総無省

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「総務省」の項目を執筆しています。

総無省(そうむしょう、Ministry of Internal Affairs and Communications)は、日本の霞ヶ関永田町の雑用を請け負う機関。霞ヶ関と永田町は「総務省」と呼んでいるが、実際は無能で、民衆の生活なんて眼中に無いので、「総省」と嘲笑されている。

概要[編集]

総無省は名前は「省」という名前で運営しているが、実際のところは総無省や総無庁でもなく「総無屋」というのが正式名称である。総無屋がなぜ総無省と呼ばれているのかというのは、韓国9000年の歴史以上の謎である

総無屋というのだから、愚民が見るマスメディアへの報道規制、愚民の下へと山のようなダイレクトメールを配ったり、大学で愚民どもを洗脳したり、システム改造して国家への侵略を企んでいたりと、全てを無に帰することばかりを考えている。

このことから、国会議員高級官僚からはパシりとして位置づけられ、総理大臣の下の世話や、年をとった元国会議員の人たちの世話、官僚にパンやジュースを買ってこいと脅され買って来たりしている。しかし、総無屋の方はそれが快感らしく、この仕事に満足しているそうだ。

一部では、「走務屋」とも言われている。

組織[編集]

  • 最高走務局
    一流のパシリのために生きる人たちが集まる局。どんな理不尽な内容のパシリでもやってのける。ただし、高級公務員か国会議員のみ
  • 高等走務局
    二流のパシリのために生きる人たちが集まる局。あまり理不尽なないようだとキレて言う事を聞かない。しかし、これも中級公務員か国会議員の秘書などしか使えない。
  • 地方走務局
    地方に霞ヶ関と永田町の犬を送って、地方政府を去勢する為の局。銭で地方を支配する為、正に外の省庁のパシリである。
  • 簡易走務局
    四流の人たちを集めた局。もはやパシリを受け付けない。ただいるだけ。これは地方公務員の低級部しか使えない。
  • 家庭走務局
    893。頼んでないのにいきなり現れ、公務なのに追剥のごとく金を取り、何をするわけでもなくそのまま退散する。その名のごとく一般家庭が使用できる組織。


関連項目[編集]

にほんのおやくしょ
ほんぶ
なんでもや てんのう ゆうびん
きまり おつきあい ちょきんばこ とりひき こうつう
おひゃくしょう おべんきょう けんこう かんきょう くにをまもる
ねんきん てんきよほう やま ざおらる(にせもの)
きゃくほん ねんぐ おほみこともちのつかさ