群発地震

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

群発地震(ぐんぱつぢしん)とは、地球人類に対して行ういやがらせ行為ウィキペディアでは、地震活動の一種である、だとか書いてあるが信じてはならない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「群発地震」の項目を執筆しています。

概要[編集]

本来の意味は、ある一定の地域において、常識の範疇を超えた回数の地震が頻繁に発生する事である。

表面上の理屈はウィキペディアも認める通り火山活動マグマ地下水の移動である。しかしこれはあくまで表面上の理屈に過ぎない。ではこれらの活動の原因は何かと言うと、前述の通り嫌がらせである。これはかの有名な騒音おばさん、miyoco並み、いやそれを凌ぐ程の実績をあげており、われわれ人類に対し非常に有効である事が結論付けられている。

秀逸な群発地震[編集]

有名な群発地震を以下に列挙する。

松代群発地震 
群発地震の代表格である。1965年~1970年の五年間に、有感地震が実に6万2821回。
伊豆半島東方沖地震
2006年伊豆半島ゴールデンウィークの最中に発生した群発地震。有感地震49回、無感地震3009回。
伊豆諸島北部群発地震
2000年三宅島噴火直前に発生した群発地震。火山活動の予兆があったにも関わらず気象庁は重視しなかった。

結果[編集]

松代群発地震は最も効果を上げた群発地震である。道路の地割れや住宅損壊、液状化は勿論のこと、住人にノイローゼを引き起こす事に成功し、負傷者15、家屋全壊10戸、半壊4戸、地滑り64件。

伊豆半島東方沖地震においては、人々に混乱を引き起こすことに成功した。とくにゴールデンウィークの最中であったことから、熱海市などで過剰定員満員電車急ブレーキ渋滞席取り人ごみなど様々なエクストリーム・スポーツが開催された。

伊豆諸島東方沖地震では群発地震そのものでは芳しい結果を得られなかった。しかもこの後、三宅島が大噴火し、世間の関心を完璧に三宅島へ押しやってしまったため、これが発生したのを知る者は少ない。

関連事項[編集]


この項目「群発地震」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)