羽田・成田戦争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

羽田・成田戦争(はねだ・なりたせんそう)とは、羽田空港成田空港で起こっている戦いである。どちらも国際空港でありながら羽田空港は現在国内線が殆どであり成田空港が国際線を受け持つのが暗黙の了解となっていた。ところが羽田空港が勝手に新しい滑走路を建設し始めていて、完成すれば大量の国際線を受け持つことができるようになる。成田空港は東京から特急で1日かかるので、どうせなら東京から30分の羽田空港を利用したいのが世界の流れである。結果的に航空会社はもちろん交通機関を巻き込んだ戦いとなってしまった。

勃発[編集]

成田空港が、地元住民の反対を押し切って空港を作ったのが戦いの始まり。羽田空港を拡張すればよかったのに、税金が余ったので作った。反省はしていない(日本政府談)

結果的に成田空港は将来、不要になるものと思われる。そのため成田空港はどうにかして生き残りたいと考えておりなりふり構わずの攻撃を行っている。

戦地[編集]

戦地に行くということは、あまりお勧めできない。

というより、現在は渡航禁止区域に指定されている。

結末[編集]

まだ、終戦を迎えてはいないが多くの人は成田空港が負けると予測している。

(理由)

  • 地元住民を敵に回しているため。
  • 東京から遠いため。
  • 国際線しか扱っていないため。

ドナルドのうわさ[編集]

  • 地元住民の多くは、成田が負けることを心から望んでいる。(故に、東京VS千葉という戦争にはなるはずがないといわれている。)
  • でも、ほんとに潰れるとニートしちゃうのであせりだしてもいる。
  • 国内線羽田空港がほとんどなので、日本鎖国をしたら成田空港は消えてしまう。
  • 羽田空港は周りが海に囲まれているので強い。
  • 一方、成田空港は周りが山に囲まれているが、地元住民の攻撃が強いので弱い。
  • 高速道路は、中立の立場を取っている。

成田空港の攻撃[編集]

  • スカイライナーのスピードアップ、所要時間縮小。
  • 成田エクスプレスに新型車両導入。時代遅れのボックスシート全廃。
  • 圏央道接続
  • 2本目の滑走路延長(案)
  • 3本目の滑走路建設(案)

羽田空港の攻撃[編集]

  • 東京モノレールに地元利用者を無視して快速列車の導入。
  • 第二ターミナル建設。
  • 4本目の滑走路完成
  • 4本目の滑走路延長(案)
  • 5本目の滑走路建設(案)
  • 3本目の滑走路延長(2009年度追加経済対策)
  • 京浜急行の快速特急

味方同士の争い[編集]

味方同士の争いもある。そんなことしてる場合じゃないと思うが。

  • (羽田空港側)京浜急行東京モノレール
  • (成田空港側)JR京成電鉄

どこぞの大臣の発言[編集]

どこぞの大臣が発言してくれたおかげで、どうやら戦局は羽田空港に傾いたようだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「羽田・成田戦争」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
この羽田・成田戦争は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。