美人薄命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「なら私は長生きできるわね。 」
美人薄命 について、 マリア・アンナ

美人薄命(びじんはくめい)とは容姿が美しい人は短命であったり、不幸なことが多い傾向があるという四字熟語。これは総務省統計局によって得られた調査データをもとに科学的に出された傾向である。一般的に女性に対して使うが、女性の心を持った男性に対しても使って良い。その場合、女性に生まれなかった時点で不幸であるといえる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美人薄命」の項目を執筆しています。


概要[編集]

文字通り、美人には薄命な者が多いという事を指す。この薄命には、実際に短命である場合の他に、不運であることや芸人としての寿命が短いことを含む。この四字熟語は、総務省統計局の調査により浮かび上がった傾向を元に作られた言葉であるため、そういった比喩的なものを除いても実際に美人の寿命は短い。ちなみに日本人女性の平均寿命は世界的に見ても非常に長い。これはおそらく、日本には美人が少ないということを示しているのかもしれない。

変化[編集]

近年では本来の意味とは違う意味で使われる言葉が増えている。美人薄命もそのひとつであり、「美人は(男の)命を薄める」といった意味で使われることが多い。実際、房中術などの理論によると、性交などを通じて女性は男性から精力を奪い取る。美人は男性を骨抜きにするとも取れる。ただし、美人でない女性でも性交を行う前に男性の精力・性欲を奪い、萎えさせることが可能であるため、美人に限定する必要は無いのではないかとの見解をなんちゃって財団法人日本漢字能力検定協会も示している。しかしその場合語呂が悪くなるため、現状維持となっている。

現実の傾向[編集]

美人タレントは、美人であることを売りにした場合、美人でなくなった時点で存在価値が極度に低下してしまう。黒柳徹子森光子などを除き若さ永遠では無い以上、芸人としては短命になってしまう。そのため笑いや一芸を体得することで寿命の延長を図る。しかしその時点でタレント生命は延びても美人タレントとしての寿命は終わる。また、ただ美人なだけでは売れないため、脱いだりする。それを不運と捉えた場合も「美人薄命」という言葉で表されたりする。

関連[編集]


この「美人薄命」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png