綾部市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「綾部市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「綾部市」の項目を執筆しています。

綾部市(あやべし)は、舞鶴県の都市の一つ。グンゼ発祥の地であるが、それよりも大本発祥の地として、宗教都市として知られる。

概要[編集]

古代には渡来人である漢(あや)氏の所領であり、漢部(あやべ)と表記していたが、渡来人を嫌うネトウヨにより現地名に改名された。しかし祖国ラブの渡来人もいたためか、中国の常熟市と友好都市となり、交流している。ただし、何の交流しているのか多くの市民はほとんど知らず、いろいろと黒い噂も絶えない。

また、エルサレムとも友好都市関係を結んでいる。よりによってなぜテロ国家の都市と、という気もしないでもないが、エルサレムと友好都市となったのは日本では綾部市が初めてであり、本人たちはご満悦のようである。なお、こちらを仲介したのは大本であり、宗教都市としての面目躍如である。

グンゼ[編集]

グンゼ発祥の地として小学校の社会科で学ぶため、綾部市民にとってグンゼの存在は誇りである。しかしグンゼの本社機能は東京と大阪に移っており、綾部本社は登記上は本店であるものの、事実上名誉本社であり本社としては機能していない。

水源の里[編集]

過疎が著しい地域を限界集落と呼びたくないため、呼び名を変えた。しかし、XXXXXお察し下さいと言い換えるのと同じく、言い方を変えたところで本質は変わらないとの説もある。

みどころ[編集]

  • 安国寺 - 一休さん不在の安国寺。足利尊氏ゆかりの寺である。安国寺のある一帯(何鹿郡上杉荘)はかつて上杉氏の祖上杉重房の所領であり、関東で大発展し上杉謙信などの有名人を排出した上杉氏の名字の地でもあるが、地元でもそのことを知るものは少ない。
  • 光明寺 - 古代の大工、聖徳太子が建てた寺。
  • 寺山 - 市街地の南にある山。正式には「藤山」という名前だが、地元に正式名称で呼ぶ者はいない。山頂に平和の鐘というものがあるが、鐘と称しながら実態は高さ約2メートルの巨大音叉である。また、毎日朝7時半と夕方6時に市内全体に響き渡る音楽を流している。朝は明るく元気な曲であるものの、夕方は暗く幻想的な曲であり、黄昏時の陰鬱な気分をよりいっそう際立てている。

関連項目[編集]