老衰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

老衰(ろうすい)とは、自殺方法の一種である。

方法[編集]

老化に伴う細胞や組織の機能の低下を利用し、自らのを停止させる。体調管理が非常に重要であり、これを怠ると無能なヤブ医者どもに肺炎脳卒中などの病死扱いにされてしまう。これは自己決定権の侵害であり、許されるべきではない。また、年齢が若い(少なくとも60歳未満)場合も老衰とは呼ばれないのでできる限りの長生きが必要である。

老衰自殺者の特徴[編集]

  • 喫煙者である。
  • 趣味を持っている。
  • 食事をしっかり摂っている。
  • 毎朝ランニングをしている。
  • 脳トレにはまっている。
  • 人生にやりがいを持っている。
  • 健康のためなら死んでも良いと思っている。

動植物の老衰自殺[編集]

ヒト以外の世界にも老衰自殺は存在する。と言うより、自殺のほとんどが老衰である。ヒトが動植物を老衰自殺に追い込むことは珍しくなく、その容姿や仕草が愛らしいほど顕著である。あろうことか、動物愛護団体が率先して行動している。世界中の国も動物愛護法などという実態とは正反対な名前の法律を作り、地球をヒトだけのものにしようと必死である。

関連項目[編集]