紫の鏡

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ひよこ陛下
20歳まで覚えるべき記事
この記事はとてもためになる記事だよ。書いた本人が言うんだから間違いない。20歳までこの記事のことを忘れないでね。

紫の鏡(むらさきのかがみ)とは、言ってはならず、しかも覚えてしまったら死ぬ言葉である。一説には記憶のスタンドであるとも言われている。覚えてしまった者は20歳までに忘れないといけない。アンサイクロペディアには未成年の利用者も少なくないため、ここに載せることによって問題が生じるおそれれがないとは言えないのだが、明日成人になる利用者以外はあえて忘れようとする必要はないだろう。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紫の鏡」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ある女の子が、大切に使っていた手鏡をいたずらで紫色に塗りつぶしてしまった。ところが、どんなに洗っても紫の絵の具は落ちなかった。これはもちろん、八雲紫とディープ・パープルのせいである。

(中略)

二十歳の誕生日、女の子は死にました。このページを見た方は同じページを5つ以上貼り付けてください。

科学的考察[編集]

紫の鏡という言葉、あるいは紫の鏡のイメージが記憶されたときに脳に出来るしわの形状が、脳の大きさが20歳程度になった際に血管を傷つけてしまい、脳出血を起こすため死に至ると言われる。

地域により、「不幸になる」「結婚できない」などのバリエーションがあるが、これは脳の形状には個人差があることから、前者はしわがセロトニンやドーパミンの分泌を阻害したケース、後者は性ホルモンの分泌を阻害したケースであると思われる。

「忘れる」の定義について[編集]

一口に「忘れる」と言っても、19歳の時は殆ど紫の鏡について忘れていたのに、30になってふと思い出すというようなこともある。この場合、「忘れた」と言えるのかどうかが問題になる。一般的には、19歳から20歳に切り替わる瞬間に、「紫の鏡」と脳内に浮かべていなければセーフである。

応用例[編集]

  • タバコの巻紙にこの言葉を記載しておくことで、未成年者の喫煙を防止する。
  • ビールの缶の裏面にこの言葉を記載しておくことで、未成年者の飲酒を防止する。

こうした手法は1980年代までは一般的であったが、未成年者の健康のために未成年者を殺してしまっては本末転倒であるという批判を受け、中止された。

対処法[編集]

  • ミョウガをいっぱい食べる。
  • 17歳教に入信する。

効果のあった者[編集]

効果のなかった者[編集]

関連事項[編集]

  • 死亡確認
  • シロクマ効果 同じく脳内にこびりつく記憶のスタンド。紫の鏡の色違い。「シロクマをイメージしないで下さい」と言うことで発動する。
この項目「紫の鏡」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)