絶対可憐チルドレン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「絶対可憐チルドレン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「絶対可憐チルドレン」の項目を執筆してくれています。

絶対可憐チルドレン(ぜったいかれんチルドレン)は、椎名高志による漫画、及びそれを原作とするアニメである。通称は「糸色チル」。現在、漫画は週刊少年サンデーにて連載中。アニメはテレビ朝日テレビ東京系列の放送局で、主に土曜深夜32:30~33:0034:00~34:30枠で放送されていた。

「絶対」とは「絶対的」の略であるから、誰が何と言おうが彼女達は可憐である。

概要[編集]

このように読者層は非常に幅広い。

世界でトップクラスの超能力を持つ10歳の幼女3名と、いい年して彼女ももいない、ごく普通の青年がズダーンする漫画。また、たまに酷い話もあり、それは『エルフェンリート』と全く酷似であるという。

そこだけ読めば、どう見てもロリコン漫画です。本当にありがとうございました。

3人の幼女が国家のもとで国防をするという設定は『陸上防衛隊まおちゃん』のインスパイアである。これはおそらく、『陸上防衛隊まおちゃん』の原作者・赤松健が『GS美神 極楽大作戦!!』の萌えの皮を被ったバトル漫画という設定をインスパイアした漫画を執筆していることのお返しと考えられる。

女尊男卑をテーマにしており、パンドラの箱(=ぴー)がバベルの塔(=ぴー)を攻めるところからも伺える。

登場人物[編集]

バベル[編集]

左のメニューにバベル(Babel)ってあるじゃん?それそれ
野上 葵 (のがみ あおい) (声:白石涼子
ザ・チルドレンの黒ロリ。
なお、よく勘違いされてしまうが生まれは奈良県である。極能力者。
リミッターはメガネであり、リミッターを外すと月面までワープできる。
性感帯である左耳にでっかいイヤリングをはめて感じているムッツリ少女。眼を瞑っていても男根の大きさは察知できる。
一度悪さしてくすぐり拷問刑を受けた経験があり、それ以来トラウマらしい。だが、そんなのはどうでもいい。澪に足奪われ どうなったかは 言うまでない。
父に似て不幸そしてへっぽこだがそれでも「何もやらない事の言い訳にはならない」。なお、このセリフを皆本の前で言うと何故か少し反応する。
三宮 紫穂 (さんのみや しほ) (声:戸松遥
ザ・チルドレンの白ロリ。極能力者。
3人の中で最も婆くさい大人っぽい容姿(中の人はピチピチの平成生まれなのに)と婆くさい大人びた声と地味な能力のせいで不人気であるため、1人くらい居なくたって戦闘には全く影響しない。
明石 薫 (あかし かおる) (声:平野綾
ザ・チルドレンの赤ロリ。極能力者。
空飛ぶローラーブレードで飛び蹴りも食らわすが、よい子はマネしないでください。
クイーンになった際の彼女のお仕事は「ノーマルを愛してしまったエスパーを処刑する」パニッシャーらしい。「あなたに、夜が来る…!
心の奥底に果て無き冒険スピリッツが眠っている。
ラジオ番組絶対可憐放送局でハブにされた。
皆本 光① (みなもと こういち) (声:中村悠一(ノーマル時)/釘宮理恵(少年時))
ザ・チルドレンの現場運用主任。無能力者。非童貞にして素人童貞気質。実は乙女座仮面女の子の前で正装だから、やっぱり地味。超能力を持っていない普通の人間だから、もっと地味。女心が分からないから、結局は地味。幼少の頃に小学校から追い出された理由は、釘宮病ウイルスをばら撒いていたため。
女心がわからないからザ・チルドレンにフルボッコにされる毎日を送っている。でもそれに耐えられる。つまり、今の皆本は…阿修羅すら凌駕する存在だぁぁぁっっっ!!
薫が大人になるのを舌なめずりして待っているロリコン(談:明石薫)。いつもチルドレンを引き連れている為、度々ロリコン疑惑がかけられるが本人は否定している。そんな皆本に対し、薫と親しいロリコン(でもある)オヤジが「ロリコン“でもある”という生き方もあるんだぞ」と救いの手を差し伸べたらしいが本人は納得していないようだ。
未来では薫と一騎撃ちするらしい。まさしく愛。
腹の中は真っ黒という噂が(腐女子の間で)広まっている。
賢木 修②(さかき しゅうじ)(声:谷山紀章
サイコメトラーSHUJI。絶対能力者。皆本の友人Aかと思いきや、実は皆本よりチルドレンとの付き合いが長かったり、チルドレンの一角とフラグを立てまくったり、エンディングでリードボーカルしたり出世街道まっしぐら。
桐壺 帝③ (きりつぼ たいぞう) (声:小杉十郎太
バベルの局長。無能力者。ザ・チルドレンを溺愛する。その威厳と地位を使い、夜な夜なザ・チルドレンとうふふな事をしている。そのため、周りからは「変人(スプーキー)」と呼ばれている。
50代で普通の人間だとは思えない戦闘力を持つ。もちろん相手をボコボコにする際の掛け声は「オラオラオラオラァッ!!」である。
魔法メイド少女
ぜったい!チルチル

20060610-3s.jpg
監督: 柏木朧
脚本: 柏木朧
CG: 柏木朧
メカデザイン: 柏木朧
音楽: 柏木朧
出演 
チルチル: 柏木朧
イターシャ: 柏木朧
柏木 朧 (かしわぎ おぼろ)(声:浅野真澄
行き遅れ間近のバベルの秘書官。無能力者。白皇学院動画研究部で培った技術を用いて右記のような特撮を制作、保管している。
ダブルフェイス (声:中尾衣里佐藤利奈
超能力者。番組の解説と実況を務めるお姉さん。外ハネと内ハネ。眼がいい方と耳がいい方。ツッコミとボケ。金好きと男好き。他人の物の中を覗き見る人と他人の心の中を覗き見る人。なつことほたる。どっちがどっちかわからないが、大人になった葵と紫穂らしい。
蕾見 不二子 (つぼみ ふじこ)(声:ゆかな
本来ちちしりふともも星人の作者が「ガキばっか描いてられるかー!」と言う事で登場した爆乳おばあちゃん姐さん。絶対能力者。登場時に3段ぶち抜きで全身が描かれるのが、当作品のお約束となっている。アニメでは2クール目最終話に初登場となったが、何故かゲームに先に出演している。見た目よりだいぶ年取ってるという意味でも、中の人的意味でも激しくC.C.に似ている。枕?枕がどうかしたの?
原作では本当にC.C.のコスプレをしていた。アンサイクロペディアらしくないことではあるが「事実」である。その原因はお察し下さい
梅枝 ナオミ (うめがえ なおみ)(声:藤村歩
コードネームはワイルド・キャット。絶対能力者。キュート&クールの二重人格からキュート&ワイルドの二重人格へキャラ変更した逆パワハラ女子高生。
バビル2世(ばびる2せい)
B.A.B.E.Lの清掃員。本名はたぶん山野浩一。目的遂行のためには敵を生き埋めにしたり水攻めにしたり人質をとって脅迫することを躊躇しない。外道である。

パンドラ[編集]

超能力者の超能力者による超能力者のための、超能力で金品を略奪するサークル。SOS団みたいなものを目指しているが、実状はS(助平)O(親父)S(支援)団(団体)。
兵部 京介 (ひょうぶ きょうすけ) (声:遊佐浩二
団長。薫を嫁にすることを目論み、カタストロフィ号というNice boat.を彼女にプレゼントするロリコン80歳。極能力者。
キャラソンの某曲で「強引に接吻け(くちづけ)」ようとしたりする。多分潜在的に鬼畜的な性格を持ち合わせていると思われる。この相手は腐女子の間では皆●だと言われている。桃太郎よりゲームが下手くそで、ゲーム中に話し掛けてはいけない。
コイツが受●になる場合は腐女子の間では(何故か)ツンデレになることがあるという。さらにその相手も●本の場合が多いと言われている。
精神年齢はチルドレンと変わらないと思われる。
さらに原作では不二子さんに対抗して市丸ギンのコスプレをしていた。アンサイクロペディアらしくないことではあるが「事実」である。その原因はお察し下さい
マギー司郎 ( - しろう) (声:落合弘治)
永遠の副団長。老け顔の20代。年老いた京介の介護員。大好きな少佐より黒スーツが大事。絶対能力者。
筑紫 澪 (つくし みお) (声:釘宮理恵)
ツンデレ。3人に分裂できるので、色々な事ができる。モモンガや皆本少年に変身したりもできる。絶対能力者。
同時に流行型ウイルスも散布する。
桃太郎 (ももたろう) (声:釘宮理恵)
釘宮病ウイルス散布実験用動物。超能力者。
マッスル 大鎌 (まっする おおかま) (声:三宅健太
筋肉質なオカマ。「鋼の錬筋術師」を自称する。超能力者。サングラス外して普通の服を着ればイケメンだが、そんなことは稀な上基本オカマ口調なので腐女子のネタにされることは少ない。
とあるドイツ人の稀代の天才バイクレーサーの盟友で大ファン。彼の悲惨な死に様を見取った。
実は変身して機械と融合出来る能力があるが、諸々の事情でP.A.N.D.R.A.の人間全員にその事を隠している。
藤浦 葉(ふじうら よう) (声:羽多野渉
ジジイに対して好意を表しすぎており、パティの餌食になっている。絶対能力者。
幼い頃からジジイ依存症。
腐女子の為につくられたキャラ。
火野 カガリ(ひの - )(声:入野自由
超能力者。後番組の主役なんだけど1ヶ月フライングしてしまった。トレードマークの燃える野球帽は後番組で不採用になった。
玉置 カズラ (たまき - )(声:加藤英美里
超能力者。

黒い幽霊[編集]

ブラックファントム (声:立木文彦
黒い幽霊のボス。顔を隠しているが、声からしてまるでダメなオッサン。略してマダオ
雲居悠理(くもい ゆうり)/ユーリ/ミラージュ (声:井上麻里奈
極能力者。やたらコードネームが多いが、実際は椎名及び絶対可憐チルドレンを監視する為に久米田康治が潜入させた工作員であり、コードネームきっちり

普通の人々[編集]

さまざまなメディアで「普通」と呼ばれ屈辱を味わった者達がグラサンで登場。

コメリカンヒーローズ[編集]

アダム・ハミルトン
極能力者。
J・D・グリシャム
メントスコーラで敵をぶち抜くジジイ。絶対能力者。当然銃弾能力者には勝てなかった。

ゲストキャラクター[編集]

古泉 一樹(こいずみ いつき)(声:小野大輔
日本でレベル7の超能力を持つ唯一の男性である。念動能力と空間移動能力が使える。とある「機関」に所属している。得意技は紅い光球で、出すときは大声で「ふんもっふ!!」とか叫ぶ。
さらに姿を変える分を除く超能力を全部封印し、姿を変えインパラヘン王国の皇太子としても存在する。
織田 信長 (おだ のぶなが)
椎名高志の漫画『MISTERジパング』の主人公。やっと1コマだけ登場。
美神令子、横島 忠夫、氷室キヌ (声:鶴ひろみ、堀川亮 、國府田マリ子)
1巻のおまけページに登場。
キモオタ (声:椎名高志)
美神の大ファンだというが、マッチポンプなのは確定的に明らか。

用語[編集]

超度(レベル)
萌え力の強さを0〜7の尺度に分類したもの。数字が大きいほど強い力ということになる。[テストに出るよ!]
超度0(無能力) 説明不明。しかし、自分の隠し技を感じる。
超度1(低能力) ロリコンや、変質的なアニオタなど敏感な人が感じる程度。
超度2(異能力) 大勢のオタクが本能で感じる。同人誌が売れる程度。
超度3(強能力) 対象者の心が大きく揺れ、あそこなどのつり下げ物が大きく揺れる。
超度4(大能力) 童貞が倒れ、ニュースしか見ない人にも感じられる。全男達のあそこが驚いて外に飛び出す。
超度5(超能力) 同人誌の割れ目ばかりが目に入り、コミケのオフィシャルグッズ売り切れで東京国際展示場が倒れる。
超度6(絶対能力) 信者の理性3%以下。社会現象や警察が発生する。
超度7(極能力) あらゆる常識が破壊され、オンリーイベントで同人誌などが飛ぶように売れる。会場のトイレがイカ臭い
ECM
超能力対抗措置(Esp Counter Measure)いわゆる『猫よけペットボトル』のこと。特殊な電波を発し、付近の超能力を一切無効化する。
現在の日本に超能力者が見られないのは、全日本で少なくとも10mおきにECMが設置されているため。
ECCM
超能力対抗対抗措置(Esp Counter Counter Measure)のこと。ECMを中和してその効果を無効化する。こちらはECMと比べて格段に高く、全く製造されていない。
ECCCM
超能力対抗対抗対抗措置(Esp Counter Counter Counter Measure)のこと。ECCMを中和し、再び超能力を無効化する。
ECCCCM
超能力対抗対抗対抗対抗措置(Esp Counter Counter Counter Counter Measure)のこと。
この辺から長くなるため、普通はEC4Mと呼ばれる。ECCCMを中和するが、既にどうでもいい。
ECCCCCM
超能力対抗対抗対抗対抗対抗措置(Esp Counter Counter Counter Counter Counter Measure)のこと。略称はEC5M。EC4Mを中和するが、ほとんど使われない。
ECCCCCCM
超能力対抗対抗対抗対抗対抗対抗措置(Esp Counter Counter Counter Counter Counter Counter Measure)のこと。略称はEC6M。EC5Mを中和するが、EC5M自体殆ど使われないためまず作られない。
ECCCCCCCM
もう書くのも面倒だ。

主題歌[編集]

オープニング
  • Over The Future
可憐Girl'sなる、リアル幼女小学生3人組(公式の紹介文)が歌う。ロリコンチャート1位だったが、最近になって大橋のぞみ[1]に首位を奪われた。
やたらダンスのキレるほくろの目立つ娘(恐らくこの子は薫担当なのだろう。[2])と、JRA調教師の娘と、でかくて地味な娘のアンバランスなユニットである。おーばー・ざ・ふゅーちゃーわー。
  • MY WINGS
3クール目からのOP。歌うのは引き続き可憐Girl's。夏休みの宿題だったんじゃねーか?
前回より着実に歌は上手くなっているが、ちょっと声が老けた気がする。
大人バージョンのザ・チルドレンがクローズアップされる新オープニング映像や、PVでの可憐Girl'sの衣装(ブレザーの学生服風)などから、全体的に原作中学生編を意識したのかもしれない。
そういえば、ほくろの娘のほくろが見当たらなくなったが、除去したのか?いいえケフィアです。
PVは美脚タイムだ、喜べ!と言わんばかりのニーソ祭り。将来有望だねアレは。
  • MY WINGS feat. The CHILDREN
やっぱり出た加齢Girl's版。後述する早春賦のCDにカップリングとして収録されている。
元々も神曲だったが、キーが下がったためさらにカッコよすぎる仕上がりとなっている。
ついに46話でOPとして使用された。
挿入歌など
  • Over The Future feat. The CHILDREN
下記EDのカップリング曲として突如発表された、平野綾(21)、白石涼子(25)、戸松遥(18)ら「加齢Girl's」(しかし平均年齢は21歳)が歌うバージョン。
彼女らのファンが曲のピッチを上げたり、イコライザをいじってみたが、無理だった。
やはり「かなりキてる」(年齢的な意味で)。「イェイ」「ダイターン」にもかなり無理がある。
高いキーが出ない戸松(一番若い18歳)のせいでキーがロリ版より低いため、加齢臭がさらにアップ。だが、それがいい。このぐらいのキーなら俺もカラオケで歌えるしな!
もしかしたら後期OPになるかもしれないと思われたが、残念ながら新OPも可憐Girl's。
やっぱり最後はおーばー・ざ・ふゅーちゃーわー。この棒読みは仕様。
可憐Girl's版が萌えソングなら、こちらは燃えソング。本編では未だに使用されていないが、バトルシーンでかければさぞ燃えるだろうに…
  • Over The Future (Light Speed mix)
歌っているのはロリのほうだが、超カッコイイアレンジ違い。葵をイメージしたアレンジのようだ。加齢Girl's版をこのアレンジで作り直して欲しいというのは流石に贅沢か。OPのCDにカップリング曲として収録されている。
葵の活躍中にかかるとかなり燃える。カッコ良さの追求のためか、気が抜けるような「イェイ」も「ダイターン」も排除されているが、最後の「おーばー・ざ・ふゅーちゃーわー」だけはあるこれだけは譲れない
  • Over The Future (Catastrophe mix)
薫をイメージしたアレンジ。OPのCDにカップリング曲として収録されている。
ギターやドラムが強く響く。薫の登場シーンでかかるとなかなか燃える。
こちらは「イェイ」も「ダイターン」も、もちろん、「おーばー・ざ・ふゅーちゃーわー」もある。
  • Over The Future (Untouchable mix)
OPのCDにカップリング曲として収録されている。紫穂をイメージしたアレンジらしいが実際のところはどう聴いてもPerfume。ゆえに、他の2人のバージョンとは違い紫穂の活躍中にかかると凄く浮く。
こちらは「イェイ」も「ダイターン」も「おーばー・ざ・ふゅーちゃーわー」さえ排除されている。
  • Over The Future feat. KAORU
薫のキャラソンCDに収録されている。歌ってるのはもちろんデコビッチ。加齢Girl'sバージョンと聞き比べてみると、加齢Girl'sの中でいかに平野がでしゃばって歌ってるのかが丸わかりで面白い。
また、高音域・低音域両方をカバーする白石の声が地味に需要だったこともわかる。
戸松?なにそれおいしいの?
  • Over The Future feat. AOI
葵のキャラソンCDに収録されている。一瞬、薫ver.と区別がつかなくなるが、高音域に入るとデコビッチとの違いが明確になってくる。『ボクはキミのもの』や『運命のPrice』あたりを聴いてからもう一度聴くと中の人の凄さを思い知ることができる。
  • Over The Future feat. SHIHO
紫穂のキャラソンCDに収録されている。無理矢理高い声を出しているため、歌声がキモくなってるのが残念。また、サビの部分の音程が微妙に外れている。かんなぎのOPやEDを聞く限り、戸松遥は音痴ではないと思うが…
エンディング
  • 絶対love×love宣言!!
加齢Girl'sが歌う、イタい電波ソング。ハレ晴レユカイより恥ずかしい歌詞を君はフルで歌えるか!?
聞き様によってはヤンデレの歌に聞こえる。
「隠しても無駄だよ…何でも全部分かるから…」
「気付いていたよ…見逃さないよ…いつでも見つめてるのだから…」
「結ばれるのは絶対なんです」
  • DATTE大本命
7月から刷新の新EDソング。歌うのは引き続き加齢Girl's。
合いの手が入ったりして、以前の曲よりヲタ芸がしやすくアレンジされてるのが特徴。
アニメも徐々にアップデートされる予定だったが、2クール目最終話のみ完成版が流れた。加齢Girl's解散コンサート?
一回使うためだけにアニメこさえたのかよ!…なんて言ってたら4クール目の最初の話のEDはこれの完成版だった。
  • Break+Your+Destiny
10月からのEDソング。また加齢Girl'sかと思いきや、なんと歌うのは『兵部京介 vs 皆本光一 with 賢木修二』(遊佐浩二(40)+中村悠一(28)+谷山紀章(33))。露骨に腐人気狙いだよトホホ
通称『可憐Guy's』。平均年齢33歳だが、腐女子が怒り狂うので決して『加齢Guy's』と呼んではいけない。
なお、曲のノリが谷山紀章副業路線と被っている気がするが、決してインスパイヤされた訳では無い。
  • 早春賦
新年第2回目放送から刷新の新EDソング。歌うのは久々の加齢Girl's。
大人になったチルドレンからのメッセージソング』ということらしく、CDジャケットに描かれているのもいつもとは違い大人版の3人だが、EDの最後に出る絵はどうみても原作中学生編の姿である。

脚注[編集]

  1. ^ ヒゲロリの最新作・崖の上のポニョの主題歌を歌うロリ娘。
  2. ^ ご存知の通り、平野綾にもほくろがある。

関連項目[編集]

エスパーは宵越しの編集なんかできないやい!あとは頼んだぞ! (Portal:スタブ)