経済

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「経済」の項目を執筆しています。
財力はすべてを制する。 ディズニーの著作権から大事な事を学んだプーさん。

経済(けいざい)とは、社会において人々がサービスを騙し取り合うことにより起こる、財やサービスの流れ全体のこと。

近年の多くの国の経済では、貨幣と呼ばれるなんの価値もないものと交換することにより財やサービスを騙し取ることが一般的となっている。しかし人々が貨幣に頼り、新たな騙す手口を考え出さない風潮には批判がある。

経済、とは数字。 または数字の桁にあわせてサルに似た生き物がくるくると踊るおしばいのこと。 殺人、発狂、裏切り、洗脳、強姦、罵倒、暴行、コレクション、餓死、自殺。などなど。 あまりにネガティブな内容な為、早めに劇場を発つ人が昨今増えている。

日本経済[編集]

日本人江戸時代、欧米人に騙されて多くのを奪い取られた反省から、騙す手口を研究した。そして、良品に見せかけた粗悪品を売ることで外貨を得て、それで欧米の最先端技術を購入した。つまり貨幣を介して、粗悪品を良品に変える手口である。これは欧米人が日本人を騙そうと使った銀貨を巧みに利用し、逆に欧米人を損させる手法である。現在は中国韓国がこの手法を多用している。

20世紀後半になると、企業はクリスマスバレンタインデーといったキリスト教の行事を経済に導入し、宗教にいい加減な日本人の間で商業的なイベントとして定着させることに成功、しこたま利益を上げた。

21世紀における今日においては、堀江貴文村上世彰らがTOB株式分割インサイダー取引、不正経理など様々な方法を試している。貨幣の代わりに株券という紙切れを使う手法は目新しいとも言えるが、あくまで貨幣の補助具という意味合いが強い。驚くような新手法の開拓が行われていない日本は、経済の伸びもいまひとつである。

中国経済[編集]

騙す手口を考えない世界の風潮に批判がある中で、新たな騙す手口を大量に生み出している中国注目が集まっており、中国が21世紀世界の経済的リーダーになるとの見方は世界中の識者達のスタンダードとなっている。

中国人はもともと経済感覚に優れ、人に財やサービスは与えない、人からは分捕るという思想が強かった。毛沢東は「まず富める者から富め」と人民を鼓舞し、どんな手を使っても財を蓄えることを奨励した。毛沢東時代に幼少時を過ごした世代は、現在40代、50代となり、その思想を体現させつつある。その方法は海賊版の製造販売、詐欺先進国への不法滞在麻薬の密造・密売など多岐に渡る。

中国政府もそうした経済の活性化を促進しており、国内には金儲け特区なる無法地帯が多数存在した。香港にあった九龍城砦は、中国が例外的に国外に作った特区である。

新興経済圏[編集]

近年の経済は、このような連鎖反応によって悪化していった。

現在、とくに経済発展が著しい地域をBRICsと呼んでいる。これはブラジルBrazil)、ロシアRussia)、インドIndia)、中国(China)の頭文字をとったものである。

中国は先の理由で経済発展が著しいが、他の国も大きな経済的飛躍が期待されている。

  • ブラジル:労働者を騙してコーヒー農園で酷使し、生産された豆はブラジルブランドのもとに不当な値の吊り上げを行った上で売りさばく。近年では日本などの先進国に不法入国して麻薬の密売を含む経済活動を行っている。
  • ロシア:油田やガス田を日本などと共同開発し、産出物はすべて我が物にする。しかも国際協調を掲げて多くの国を巻き込み、その影で他国にインフラ整備を押し付けている。民間企業を国営化し、経営が悪化したら再び民間に払い下げる手法も有名。
  • インド:人口爆発を起こして、人体に国富を溜め込もうという斬新な経済計画を提唱。経済力も中国に肩を並べつつある。ガンジーの糸紡ぎも、世界世論を味方につけてイギリスに綿花を不当な高値で売りつけようとする茶番であったとの見解もある。

関連項目[編集]


Uporg659371.jpg 株式会社経済は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)