美浜区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美浜区」の項目を執筆しています。

美浜区(みはまく)は、千葉市の区である。90年代前半に、千葉市が人口たった80万人(※当時)しか無いくせに無理やり政令指定都市になったために誕生しやがった、千葉市の6つの行政区のうちの1つである。

概要[編集]

1970年代半ば、当時の人口がたった60万人しかいないくせに政令指定都市を目指していた千葉市が、人口拡大を目指して湾岸部の埋立地に新しい都市を作ろうと計画した。こうして作られたのが幕張新都心であり、後の美浜区の源流となった。

完成した埋立地には千葉市が計画した都市が作られた。行政主導で作られた幕張新都心の整然とした美しい街並は日本各地から人を集め、1992年の政令指定都市昇格への大きな一因となった。幕張新都心を含む湾岸部の埋立地は政令指定都市へと昇格すると美浜区となった。

現在の美浜区は単なるベットタウンだけではなく千葉県の中でも随一の観光地域にもなっている。かつてはコミックマーケットが開催されたことのある幕張メッセ千葉ロッテマリーンズの本拠地で有名な千葉マリンスタジアム、日本一長い海岸と自称する人工海浜・いなげの浜など観光名所には枚挙にいとまがない。東京都心部を嫌った多くの大企業も美浜区に本社を置くなど、実は千葉市の中で一番発展している区であるかと思われる。

TBSは、この地域を「美浜市」と思い込んで、テロップで流している。

地理[編集]

千葉市の最西端であると自称しており(花見川区のページを見れば分かるように、花見川区も千葉市の最西端だと宣言している)、西から時計回り順に習志野がある津田沼市、花見川区、稲毛区中央区に隣接している。

東京駅までは海浜幕張駅から快速電車で約30分、特急列車ではノンストップで約25分で行くことが可能である。特急はおろか快速にすら無視されてしてしまう花見川区と比べると、圧倒的な東京へのアクセスのよさが新しい住民を多く獲得することに成功しており美浜区住民の誇りとなっている。ただし海浜幕張駅から直通の東京駅は、本当の東京駅とは結構離れた別の場所にあることは内緒である。

花見川区民との関係[編集]

花見川区民とは、1970年代半ばの湾岸部埋め立ての時点を発端に何かと遺恨を残している。

引き金となったのは、埋立地の名称が「幕張埋立地」と名付けたことから始まる。そもそも"幕張"の地名は本来は総武線幕張駅を中心とした伝統ある地名であるため、元祖・幕張住民はこの知らせを聞くと大いに憤慨し千葉市に改称を求める運動を始めた。

だが現実は非情である。幕張埋立地の開発は順調に進み1986年の海浜幕張駅開業と京葉線の開通、1989年の幕張メッセ完成、1993年の幕張プリンスホテル営業開始と、着実に千葉市は「幕張新都心=幕張」というイメージを日本全国に植えつけていったのである。過激派の元祖・幕張住民も黙っていられない。過激派の住民は1995年まで継続して、海浜幕張駅のレールを引っ剥がすなどテロ行為も辞さない行動で反発を行ってきた。こうして花見川区民との関係は、本家と元祖で争うラーメン屋のごとく泥沼化していくのであった。

一方、多くの美浜区の住民はこの問題に対してほぼ無関心である。外部からやってきた新住民ということもあるし地区同士の争いに興味がないというのもあるが、そもそも新住民にとっては通勤先の東京にしか興味がないので、花見川区民との関係回復は難しいかと思われる。そのためか、幕張メッセで行われるイベントが東京モーターショー東京ゲームショーと名乗っても一向に気にしない。

区名の由来[編集]

"美しい国"の名付け親であるアベ・ハート内閣総理大臣が父・安倍晋太郎の秘書を務めていた時に、埋立地に作られた人工海岸を見て"美しい浜"と発言したことから命名された。よって、千葉市に存在している地名とはなんら関係のない、ただ言葉の響きがいいからという理由で名付けられた区名である。

一部の市民団体からは幕張新都心地区が全国的に有名になったことから"幕張区"に改称しようという動きが出ているが、前述した過激派の元祖・幕張住民からの反発が激しく実現には至っていない。

関連項目[編集]