耳毛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「耳毛」の項目を執筆しています。

耳毛(みみげ)は、川内康範外耳道軟骨部の穴)に生えているのこと。

形状[編集]

  • 耳の穴から外側に向かって生えている。太い縮れ毛で直径鼻毛と同程度。見かけ上の長さは3cm程だが、縮れている為実際はもっと長いと考えられる(川内の同意を得ていないので精密な測定は行われていない)。色は灰色だが一本一本微妙に異なる。表面は付着した皮脂による光沢がある。
  • 全部で数百本あり、耳の穴から綿がはみ出したような外観の塊を形成している。塊は左耳側と右耳側でアシンメトリーである。密度が高く穴の内部は見えない。
  • 片側の耳毛を引っ張ったら、もう片方が引っ込んだ姿が確認されており、恐らく内部で繋がっている可能性が高い。

耳毛の歴史[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

耳毛の誕生[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

主にアダムが禁断の実を 口にしたときに失ったものの一つだと 考えられている または逆に 禁断の実を口にしてから 生えてきたものとも言われる

機能と問題点[編集]

  • 鼓膜粘膜を守る為、空気中のなどの侵入を防ぎすぎている。
  • 耳垢の排出を阻害し奥へと追いやってしまう為、耳掻きの際に困難を極め外耳道を傷つけるおそれがある。

耳毛の今後[編集]

  • 川内の同意を得て、耳毛の長さの精密な測定が一刻も早く行われる事が期待される。
  • 耳毛はこれからさらに成長すると思われ、どのような方向に伸びていくのか密かに注目を浴びている。

関連項目[編集]