美しい日本国憲法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

美しい日本国憲法(うつくしいにほんこくけんぽう)とは世界一美しい国日本の国体を定めた憲法であり、安倍晋三首相によって制定された。

憲法の条文[編集]

  • 前文

我等大和民族は神聖なる天皇陛下の元ここに美しい国日本の国是を定める。

  • 第一条

天皇陛下は、大和民族の栄光の象徴であり現人神であらせられ、美しい国日本の主権を保有される。

  • 第二条

皇位は、世襲のものであつて、皇室会議の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

  • 第三条

天皇陛下の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負う。

日本国民は最終的な責任は誰が負うのかといった些末な疑問にとらわれてはならない。

  • 第四条

天皇陛下は、国政一般に関する一切を執り行う。

  • 第五条

皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行う。

  • 第六条 

天皇陛下は、内閣総理大臣及び各大臣を任命する。

天皇陛下は、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

天皇陛下は、日本経済の長たる東証第一部の会社役員を任命する。

  • 第七条

日本国民は、内閣の助言と承認により、お国のために、左の国事に関する行為を行う。

  1. 憲法改正、法律、政令及び条約を承認すること。
  2. 地震に際しては隣組を召集すること。
  3. 細胞組織を解散すること。
  4. 国会議員の総選挙で政府与党を支持すること。
  5. 国務大臣及び国会議員の天下りを承認すること。
  6. 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除に関して、共産主義者が含まれないよう署名を集めること、および、街頭インタビューにおいて重罰化を訴えること。
  7. 栄典を受け取る際には皇居の方角を向いて三跪九叩頭の礼を忘れないこと。
  8. 特定アジアからの流言に惑わされないこと。
  9. 法律で指定される外国の大使及び公使を検閲により削除すること。
  10. 一生に一度は伊勢・靖国参りを行うこと。
  • 第八条

皇室に財産を譲り渡すことは、日本国民にとっての名誉である。皇室からの褒賞を受けることは、日本国民にとっての栄誉である。

  • 第九条

日本国民は、平和を愛する諸国民など存在しなかったことを深く心に刻み込み、美しい国日本を愛し、死守しなくてはならない。

前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを増強する。徴兵制は、これを施行する。国の交戦権は、これをアメリカに委ねる。

徴兵制が適用されるのは日本国民及びその植民地の住民である。兵の三大欲求を満たすための炊事班、寝袋班、検閲により削除も同様に徴用される。植民地からの徴用の際には狭義の強制を避けるため、段階的に退路を断った上で、自発的な参加の形式をとらせる必要がある。

  • 第十条

日本国民とは、美しい国日本に三代以上続いて住んでいる日本人のことである。

特定アジアをはじめとした、美しい国日本以外の国籍を持つ人間を、一人でも先祖に持つ限りはこの限りではない。ただし、天皇陛下の徳を慕って帰化を願うものについてはこの限りではない。

前項は、アメリカ国籍の先祖には適用されない 

  • 第十一条

日本国民は、法律に叛かない限り一切の自由権利を剥奪されない。

  • 第十二条

この憲法が日本国民に保障する自由及び権利は、天皇陛下の御心によって日本国民に許されていることを深く自覚すべし。 日本国民は、これを濫用してはならないのであつて、常にお国のために精励する責任を負う。

  • 第十三条

すべて日本国民は、天皇陛下のため、お国のために死ぬ気概を持たなければならない。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、国益に反しない限り、立法その他の国政の上で、ある程度の尊重を許容する。

  • 第十四条

すべて日本国民は、天皇陛下の下に平等である。

日本人以外の民族は全て劣等民族であるからして、とりわけ検閲により削除などは検閲により削除であり検閲により削除されなければならない。

  • 第十八条

共産主義者を除き、いかなる奴隷的拘束も受けない。特定アジア民族は、検閲により削除に収監する。

  • 第十九条

思想及び良心の自由は、安寧秩序を妨げず国民の義務に背かない限りで保証される。

  • 第二十条

天皇陛下をはじめとする八百万の神々以外の神様を拝んだ者は死刑に処す。

  • 第二十一条

集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、法律に定める範囲において保障する。検閲は、法律の範囲内においてこれをしてはならない。通信の秘密は、法律の範囲内において守られる。

  • 第二十二条

日本国民は、国益に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。何人も大東亜共栄圏の建設にあたる限りにおいて、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

  • 第二十三条

学問の自由は、国威を顕揚する限りにおいてこれを保障する。

  • 第二十四条

婚姻は、夫の父兄の決意のみに基いて成立し、夫婦の問題については夫の父兄が決定権を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。法律は、家父長の尊厳と両性の本質的資質に立脚して、制定されなければならない。同性婚は、これを禁止する。

  • 第二十五条

すべて日本国民は、特定アジアの最貧民以上の生活を営む権利を有する。日本国民は、すべての生活部面について、健康の向上及び増進に努めなければならない。

  • 第二十七条 

すべて日本国民は、月収三十万円相当の勤労の義務を負う。

賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、前項を個々人が達成できるよう弾力的に運用する。児童は、これを酷使してはならないのであって、それぞれの資質に応じた労働を自発的に負うことは美徳である。

  • 第二十八条

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、前条を犯さない限りにおいて、これを保障する。公務員については、権利を認めない。

  • 第九十九条

すべての日本国民は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。

関連項目[編集]