羽咋市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「羽咋市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「羽咋市」の項目を執筆しています。

羽咋市(はくいし)は、能登半島にある都市である。

羽昨市(はさくし)とも呼ばれることもある。石川県では2番目に影が薄い市である。

概要[編集]

竹内文書によると、はるか昔から地球外文明との交流が盛んであった。そのため、宇宙からの移民が多く市民の大半が宇宙人であると言われている。

宇宙の出島があり、宇宙開発事業には市とNASAが積極的に取り組んでいる。軌道エレベータが設置されている。

歴史[編集]

隣町の宝達志水町を併合しようと軍事侵攻(末森の合戦)を試みたが、宝達志水町の守護神であるモーゼの数々の妖術に翻弄、撃退され今に至る。

人口[編集]

宇宙人
90% 
人間
10%(うち90%がスタンド使い
  • 住民の9割宇宙人である。近頃では母星を追われたウルトラマンレオサイヤ人等の不法滞住者が増えてきており、いかにして社会の受け皿を作ってゆくかが今後の課題となっている。
  • 「スタンド使いは惹かれ合う」ことから、人間の9割スタンド使いである。近頃ではディオ肉の芽を植えつけられ、羽咋市を離れるスタンド使いが多くなり人口流失が深刻である。
  • すしべんに宇宙人向けのラーメンが発売されている・・・らしい

観光[編集]

ジョジョ石
住民たちの願いにより羽咋駅前にジョジョ石が建造された。今では羽咋市を代表する観光スポットとなり、日本各地からジョジョ立ちをするためにやってくる観光客が多い。
千里浜なぎさドライブウェイ
海岸を自家用車で走ることができるが、お察しください朝鮮半島から流れ着いたゴミが多く、「塵浜」と呼ばれることもある。
コスモアイル羽咋
宇宙の出島。羽咋市の宇宙開発の中枢を担っており、軌道エレベータ(利用料:大人350円、子供250円)がある。ホワイトベースマクロスナデシコヱクセリオンといった退役艦が保管・展示されている。
能登有料道路
ちょっとカネに余裕のある市民たちが能登の奥地や金沢まで行く時に使う道路。もちろん有料なのでカネを取られるが、千里浜インター~柳田インターの間など、無料で走れる貧乏人専用の区間も存在している。柳田インターを出てすぐの大きな交差点の名前が「猫の目」なので、「猫の目インター」と通称で呼ばれることが多い。本気でそう思ってる住民も多いとか。
能登ム料道路
羽咋駅の近くの線路沿いから見える道路。道路なのに民家というか倉庫である。電車に乗らないと見えないかもしれない。隠れた観光スポット
ユーフォリア千里浜
まるで○水のようなコーヒーのような茶色をした温泉。もぐれば擬似宇宙遊泳を楽しむことが出来る。宇宙直輸入のようだ。
宇宙人パン
地元のパン屋がNASAと内閣情報調査室と協力をせず極秘裏に開発した特殊食である、以前TVの取材があった時は完売にも関らず現物を放映してしまった、曰くつきのパンである、見た目は宇宙人そのものであるが食べるとかなり美味である、香りも良く一度食べると病み付きになる。最近宇宙人の顔にあたる部分に「891(はくい)」のロゴが入り見事にバージョンアップを果しVer1.1となるが「以前に比べて味も良くなっておりVer2.0との主張もあり現在活発に議論がなされていない。
パセオ通り
謎の音楽が流れる道路。常に人気がなく、地元の中学生が闊歩している。

関連項目[編集]


あずにゃん もう、タイピング間違えても、ホラばっかり吹いてても、叱らないから… 削除…しないでよ…… (Portal:スタブ)