結城秀康

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

結城 秀康松平 秀康(ゆうき ひでやす/まつだいら ひでやす、 天正2年2月8日(1574年3月1日)~慶長12年閏4月8日(1607年6月2日))とは、越前松平家の藩祖。徳川家康の次男。父に冷遇され、羽柴家、結城家に養子に出され、弟の秀忠に将軍職を掻っ攫われ、数え年35の若さで世を去るという薄幸な生涯を送ったため判官贔屓の対象となり、後世に美化され様々な美談が生まれ、今では弟はおろか父家康さえも足元にも及ばない人気戦国武将の一人となった。ただし死因は梅毒である

生涯[編集]

家康が側女にお手つき、つまり浮気したことによって秀康は生まれた。秀康は相当な醜男で、生まれたばかりの彼の顔を直視した家康を嘔吐せしめた程である。の「ギギ」に似ていることから、於義丸または義伊松と名付けられた。

一説によると母親が於義丸を身ごもった前後、彼女の元カレが屋敷に出入りしていたが、その男は半漁人のような面構えであったという伝承もある。こうした母親のヤリマン疑惑で家康の実の子か疑いを持たれた上、さらに当時忌諱されていた双子だった(もう1人の双子は死産)ため父、家康は於義丸を敬遠した。異母兄の徳川信康が切腹され、ようやく家督相続が回ってくるかと思えば、今度は羽柴秀吉に養子として、幼なじみの本多仙千代(後の飛騨守成重、育ての親の本多作左衛門の長男)を同伴させ送られ、秀吉に実子鶴松が誕生すると結城晴朝の下へと盥回しにされ、「結城秀朝」と名乗った。

秀吉の下で実質的な人質として過ごしていたころ、福島正則加藤清正らと親交を深め、ついでに女遊びなども教わる。1592年の朝鮮出兵には秀康も従軍したが、父に愛されず育ったことへの反動か、秀康は朝鮮の遊女達相手の冒涜的な性交に熱中し、清正、浅野幸長らと仲良く梅毒に感染する。

ただし一方では、父家康は彼の軍事的な手腕を高く評価していた。秀吉死後の関ヶ原の戦いでは、家康本軍への従軍を許されなかったが、その代わりに、家康不在の関東に留まり、会津の上杉景勝、旗幟鮮明でない佐竹義宣や奥州の諸大名を牽制するという重要な役目を任される。戦後、見事大役を果たした功績により越前北庄67万石を秀康に与えた家康は、ようやくわが子として愛することができそうだと喜んだという。同時に関ヶ原の戦いの軍議で本多正信本多正純父子から家康の後継者としての推挙を受けた。

もっともその喜びは次の瞬間、恩賞を喜ぶあまり「イア!イア!」と奇声を上げる秀康を見てSAN値諸共吹っ飛んでしまったわけであるが。

関ヶ原から7年後の1607年、35歳で死去。死因は勿論梅毒である。晩年には症状が悪化し、ただでさえ冒涜的な面構えのあちこちに腫瘍が出来た上最終的には鼻が捥げ落ちる始末で、見るも耐えない面となっていた。家康は秀康の顔を見た瞬間卒倒し、三日三晩寝込んだと言う逸話が残っている。 「次に生まれてくるときはイケメンに生まれたい」的な辞世の句を遺したらしい。

秀康の死の真相[編集]

秀康と一緒に朝鮮で女遊びをした加藤清正浅野幸長もそれから数年後に死去したが、死因は無論梅毒である。

しかし、それからまもなく大坂の陣が勃発したため、巷間では豊臣家を滅ぼす前に厄介な存在である秀康・清正・幸長と共に、異母兄をおそれた秀忠よってに毒殺されたという風説が流れたが、実際の真犯人は秀康の存在が邪魔だと感じた淀君である。彼女がひそかに買収した柳生宗矩に命じて、梅毒に冒された女性を秀康の側室として派遣させたのである。このため、もともと軽い梅毒を患っていた秀康は重度の梅毒に罹り、その女性とまとめて死んだのである。

秀康の死は記録病死だが、広い意味では淀君と宗矩によるタックルの「暗殺」である。ボンクラで優しくおとなしい秀忠は狡猾な淀君によって「犯人」に祭り上げられただけである。

そして、淀君らが、この風説を流して、これを信じてしまった男が居る。秀康嫡男の忠直である。父を叔父に殺されたと思い込んだ忠直は怒り狂い、秀忠に挙兵するとまで言い出し家臣達を蒼白させた。

家臣達は秀康は朝鮮での女遊びで感染した梅毒で亡くなったとありのままの真実を話したが、これがかえって忠直の逆鱗に触れてしまったようで、父上が女遊びに感けるはずがないだろうと激昂した忠直は家臣を手打ちにしてしまった。

最終的に、すでに故人となった淀君に踊らされた忠直は「御乱心」ということで蟄居させられたが、忠直が秀忠を父の仇と言っていたことは既に城下の民衆たちの耳にも届いており、秀康が毒殺されたという説が今に至るまで語り継がれることとなった。

繰り返すが死因は梅毒である。

秀康と秀忠[編集]

不都合な事は何でもゴルゴム裏柳生の仕業にすることで有名なR.KY一郎の影響で秀康と秀忠の仲は険悪であったという誤解があるが、少なくとも当人同士は非常に仲がよく、秀忠の方が気を使っていた。その姿勢は、秀康の家が「制外の家」と呼ばれ、さまざまな特例が認められていたことに見られる。 しかし制度は幕閣の頭痛の種であった。例えば当時「入り鉄砲に出女」と言われる、関所での鉄砲持ち込み検査が実施されていたが、秀康の軍勢は特例として免除されていた。そのため秀康の一行がやってくる度に「何だ、あの鉄砲の数は!関所に、関所に!」と碓氷峠の役人が悲鳴を上げたと言われている。

秀康の人気[編集]

剛直、勇敢な人物であり、武将としての器量も備わっていたと伝わっている。また、その薄幸な境涯から源義経のように人々の同情を集め、徳川家の人間でありながらも石田三成直江兼続ら義レンジャイの面々とも親交が深く、おしゃべり好きで知られる幕末の越前藩主松平春嶽が家臣やら同僚やらにあることないこと喧伝したせいもあって、勇ましく、義侠心に篤い優れた武将としてのイメージが形成され、オタク腐女子中二病患者からも一定以上の支持を得ている。

元から不細工だった上梅毒によって見るに耐えない容姿だったにも拘らず、小説やゲームなどにおいては大抵美男子として描かれる事が多い。少なくとも史実通りの醜男として描かれる事は皆無である。「こんなカッコよくて薄幸な人がブサイクのはずがない!」といったところだろうか。織田信長豊臣秀吉のように毀誉褒貶も激しくなく、総合的にはややマイナーよりながらも安定した人気のある戦国武将と言えるだろう。

ただし死因は梅毒である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「結城秀康」の項目を執筆しています。
  • 梅毒
  • コンドーム - この時代にこれさえあれば秀康ももっと長生きできたかもしれない。