緊急警報放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「緊急警報放送」の項目を執筆しています。

緊急警報放送(きんきゅうけいほうほうそう)とは、地震が予知された場合に、放送に特殊な信号を乗せ、受信装置のスイッチを強制的にONすることで、地震の危険を伝えるものである。通称EWS。

概要[編集]

地震が予知された[1]ら、30分以内に地震予知会議を招集[2]し、大地震の危険性が高まった場合、政府・自治体からの要請でこの警報放送が行われる[3]。このシステムの実現には法制化が行われており、多額の予算が投入されている[4]

デジタル放送でも、このシステムは継承されており、対応する受信装置では、デジタル放送を受信して常時その伝送情報TMCCを解析するだけで緊急警報放送に対応することができる。なお、電源OFF時に伝送情報を解析するには、デコーダー以外のほぼ全回路を動作させておく必要がある。

NHKは毎月1日の正午前、民放の多くは月に1回程度、放送終了時にテスト信号を流している。[5]

[編集]

  1. ^ 長年の研究の結果、地震予知はできないとされている。
  2. ^ 地震予知連絡会は欠員の山であり、招集をしたところでたいして人は集まらない。
  3. ^ 放送システムは現実に存在しており、極々一部では、対応商品も売られている。
  4. ^ 念の為にもう一度書くが、地震予知はできないとされている。
  5. ^ 過去に2回、テスト信号と間違えて本物の信号を流した事があるが、誰も気がつかず全く実害は無かった。良かったよかった。

関連項目[編集]