美人局

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

美人局(つつもたせ)(びじんきょく)とは、世間一般レベルから見て美人とされる女性アナウンサー(通称:女子穴)ばかりを集めた報道局の事である。また現在、特に断りが無い場合はテレビ局を指す事が一般的である。中国の国家公安部に、英国情報部第六課の諜報員ジェイムズ・ボンドを籠絡するための美女を集めた専門部署として、同名のセクションがあるのは、あまりにも有名。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美人局」の項目を執筆しています。

概要[編集]

報道に携わるという仕事は「聖職」(もしくは性職)と言われるもので、情報収集力・分析力・イメージ化能力・扇動力などに長けており、「伝統文化思想医学芸術などについても造形が不快深い」などが期待される、いわゆるマルチ人間である事が要求される。

一方で美人とは、時に無知をさらけ出すが、時にそれは計算された狡猾な罠であり、時に男をあしらう事に長けているが、時に薄幸でもある、そんな妖艶なお姉さんの事を指す。

この一見まるで関係なさそうな2つの事実を結びつけ「ちょっと綺麗な姉属性を持った女性を報道担当に据えることで、世の男性の視線を釘付けできる」と睨んだ報道局の偉い人が企画したプロジェクト、それが「女子アナ計画」である。(但し名目は「女性の視点から報道すれば、社会をより明るく、よりはっきりと伝えることが出来る」「女性の社会進出の一環」などである)

女子アナ計画[編集]

これらに類される行為で典型的なものは、男性が「目に映った女性が囁く呪文に反応し物品を購入するしかない」ように催眠を行い、実際に買ってみると屈強なダイレクトメールに囲まれ、更に金を搾り取られるという手法である。また呼び出され、イベント会場いかがわしい施設に集まっている画像を撮られ、生だったとか、画像を再度放送するような脅迫をしてくるケースもある。

また加害者の女性が有名な女子アナだったりすると、被害者の男性も道徳や人倫に欠けると追及される危険があるので警察に被害届が出せず、泣き寝入りになりやすい。もちろん加害者側もそれを見越してそのような女性を用意する傾向も見られ、ちょい悪オヤジ狩り等に代表される近代犯罪の一形態として、同種事件が起こるケースも報告されている。実際にはアナウンサー降板事件に発展したケースもある。

美人局の過去[編集]

  • 映画アニメの吹き替えに登場させる。
  • ドラマに出演させる。
  • ユニットを組ませて歌を歌わせ、CDを販売する。
  • タレント(主にスポーツタレント)との縁談を紹介し、専属のアナウンサーにさせる。
  • フリー契約にし、ライバル他局に対する諜報工作を行う。
  • 漢字が読めなかったり常識が欠けているなどの「バカ」「ドジっ娘」を演出する。

関連項目[編集]


おそれいりますがこのままちょっとお待ちください.jpg この番組「美人局」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)