義肢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
Vulcanoctopus connie.jpg
この項目には、グロテスクな記述が含まれています。
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「義肢」の項目を執筆しています。

義肢(ぎし、Prosthesis)とは、装身具の一種である。

概要[編集]

生身の腕より「機能的でファッショナブル」と評判。

従来は欠損した四肢の機能(自立、歩行作業、外観など)を補填するために装着するものとされていた[要出典]ため、機械部分の上にわざわざ肌色のカバーを被せて手足の欠損を「隠そう」とする事で、逆に自己の身体障害を「目立たせて」しまう問題があった。見るからに痛々しい上、無理やり人体を模している関係から不格好であり、外観的にも非常にダサくなってしまう[不要出典]のであった。

転換点[編集]

そこで21世紀においては発想を逆転、あえてメカニカルな外観を強調することでファッション性を高めるとともに確実な機能性を保証することに成功[1][注 1]。本来の手足よりも機能的かつ美的に自分の身体を装飾することによって新たな自己表現の手段としてのニーズを発掘することに成功。それによって、それまで「不幸にして身体に障害を負ってしまった人々のもの」でしかなかった義肢は、むしろ「美しく機能的な身体を手に入れるための、手っ取り早く[注 2]新しい選択肢の一つ」として広く社会に受け入れられた。

歌劇派[編集]

非常に微妙であるが、さしあたって自ら手足を切断して義肢を装着する一部の人々[2]によって、義肢の販売市場はちょっとだけ広がったと言われている

材料[編集]

プリントアウトでこの通り。簡単だね。

素材としてアルミニウムやコンクリートなどを使うと生身の四肢より重量がかさむ場合があるため、チタンやカーボン、A7075やマグネシウム合金などの軽量で強靭な素材が好まれている。一部にはガンダリウム合金やルナチタニウム合金といった特殊合金・超合金を用いて耐弾性能を向上させる場合もある。しかし価格が跳ね上がってしまうため、さほど強度を必要としない部位にはプラスチック輪ゴムや包帯を採用するなど、合理化が進んでいる。

作り方[編集]

3Dプリンターがあれば手っ取り早くプリントアウトで完成するが、その場合はもちろん樹脂なので強度はお察し下さい

メキシコサンショウウオを使えば四肢が生えてくるようになる可能性はあるが、まだ研究段階のため[3]、大抵は販売されているキットを元に制作する事になる。

主な販売形態[編集]

ユーモア欠落症患者のために
ウィキペディア専門家気取りたちが「ラジコン模型自動車#様々な販売形態」の項目を執筆しています。

大まかな販売形態。各個人によって取付部位に差が出るため、職人レベルの超絶技巧な工作技術が求められる場合が多い。

フレームキット
フレームのみの簡素なキット。新型フレームの販売時など。
組み立てキット
上記のキットに対応した外装と駆動用の最低限のアクチュエーターなどがセットされたキット。生体接続用のインターフェースや駆動用バッテリーなどは別売である事が多い。販売店によっては装着や実用に必要な他のパーツ類をセットして販売する場合がある。
フルセット
組み立てキットに生体接続用インターフェースや駆動用バッテリー、充電器などもセット。キットの組み立てや外装の塗装などは行う必要がある。
RTU (Ready To Use:レディー・トゥー・ユーズ)
組み立て&塗装済みのフルセット。フレームに生体接続用インターフェースや駆動用アクチュエーターなどを搭載・調整済みとなり、そのフレームに対応した外装も塗装済みで付いてくる。駆動用バッテリー、充電器もセット。駆動用バッテリーを充電してフレームにセットすれば使用可能なため、購入してすぐ使えるという意味で、Ready To Useと呼ばれる。
スペアパーツ
摩耗したり経年劣化するパーツ部分は規定のサイクルで交換する事がメーカーより推奨されており、キット一式がほぼスペアパーツとして部品毎に入手が可能なようになっている。
オプションパーツ
多種多様なオプションパーツが製造メーカー及びサードパーティーからリリースされており、義肢の性能向上や能力の追加が主な目的である。軽量化やドレスアップ、エアロパーツなどもある。

使用している方々[編集]

霊烏路空。何かのキャノンにも見える右腕はあくまでも制御棒である。
バレットのチェーンガン。

惣流・アスカ・ラングレー[編集]

詳細は「惣流・アスカ・ラングレー」を参照

使徒との戦闘時に右腕を引き千切られる等の重篤なダメージを負い、廃人同然となっていたが、ファッション性のある義手により生気を取り戻し、アイドルとしての人生を再スタートさせた[4]

茨木華扇[編集]

詳細は「茨木華扇」を参照

禁則事項により右腕を失ったが、術式により右腕を作り上げ、日常生活を支障なく送る事ができるようになった。

鈴仙・優曇華院・イナバ[編集]

詳細は「鈴仙・優曇華院・イナバ」を参照

魂魄妖夢との戦闘時に右腕を断ち切られた後に腹部を刺し通され瀕死の重症を負うが、師匠と慕っている八意永琳の治療により一命を取り留める。ただ右腕は一度断ち切られた事を記憶しており、時々発作を起こすらしい。中二病である[5]

霊烏路空[編集]

詳細は「霊烏路空」を参照

自ら右腕を原子炉の制御棒に換装したお方。原子炉内に右腕を入れたり出したりして高速中性子の数をコントロールし、炉心の反応を調整している。

アレックス・マーフィー巡査[編集]

詳細は「ロボコップ」を参照

麻薬の売買組織に単身ノリで乗り込んだ結果、まず右手、次に右腕をショットガンで吹き飛ばされ、その後胴体をハニカム構造にされるが致命傷にはならず、右脳に撃ち込まれた9mmのピストル弾が致命傷となり即死。二階級特進を遂げた遺体はサイボーグ技術によりロボコップとして復活し、復讐劇を演じた。義肢というよりは義体に近い。

T-800[編集]

詳細は「ターミネーターシリーズ」を参照

サラ・コナーの抹殺を依頼され、単身で1984年5月12日木曜日のニューヨークにこれまたノリで乗り込んだ結果、サラ・コナーとその夫カイルに化けの皮を剥がされ、胴体を上半身と下半身に分断された上、プレス機で押し潰されてしまう。二階級特進を遂げた死骸はサイボーグ技術によりアーノルド・シュワルツェネッガーとして復活し、復讐劇を演じた。こちらも義肢というよりは擬態に近い。

宇宙海賊コブラ[編集]

戦闘中に利き腕の左腕を失い、代わりにサイコガンを左腕として接続した松崎しげる。戦闘厨。太陽系の第3惑星地球を舞台にハードボイルドな活躍を展開中なお方。紛れもなく奴さ。お値段手ゴロ。トリップかな?ヒューッ!

バレット・ウォーレス[編集]

詳細は「ファイナルファンタジーVII」に追記される見通し

テロ組織「アバランチ」のリーダー。親父ギャグ大好きな人見知りで元グリーンベレー。実はツンデレ。失った右腕に対する復讐のため、チェーンガンを右腕としており、バッグに入れて持ち歩いている。プレデターに遭遇すると乱射して森林伐採するので「地球温暖化の原因になる」と地元住民から苦情が来る事もある[6]。どう見てもガトリングです、本当にありがとうございました[7]

鵺野鳴介[編集]

詳細は「地獄先生ぬ~べ~」を参照

対局中の事故で粉砕した左手の代わりに鬼の手と呼ばれる左手を装着しているプロ棋士鬼殺しと呼ばれる奇襲戦法を得意としている。通常は右手で指しているが、起死回生の一手が必要となった際には、長考の末に左手で鬼手を指すという。そのため「左手で駒を持ったら死亡フラグ」と言われ、恐れられている。一時期羽生善治を真似て手を意図的に震わせたりしてみた事もあるとかないとか。先生それ武者震いですぅ。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 外観を無理に人体に似せなければ、シャープで強靭なデザインを作り出すことはそう難しくない[要出典]との事である。
  2. ^ もちろん、最先端のファッションには相応の費用が必要であることは言うまでもない

出典[編集]

  1. ^ "ファッショナブルな義肢". ギズモード・ジャパン (2009年2月19日). 2010年5月11日閲覧。
  2. ^ "四肢切断を望む人々 ― 身体完全同一性障害とは". X51.ORG (2006年4月10日). 2010年5月11日閲覧。
  3. ^ "人は切断された四肢を再生する能力を覚醒させることができる、という可能性がウーパールーパーの研究から示されつつある". Gigazine (2018年7月9日). 2018年7月9日閲覧。
  4. ^ 惣流・アスカ・ラングレー#漫画版. ウィキペディア (2018年4月2日). 2018年6月14日閲覧。
  5. ^ "【東方MMD】東方を少し知った俺がPV撮ってみた". コワレミク (2014年9月5日). 2018年6月14日閲覧。2:05~2:10頃
  6. ^ "いたぞォ!いたぞおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!". らいおん(A.J) (2017年5月15日). 2018年6月20日閲覧。
  7. ^ "チェーンガン#誤解". ウィキペディア (2018年6月3日). 2018年6月20日閲覧。

関連項目[編集]