緑川光

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「緑川光」の項目を執筆しています。

緑川 光(グリリバ 1968年5月2日 - )は、声優を副業とするゲーマーのことである。

人物[編集]

自殺願望が強く「任務完了」のためには自爆もいとわない責任感の持ち主。

しかし、自分と意見の合わない人間に対して「オレはオレの中にあるルールでおまえを悪だと断定する」や「やはりお前は社会に必要の無い人間だ」、挙句の果てに「毒虫がっ!」と言ってしまうあたり、自己中心的な側面が見られる。

「おまえを殺す」などと殺人予告をしてレス乞食に励むが、狂信者以外には相手にされない。

中学時代はバスケットボールのスタープレイヤーとして多くの高校から誘いを受けたが、当時厨二病真っ只中だったためにで弱小の湘北高校へ入学。女性には大人気で、本人非公認の親衛隊まで存在していたほど。当時のあだ名は「キツネ」「睡眠男」。

また、現役高校生でありながら、大企業「海馬コーポレーション」の若手社長だった。宝物は青眼白龍という紙切れ。カードゲーム業界に飽きてしまったのか、肩書きもろもろを含めて二代目に譲ってしまった。

セインガルド王国の客員剣士となるが実はマザコンだったために、母の面影を持ったメイドのマリアンに惚れてしまい仲間を裏切り敗北。直後濁流に飲まれ死亡説がささやかれたが、変な仮面をつけているところをフォーカスされて釣りが確定した。このとき厨二病が末期状態に。過去を断ち切るために真神煉獄刹という技を習得。

しかし……過去を断ち切りすぎたためか突然中国へと渡りロリコンに目覚める。「我が心に、迷い無し!」と開きなおりはじめる。

まぁ総括すると、クールで二枚目ということである。

日本でも五本の指に入るほどのバンプレスト製シミュレーションRPGのヘビーユーザーとして知られる。単にプレイするだけでは飽き足らず、頼んでもないのにデバッグを行う、自分が声をあてたキャラクターが弱いと文句を言う、逆に自キャラの機体の全体攻撃が強すぎると文句を言う、近年の作品は難易度が低すぎると文句を言う、「自分の声のキャラが出ない」とゴネてオリジナルのキャラクターを登場させる(無論自ら声をあてる)、などやりたい放題である。

2005年、ようやく同社に正式入社。以降チーフデバッガーを務める傍ら、スーパーバイザーという肩書きまで与えられ、ブロガー、音響等副業そっちのけで開発に勤しんでいる。

実は悪の帝王だったりする。

副業[編集]

声優として幅広い層からの人気を獲得している。特殊な感性をもった女性からの人気も絶大であり、声優であるファンも多い。 本人いわく同じ事務所の後輩である、駄メガネとは幼馴染という設定で、当時「めちゃめちゃやられた」らしい。 緑川ブリ声FC会員No.1(本人非公認)との共演が非常に多く、出演作品を見ていると、いつのまにか子安ファンにもなっていることがあるようなので注意が必要である。ラジオにゲスト出演する際に子安のテンションが異常に高めであったりすることから、子安キラーと呼ばれている。 もちろん、副業の仕事中も本業で頭がいっぱいであり、海外へ行った際携帯ゲーム機を充電するためにコンセントを使い、夜中に部屋を停電させてしまって神谷浩史に助けを求めた。しかし、ここまで色々と書いてきたが「青二一の真面目男」と名高かったりと副業に関しても余念はない。

蛇足ではあるが、出演ラジオをイヤホン非装着で聴くと始まった瞬間に後悔する。

自然現象[編集]

この項目と関連があるため加筆しているが、世界中の各地にて緑川光(リューセンクォウ)(英:Green River Light)という現象が発生している。それによると、どうも真夜中に川が深い緑色の眩い光を放ち、生物が現れるという。その生物は数日経過すると「世界からの修正」の働きにより自然消滅するが、不定期にこの現象によって発生する。基本的のどの生物も超人的な肉体能力を持つので、襲われないように注意するといいだろう。地域も様々に分布していて、1つの川からしか現れないタイプや宇宙にまで出没するタイプはかなり希少。一部では固有結界ではないかとも噂されている。

確認できた人物録[編集]

名前(発見された年) /主に出現する地域といった形で書くことにする。

マスターテリオン(紀元前数千万年前、2003年)/ニュージーランドと南米大陸と南極大陸の中間付近の海底深く
耽美な半裸の少年の姿をした生物。直径30キロメートルの空飛ぶタコや、全長数数万キロメートルの中に浮かぶどこでもドアを「お父様」とよぶあたり、人間とは別種の生物である可能性が高い。世界で初の目撃例である。
昇竜拳(もちろん素手)で巨大ロボットを宙に吹き飛ばしたり、飛んでくる核ミサイルに飛びうつったり、死んで生き返って死んで生き返って死んで生き返ったりした。本来の力を有した全盛期がこの時代らしい。後世に発見されたタイプも何かしらの超人性を有しているものの、数千万年の時を経て弱体化したらしい。
かつての栄華を取り戻さんと、バンプレストに猛プッシュしているらしい。2003年にはその強烈な力を持つために灰化しなかった残骸が発掘され、調査に当てられている。
劉鳳(2001年) /神奈川県一部流域
正義を貫く青年のような姿をした生物。今のところこの地域にしか現れない。
無理に刺激を与えると、敵とみなしアルター能力を使って断罪されるので注意。また、カズマを見ると問答無用で襲ってくるので気を付けるといい。
物質から物質への再構築の能力を持つ事から、恐らくこの現象と何か関わりを持っていると思われ捜索を続けられているが悉く返り討ちにあっている。
黎星刻(2008年) /黄河
高い知能と戦闘能力を持った生物。どこか中華風な服装をしている。
なお、忠義の名を被ったロリコンであるため子連れの人は注意。ジノを見ると真っ先に喧嘩しようとするので劉鳳の亜種と考えられている。同じ中華系のマオを見ると虫唾が走るらしい。
流川楓(1993年) /湘北高校付近
天才バスケット少年の姿をした生物。時にアメリカなど世界各地で出現する。
ぶっきらぼうで面倒くさがりなので、あまり彼の姿を見る人間は少ない。見つかったとしても大抵は寝ている。起こそうとするとどあほうな事をされて涙目になってしまう。桜木花道を送り込むと大抵喧嘩になるそうだ。
ヒイロ・ユイ(1994年) /L1コロニー内部
強靭な肉体を持つ少年のような生物。身長は156cmhydeの身長も156cm。出現時に搭乗機も一緒に現れる。
母性本能をくすぐるような姿をしているが、ぶっきらぼうで無口で無愛想。更には無鉄砲で向こう見ずな性格なためなのか、基本的に出現してから1時間経過するとウイングガンダムで自爆消滅している。先述通りすぐに消滅してしまう事やどこか劉鳳のような頑なな部分を持っているため、研究者からは彼も何かこの現象に特別なかかわりを持ってるのではないかと考えられている。
リオン・マグナス(1997年)/セインガルド王国
甘いもの大好きツンデレ坊ちゃん。
マリアンのためなら仲間を平気で裏切り殺しにかかるほどマリアンが大好きだが、
母親の影であることからマザコンなのか、それともメイド萌えなのかはまだ解明されていない。
おっきなおねえさん達からの人気が高い。
海馬瀬人(1998年)/童実野町
キャベツ。DQN
現在は主に津田健次郎が目撃される。
ソフトン(2003年) /バビロニア全域
独創的な頭をし、クールでいなせな生物。何故か彼に近づこうとすると魚雷が飛んでくるみたいだ。
ボーボボとは最初は敵対関係であったが、ヒロインの兄補正その他諸々で9戦士の一人に。ボーボボ以外の子安キャラを投下したらボコボコにされる。
主な出現箇所はバビロニアだが、世界中のどこでも現れ修行と称しアイスクリームを販売している。一応友好的な生物だが、あまり仲良くしてるのを人目に見られたくない者でもある。
天津飯(2009年) /天下一武道会会場付近
ブライトさんが引退してしまったために生まれた武道家の姿をした生物。三つ目である。
チャオズが大好きでショタコン疑惑が浮上されている。
大概目撃される時は修行中であるため、邪魔しない限りは友好的に接してきてくれるだろう。
芳野祐介(2004年) /電柱付近
川から精製されては必ず電柱に寄り付くという変わった性質を持つ電気工の姿をした生物。
その正体は熱いロックな生物で、その他のクールな生物と違い信仰の対象にまでされている。
棗恭介を見ると意気投合する。
棗恭介(2007年) /不明
世界の秘密」を握ってるのではないかとされる学生の姿をした生物。
リーダーシップ性が高く、これらの生物の司令塔のような役割ではないかと考えられている。
他のキャラ同様二枚目でクールと言えばクールだが、本物の馬鹿である。そのため、どこかの川から生まれ出た時は必ずのらりくらりとどこかを遠出し旅している。
遊びの天才で、よく子供と遊んでいる姿を見られる。その姿はまさに好青年であると言えよう。
錆白兵(2010年) /周防・巌流島
一見すると女にも見える青年剣士の姿をした生物。「拙者にときめいてもらうでござる!」と鳴く。
数少ない情報によれば「空に浮いている太陽(月という説も)を真っ二つにすることができる」とまで評される剣技を有し、性格は無愛想な半面、弱い者に優しく、さらには彼を捕えようとして失敗した者たちは、口を揃えてその姿の美しさを絶賛している。ただし、基本的に生息地は不明であり、その姿を目撃されたことはほとんどなかった。
ところが某年の四月上旬、周防(現・山口県)の巌流島にその姿を現すという極秘情報が流れ、多くの学者たちが調査のためにその地を訪れた。しかし、彼らの眼前に広がっていたものは、見るも無残に破壊され、荒廃した巌流島の変わり果てた惨状のみであり、目指す錆白兵はおろか、猫の子一匹見つかることはなかった。
結局、この怪事件以後、錆白兵の目撃情報はぱったりと絶え、研究は行き詰ってしまっているのが現状である。不思議なことに同年三月上旬頃、巌流島にて錆白兵が上半身裸の大男と戦っている姿を目撃したと証言する者が多数現れた。その戦いは海が裂け岩盤が砕かれ大地が割れる、まさにこの世の終わりのような様相であったとされるが、しかしその一方で、錆白兵は同時期に他の場所でその姿が確認されていたこと、同年四月初頭時点で巌流島に異常がなかったことから、調査上の大きな謎となっている。
ウォン・フェイフォン(創始暦9999年、1998年)/イグニス大陸など
髪を後ろで縛っている長髪の、接触者とか触れざる者とか呼ばれている生物。別にむせる訳ではない。
絵を描くのが趣味で、かなり悪戯好きの子供っぽい所があるが、それは検閲により削除である。怒りが頂点に達すると真っ赤になる、明鏡止水の境地に達すると暗黒盆踊りを始めるなど、様々な奇行をおこなう事もあるが、だいたい親とか師匠とか保護者とか友人のせいなので気にしてはならない。井戸を怖がったり、臆病者と言われることを強烈に否定したがるが、お察し下さい
迷子の達人レベルは、ヒイロ・ユイやマスターテリオン、マサキ・アンドーにアサキム・ドーウィンと同レベルか、それ以上なのは周知の通り。
なお、本人曰く「エレハイムは俺の嫁」とのことらしい。まったくもって(ry

関連項目[編集]