織田信忠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「織田信忠」の項目を執筆しています。

織田信忠(おだ のぶただ)は南濃尾織田帝国5代目当主であり、大織田帝国2代目当主である。人生のちょうど半ばで未婚の嫁を残して死んだ哀しきプリンスであり、もし彼が生きていれば東世界すべてを手中に収めていた可能性が13%ほど残されていた偉大な人物である。その証拠に第七天魔王という異名も持つ。また、彼の死は明智光秀に追い込まれたことによる自害と言われているが、実はそうではなく、かの暗殺者のせいという珍説もある。

生涯[編集]

弘治3年(1557年)、織田信長の嫡男(笑)として生を受ける。この時付けられた名は奇妙丸というバカとしか言いようのない名だが、その辺りの事情はググればわかるのでgoogle先生に任せることにする。信長に「見せかけの王子は所詮クズなのだ」などと某野菜人っぽく家臣に晒されたり、能楽か幸若舞かで親子喧嘩をするなどなんやかんやあったが、立派な青年となる。

目覚ましい活躍[編集]

雑賀衆をフルボッコにする、織田一族の女とその夫をとらえて殺させるなどの残虐な輝かしい活躍をした。また、かの松永久秀は彼に殺されたと言われているが、逃げおおせて1582年に再び現れたという説が近年有力となって来た。

甲州征討[編集]

彼の最大の活躍といえばだれものうちの13%がこれを思い浮かべるだろう。甲州征討といえば聞こえはいいが、これは彼とその悪友重臣である鬼武蔵によって引き起こされた最大の殺戮ショーである。とはいえ、投降したものは家臣に取り立てるなどしたが。また、ここで未婚の嫁の兄である仁科盛信と戦うことになるが、何の躊躇もせずに城もろとも吹っ飛ばした。だが、未婚の嫁は逃げていて助かった。だが、すぐに本人は何者かの手によって殺されることになる。そののちも、不忠なバカを投降してきたのにTHE END したり、最終決戦を家臣に任せたりするなどの快挙を果たしている。

本能寺の変 その時[編集]

本能寺の変が起こった時、彼は妙覚寺にいた。そこで変を知ったのだ。だが、彼は「親父なんてどうでもいい」などと言いながら本能寺と逆の方向に行った。だが、途中で気が変わったように本能寺へ向かった。いわゆるツンデレというやつである。その途中で訳の分からない村井貞勝という人物がでしゃばり、本能寺は落ちたという報告を行った。信忠は逃げるつもりであったが、松永久秀の差し金織田長益によって二条城に籠ることになり、そこで自害した。確かに、明智光秀が本能寺の変の首謀者であったが、二条城の変は松永久秀のせいであるという説があることは前にも述べた。その根拠として挙げられているのは、彼が松永久秀に勝利した数少ない一人であったことと、松永久秀は死んだと思ったら生きていた人物であったことが挙げられており、そのリベンジマッチも兼ねていたとも言われている。

家臣[編集]

彼の家臣は個性的な人物が多いと言われている。

鬼武蔵
ヒャッハーの人。信忠軍団最強かつ最DQNな人物である。高遠城攻めの逸話が有名か。
滝川一益
あるときは忍者。またあるときは副将。もしくは茶人。すなわち謎の人物。
団忠正
ぶっちゃけ誰こいつ。
斎藤利治
一族より主君を選ぶ。だが最近では松永久秀が首謀者であることを知っていたとも。
織田長益
すべての元凶。人でなし源五である、または松永久秀の差し金であったとのどちらかで信忠を裏切ったことは史料からみて明白である。
池田恒興
父の悪友。甲州征討の途中で帰ってしまうお茶目さん。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

各界からのコメント[編集]

「あのさあ、逃げろよお前。あのクズなんか無視してでもさあ。」
織田信忠 について、織田信長
「嫡男が死んで飯がうまい。」
織田信忠 について、羽柴秀吉

関連項目[編集]

みなさん、松平です。 この項目「織田信忠」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)