総武本線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
総武線から転送)
移動: 案内検索
「敵うもんか。総武本線には、恐ろしい友がついているんだ。JR東日本の出先機関のある、不死身の労働組合動労千葉…。」
総武本線 について、ククル

総武本線(そうぶほんせん)とは、東京(各駅停車は御茶ノ水)~銚子間を結ぶJR東日本が管轄するチバラギ共和国の重要幹線。名称は主に千葉以東のDQNローカルな区間を指す事が多いが、東京~千葉間の快速線もここで扱う。各駅停車はここを参照されたし。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「総武本線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「総武本線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ルートは東京(各駅停車は御茶ノ水)~錦糸町千葉佐倉成東銚子。快速線と各駅停車の併走区間はこのうちの斜自体部分。半数以上の快速列車は湘南に憧れて横須賀線を侵略した結果横須賀線は総武快速線の言いなりになってしまった。快速線は房総地区の路線の快速列車として直通する事も多い。1日に1本あずさが来る(あずにゃんではない)。ラインカラーは千葉から西は快速線は紺とクリームのスカ色、千葉以東と各駅停車は黄色である。

快速線[編集]

停車駅

地下ホームの東京駅から発着し、新日本橋、馬喰町を過ぎて、両国に到達するが、駅には止まらない。かつては両国駅発着の列車に乗って毎日相撲を取っていた大関にある日突然「各駅でいいや」といわれて、切れた国鉄総裁がSM分離の際に両国を微妙に通過するというルートを取り、同時に横須賀線のトンネルと接続する際に都合が良かった事からこのルートが採用されている。ちなみに千葉駅の線路配置だけを見ると外房本線だと勘違いするのも同じ理由である。錦糸町で各駅停車とご対面するが、大抵各駅停車が発車した後に快速が到着するため、不便である。馬喰町と浅草橋は近いからよしとしましょう。ここから並走区間が始まる。本数が各駅停車の方が多いため、例えば錦糸町~新小岩などの近距離の駅へ行くときは、各駅に乗る方が早かったりする。話を戻そう、新小岩をでて、江戸川を渡るとチバラギ共和国最初の宿駅の町、市川に到達する。市川では一部列車で特急通過待ちを行なうが、パスポート拝見がされる事も多いので持参を忘れない事。パスポートを忘れた場合はお察し下さい[1]市川を出て船橋に近付くと、京成本線が接近してくる。東船橋を通過すると、津田沼に到着するが、一部の列車にここで折り返されると本当に面倒くさい。幕張本郷(快速線は通過)あたりで京成の短編成の列車が負けじと急ぐ様子は電気代の無駄であるが、なぜか応援してあげたくなる。209系たちの棲む家を過ぎると、天下の東京歯科大学がある稲毛に到着する。稲毛を出て二流大学の千葉大学のキャンパスと西千葉駅を横目に通り過ぎると列車は千葉駅に入る。千葉以東は一部に外房線の上総一ノ宮方面や内房線の君津方面に直通する列車もある。

千葉以東[編集]

  • 主要駅
千葉駅 - 佐倉駅 - 八街駅 - 成東駅 - 八日市場駅 - 旭駅 - 松岸駅 - 銚子駅

千葉を出ると成田線との重複区間となり、進路を北に向ける。都賀、四街道を出るとあたりは段々とゆとり風景になる。物井をでると次は佐倉となる。佐倉からは京成本線との勝負を成田線に任せ、総武本線自体は八日市場を経由すべく進路を156度東に向けるが、1本の成東行き以外は成田方面に行く。ちなみに同線はここから単線。快速を取られたり成田線の上り線を横切ったりでどっちが本線だかわからなくなり何だか不条理だと心の中で不満に思いつつも成東へと目指す。まあこっちの方が銚子行く分には早いモンね。お察し下さい[2]行き違いのために駅で待ち合わせが多々あるが、南酒々井駅とか何も無い駅で10分近く停車するのは乗客にストレスを与えている行為に他ならない。八街、成東、八日市場[3]、旭とチバラギ共和国の領土を横断し、 松岸ですっかりしょぼくれた成田線を取り込んで銚子に着く。銚子電鉄との乗り換え駅であるが、しょうゆのかほりが凄まじい。

歴史[編集]

鉄道敷設ブームの中、日本鉄道会社の上野~高崎間が成功した事に触発され、チバラギ共和国の首脳達が鉄道の敷設を検討。しかしその頃貧乏だった同国は、馬車を走らせる事を当初計画したが、マックスコーヒーの空前の大ヒットで資金が調達でき、佐原と成東のお偉いさんが建設の特許を出願。しかし輸送の主体が水運に移りつつあったことを理由に却下される。逆上した両人は国府台津田沼、佐倉等の軍営所在地を通るルートを採用する事により陸軍を味方につけ、圧力をかける形で再び申請。路線はその後本所 - 市川 - 船橋 - 千葉 - 佐倉 - 八街というルートで建設された後、時代の変化にあわせて千葉以西は電化が進んだが、千葉以東は未だにDQNな状態だった。今の総武本線の状況はこのときから運命として決まっていたかもしれない。戦争後は全線にわたって近代化が進んだ。しかし、国鉄の民営化のときに国鉄千葉労働組合(通称:DQN)がパンの生地と駄々をこねて浅草橋駅を破壊して困った。 今も同組合はJRにとって目の上のたんこぶである事はお察し下さい。新線建設の話も出ているようだが誰も気にしない

使用車両[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 特急の場合は上りは千葉駅か成田空港駅、下りは東京駅で乗車の際に拝見、通過待ちをしない快速は新小岩~市川間の走行中に車内検札、通勤快速はお察し下さい
  2. ^ ちなみに成東へは外房線から東金線経由で行くほうが早い。
  3. ^ 総武本線経由の銚子(千葉)行きの場合、下に「八日市場回り」と書かれている。何故成東ではないのか。

関連項目[編集]