綿飴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
綿菓子から転送)
移動: 案内検索

綿飴(わたあめ)とは、砂糖に熱と圧力をかけ細長く伸ばした繊維を絡めた綿状の素材である。非常に軽く、水や熱で溶けやすい性質を持つ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「綿飴」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

麻薬性物質である砂糖を綿状の素材として加工する技術が発明されたのは1897年であった。この素材が人気を博したのは1904年であり、「Fairy Floss(妖精の繭の意)」の商品名で販売された綿飴は爆発的に売れた。

日本へはそのすぐ後に輸入されたが、本格的に普及するのは戦後である。それ以前は綿と言えば木綿(一部には真綿)が主流であった。

使用法[編集]

  • 断熱材
綿状であるため断熱効果がある。ただし、綿飴自体が熱に弱いため、対応温度は20度以下である。従って、衣類の詰め物等には向かない。
  • 緩衝剤
綿状であるため衝撃を吸収することができる。ただし、綿飴自体が衝撃に弱いため、ごく軽度の衝撃に対してしか使ってはならない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

なお、綿飴を紡績によって糸に加工する技術は知られていない。

製法[編集]

主な原料は粒上のザラメ(砂糖の一種)で、溶かしたザラメを火炎法・遠心法などで綿状とし、巻きつけ整形したものや袋詰めになったものが製品となっている。

火炎法[編集]

溶かした原料をガスバーナーで吹き飛ばして作る製法。燃料コストが高額になるため、現在では繊維径が細い製品以外では用いられない。

遠心法[編集]

スピンナー(スピナー)と呼ばれる、側壁に小さな穴があいた容器を高速回転させ、上から溶かした原料を入れ、遠心力で側壁の穴から吹き出させた繊維を集めて作る製法であり、これはグラスウールロックウールとほぼ同じである。スピンナー法とも呼ばれる。現在ではほとんどがこの製法で製造される。

その他[編集]

触ると脆く縮れて固まってしまうため、普通は袋に入れた状態、もしくは木の棒に巻きつけられた状態で使用される。取り扱いには注意を要し、持ち運び時の衝撃でつぶれてしまう場合もある。

関連[編集]