緊縛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

緊縛(きんばく)とは、男と女の愛情を再確認するためのSMから派生したエクストリームスポーツの一種である。それには大きく分けて、通常の裸体緊縛着衣緊縛とに分けられる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「緊縛」の項目を執筆しています。

目的[編集]

緊縛とは、そのと縄が食い込んだ肉体もしくはそのスタイルによって生み出される美しさを競うものである。一般に縄を掛ける人は縄師と呼ばれる。また縛られる側の人間はどうゆうわけかこれといった呼び方はない。主に縛られ側に回るのは少女であり、その丸みを帯びた肉体と縄が織り成すファンタズィは男性には決してまねできない美しさだといわれている。

一般的な縛られ側の層[編集]

2009年現在の調査によると「緊縛」は、巫女、女学生、幼女、OL、リクルートガール、和服、バトンガール、女スパイやくのいちなど世代や職種を超えてさまざまなさまざまな層に愛されている。世代を超えて少女はこぞって縛られたがり、現在の日本の重要な文化の一つにまで昇華している。

ルール[編集]

このエクストリームスポーツは、基本的には講演の流れの採点と完成した緊縛作品の評価の二つからなる。つまり、緊縛自体がSMの派生にあるため、縛る側と縛られる側の間の絶対的な信頼を見せつけ、また作品の美しさの総合評価となる。縛られる側は基本縄師には反抗できない(しない)ため、より危険で美しい縛り方であるほど点数が高くなる傾向になる。

歴史[編集]

緊縛の歴史は以外に古く、桃山時代にまでさかのぼることができる。この時代には、情報が一国の運命を左右するものと認識が高まり、忍者と呼ばれる労働組合が誕生した。この労働組合に属した少女を主にくノーと呼び、現在でいうところのハニートラップ的な任務を果たしていた。そして、潜入していた少女がその正体がくノ一であるとばれた時、この当時の風習として捕縛が行われるのだが時の江巣笑国大名である伊藤春雨がそのくノ一の縛られた姿にフルボッキし、やがて江巣笑国中に新しい芸術としてその文化の発展を奨励した「緊縛少女もへもへのススメの書」を発表したことに始まる。

主な縛り方[編集]

緊縛の基本はなんといっても後ろ手縛りである。その拘束性、美しさに加え優れた機能面の3つすべてを併せ持つこの縛りはここ200年間世の男たちを魅了してきた。後ろ手縛りを制するものは緊縛美を制すとまでいわれる。

モータースポーツ[編集]

緊縛はモータースポーツの一ジャンルとしても知られている。シングルシートのSSやオフ車といった、およそ荷物を積むのに適していないオートバイに、できるかぎりのヒトとモノを結わえつけて公道で露出プレイする技術を競う。

ツーリングの流行とともに、このような野外緊縛プレイも流行をみせている。

熟練者になると、人の背丈を超えるほどの巨大な緊縛摩天楼を建築しているという。公道で見かけたら、その真後ろを走るのは避けたほうが無難である。

なお、公道での露出プレイは、道路交通法により本来はエロいため禁じられている。

関連項目[編集]