縄文時代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「縄文時代」の項目を執筆しています。

縄文時代(じょうもんじだい)とは、を使って様々な文(読み方「あや」形、模様の意)を表現していた時代のこと。短い期間ではあったが、現代を生きる人々にもその影響は色濃く出ており、貴重な時代であったといえよう。

概要[編集]

当時は布を織る技術が発達していなかったため、人々は皆体に縄をまとう程度であった。露出狂か。女性はそれぞれ縄の材質や細さ、縛り方などで美しさを競っていた。男性はより女性を美しく縛れることが何よりのステータスであり、日々土器などを使って縄の縛り方を練習していた。この時の土器は縄文土器と名づけられ、縄文時代を研究する上で大変貴重な資料である。

練習台にされた土器に残された縄の跡から、その時に流行していた縄の縛り方が割り出せる。研究の結果、縄文時代は大まかに草創期・早期・前期・中期・後期・晩期の6期に分けられることが判明した。

時代区分[編集]

草創期
粗末な縄をただ巻きつけるだけで、縛り方による美しさは無かった。
早期
長く丈夫な縄が作られるようになり、簡単な縛りができるようになった。
前期
ぐるぐる巻きが主流になった。この風習はすまきにして海に放り込むという行為として現代にも残っている。
中期
縄が進化し、太い縄となった。これが現代によみがえったのが、某タイヤメーカーの味見係りである。
後期
細い縄が再度脚光を浴び、亀甲縛りやチェーンステッチのような縛りができるようになった。お洒落である。この風習はSMとして現代にも残っている。
晩期
縄の太さを自由に変えるようになった。神社のしめ縄はこの名残である。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

生活[編集]

縄の縛り方が複雑になるにつれて特に女性は身動きが取りづらくなり、前の時代のように住まいを移動しながら生活することが困難になった。そのため縄文時代の人々は定住を余儀なくされる。これまで通り狩猟による食料調達が主であったが、定住することにより食物栽培が可能となり、不猟の時にも飢えずにすむようになった。

食料[編集]

この時代はまだを作っていなかった。その代わり、クマシカうめぼしやたくあんやらっきょう、レンコン、クッキーなどを食べていたと思われる。また、そのころの人間は肉ばかり食っていた。こんな食生活ではメタボリックシンドロームになる人も相当いてもおかしくないのだが、実はあまりいなかったらしい。その理由は、まったく運動しないデブたちと違って、みんなが食べ物をとるために必死で活動し、その肉を食べた分の脂肪を消費していたからである。

歴史の渦に巻き込まれる! この項目「縄文時代」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事に進化しなければならない。歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)