義肢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「義肢」の項目を執筆しています。

義肢(ぎし、Prosthesis)とは、装身具の一種である。

概要[編集]

生身の腕より「機能的でファッショナブル」と評判。

従来は欠損した四肢の機能(自立、歩行作業、外観など)を補填するために装着するものとされていた[要出典]ため、機械部分の上にわざわざ肌色のカバーを被せて手足の欠損を「隠そう」とする事で、逆に自己の身体障害を「目立たせて」しまう問題があった。見るからに痛々しい上、無理やり人体を模している関係から不格好であり、外観的にも非常にダサくなってしまう[不要出典]のであった。そこで21世紀においては発想を逆転、あえてメカニカルな外観を強調することでファッション性を高めるとともに確実な機能性を保証することに成功[1]。本来の手足よりも機能的かつ美的に自分の身体を装飾することによって新たな自己表現の手段としてのニーズを発掘することに成功。それによって、それまで「不幸にして身体に障害を負ってしまった人々のもの」でしかなかった義肢は、むしろ「美しく機能的な身体を手に入れるための、手っ取り早く[2]新しい選択肢の一つ」として広く社会に受け入れられたかどうかは非常に微妙であるが、さしあたって自ら手足を切断して義肢を装着する一部の人々によって、義肢の販売市場はちょっとだけ広がったと言われている

脚注[編集]

  1. ^ 外観を無理に人体に似せなければ、シャープで強靭なデザインを作り出すことはそう難しくない[要出典]との事である。
  2. ^ もちろん、最先端のファッションには相応の費用が必要であることは言うまでもない

外部リンク[編集]

関連項目[編集]