながら食べられる料理として考案されたが、この人肉饅頭も麻雀に絡んで考案されたものである。醢(ししびしお)と共に人気が高い。それは検閲により削除
日本ではまだ発売されていないが、香港で実際に食べた者によると、中年男性の肉よりも未就学の幼女粛清されました
血饅頭
人肉まん同様、中国の名物。死刑囚のを我先にと群がって食うのがあの国の掟である。大変な美味で希少品である。

脚注[編集]

  1. ^ 日本の雀荘ではラーメン炒飯を食べながら麻雀を打つ者がいるが、これは中国人から見たら邪道である。

関連事項[編集]


Dish.png この中華まんは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)