素足

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「素足」の項目を執筆しています。

素足(すあし)とは、(あんよ)に靴下、ストッキング等を着用しない状態である。裸足とも呼ばれる。年を経ることにより、古い角質やら白癬菌やらが付き捲るのだが、その状態でも足である。

日本文化・風習としての素足[編集]

最も望ましい女子小学生の服装例(その1:ノースリーブワンピース、素足)
最も望ましい女子小学生の服装例(その2:ノースリーブ、ミニスカート、素足に靴、赤ランドセル)

近年の風潮として、日本のアニメマンガドラマも同様)において初、または夏場が舞台である場合、その作品に登場するキャラクターが素足であることが多い。この場合、外出する際の履き物はサンダルではなく、スニーカー等の全体を覆う靴の方が望ましい。その理由は、サンダルにした場合、作画の際に足指を1本ずつ描く必要があり、非常に面倒な作業を要するからである(しかしながら、作品によっては足指はおろか、足の爪まで書かれている場合もある)。また、DVD等の映像媒体のセールスも考慮に入れて、服装はの露出する上衣と、膝の出る短いスカートが望ましい。尚、極めて悪質なスニーカーソックスを着用していない事を明確とするために同一作品中での通学靴着用、上履き着用、素足の3点セット描写は必須といえる。

夏は基本的に素足ですごす季節であるために、素足が描かれるシーンは多い。しかし夏場だけでなく、一年中素足で過ごすキャラクターもいる。基本の衣装設定が素足状態のキャラクターはその傾向が大きく、靴下を履いた特別な服装(「お出かけ服」など)は1話限り、もしくは僅か数話ほどしかない事が多い。

人が素足を晒す季節は大方夏場と決まっているが、稀に冬場でも素足で過ごすキャラクターも存在する。その場合、あからさまに素足にスニーカー等の靴を履いていることが殆どである。特に元気で明るい小学生が多く、年齢が上がるにつれて冬場で素足になるキャラクターが少なくなる。それに遭遇する機会は多くはなく、希少価値になっているのが現状といえる。ただし、冬場で素足サンダルで近場のコンビニなどを徘徊する場面を見ることもあるため、このようなおいしいシチュエーションは意外に存在する。

さりげなく素足を晒す場所[編集]

基本的に室内で過ごす場合、素足で過ごす人は少なくない。その理由は、素足になることで屋外での緊張から開放されるからである。もちろん、日常的な雰囲気を醸しだすためでもある。室内を素足で過ごすキャラクターは基本的に開放感を放ち、それと同時にややリラックス状態になる傾向がある。ただしこれは屋外で靴下等を履いているキャラクターだからこそ雰囲気が伝わるのであって、屋外でも素足で過ごすキャラクターでは伝わりにくいことが多い。

室内でも、自宅(または親戚や友人の部屋)以外の場所で素足を晒すシーンが存在する。特に気温が高い日の学校内(特に授業中)では、蒸れた足を風に当てるためにこっそり上履きを脱ぎ、素足をブラブラする場面を見かけるときがある。時にはそのまま床に足を付けたり、足指の股を机・椅子の支柱等に擦りつけたりしながら痒みを和らげる、という行為も多い。その際、足裏から染み出た汗や脂が床に付着し、暫くのあいだ足跡が残る(何度も足指を椅子等にこすり付けた場所にも脂汚れや砂埃が残る場合がある)。ただしマンガやアニメ等ではこのシーンを観ることは運が良いといってもいいくらいに少なく、希少価値があるといってもいいだろう。

また、旅行先のバス電車等で、靴を脱いで素足をブラブラする子ども(たまに大人も)を目撃することがある。このときに足の指を開いたり閉じたりモゾモゾ動かしたりしながら、やや汚れ気味の足裏を晒すこともある。場合によっては、素足のまま直に床につける場面もあるようだ。このような行為はもはや晒すというよりも『魅せる』といってもよく、無意識に男性を誘っている仕草のひとつであると秘密裏に語り継がれている。

このほかにも、図書館で靴を脱いで床に座り、足裏を晒しながら読書をする場面や、ベンチで靴を脱いで素足をさらけ出してくつろぐなどの場面も見ることができる。

足裏を見せる(魅せる)という行為[編集]

普通、マンガやアニメ・ドラマで素足の状態で足裏を見せる場面は室内が殆どであり、屋外では特定の場所以外(浜辺や川辺などの水がある場所など)で見ることは少ない。室内の場合は上記の通り、リラックスできる空間でもあるため、足を開放するうってつけの場所といえる。屋外では素足に靴を履くということはあっても、素足のまま歩くという行為は基本的にはない。しかしごく稀に、道端で急に靴を脱いで素足で歩くシーンを観ることがある。当然直に足裏を地面につけて歩くため、足裏は汚れて真っ黒になる。そして場所によっては足跡が付くこともある。視聴者の中には、そのシーンに興奮する者も少なくない。

制服素足[編集]

足フェチの男子達を最も興奮させるのが、夏場における女子の裸足姿である。制服に素足という組み合わせは足フェチが最も愛するものの1つである。足フェチ男子はその素足を見て、触りたい、くすぐりたい、匂いを嗅ぎたい、舐めたいという衝動に駆られるのが一般的である。制服自体の採用率は低いものの制服に素足の女子の比率は小学生(特に低学年)に多い。最近ではアニメキャラの公式イラストにも制服素足が増えてきており、男子の絶賛を浴びている。但し肝心な萌え作品のアニメキャラでは依然として萌え業界のニーソックス偏重のごり押し感が大変根強く、素足が受け入れられず萌え画風が好みの者は長年非常に苦しい思いをし続けている。またそのような悲惨な現状の萌え画風のアニメキャラとは逆に萌え画風とは程遠い画風である世界名作劇場ジブリのキャラばかりに素足が多いのは全くもって皮肉極まりなく憤慨の声が多々上がっている。

素足ランドセル[編集]

模範的な素足ランドセルの女子小学生の服装例(キャミソール、キュロット、スニーカー、赤ランドセル)
制服の指定がない大部分の小学校では、ランドセルを背負って安全帽被っての裸足姿が制服に素足と同じような意味合いを持つ。いずれも学校でも素足で過ごす女子を強調させる組み合わせである。

素足に上履き[編集]

同じく足フェチの男子達にとって素足の女子が履いている上履きは、朝方~夕方までと1日の生活の中で最も長く素足に密着していることのみならず、自宅のみではなく学校でも素足で過ごす女子の象徴故に絶大な人気を誇っている。素足での着用率が高いほど価値の高いものとなり一切靴下を履かずに着用し続けたものが最高級となる。素足に上履きを履く女子は小学生(特に低学年)に多く見られ幼少時代にその魅力に取りつかれてしまう男子も少なくない。また逆に言えば素足に上履きはリボンやフリルのように女子小学生の定番の格好でもある。

足の匂い[編集]

足フェチ男子の主たる願望として、女子の靴下等を脱がし、足の匂いを嗅ぐ、というものがある。 匂いには個人差があるが、大まかなランク付けがされており、高校生>中学生>高校生以上>小学生、とされている。しかし、これは好みの問題であり、確かな結果とは言えない。 最も多く嗅がれている女子高生の足の匂いについて述べる。 夏場における女子高生は靴下等を脱ぎ、裸足姿になることが多い。制服に素足という組み合わせは足フェチが最も愛するものの1つである。したがって、足フェチ男子はその素足を見て、触りたい、くすぐりたい、匂いを嗅ぎたい、舐めたいという衝動に駆られる。また女子小学生の場合、靴下を履いて来ないで素足に上履きを履いている女子の上履きや外靴に人気が集まる。

ファンタジー世界における素足[編集]

中世ヨーロッパモチーフとしたファンタジー世界における素足[編集]

実際の中世ヨーロッパにおいて靴下は非常に高価なものであり、王侯貴族および裕福な商人のみ着用することを許されていた。このような世界においては懲罰的な意味合いで身分の高い者から靴下を奪うことも日常茶飯事である。

刑罰としての素足[編集]

例えば、その王国を侵略し幼い王女のみを残して王族を全員処刑して、王女に屈辱や恥辱を与えるために質素な衣装(現代風に言えば清楚なノースリーブワンピース)に素足に革靴(蒸れ、靴擦れしやすく、足枷と鎖で一体型されており鍵付きで脱げない)、手錠、王家の家紋の入ったお取り潰しの×印の刻まれた首輪を着用させて、処刑された王族の遺体を焼却してその遺骨を粉々に粉砕し、遺灰と混ぜて熱いうちにその上を素足で歩かせたり、前述のとおり拘束具付きの革靴(蒸れやすく靴擦れしやすい)を履かせて早朝から日没まで城下町の街中を練り歩かせて、そのまま遠方の鉱山に連行して想像を絶する様な過重労働(1日15~18時間で年中休み無し)を課されるとされる。なお、脱走防止のために二の腕に識別用の刺青が入れられている。

戦災孤児における素足[編集]

ファンタジー作品において戦災孤児の服装は、大抵袖のない服装に素足に靴を履いていると相場は決まっている。例えば、花売りの少女や、孤児院で虐げられている少女、ゲリラの少女兵などが挙げられる。靴に穴が開いて親指が露出していたり、底が抜けて足の裏が汚れていると尚更良いだろう。

創作物における芸能人の少女における素足[編集]

漫画、アニメ、ゲームに登場する芸能人の9~14歳程度の少女は素足に靴を履いてノースリーブ、キャミソール、ミニスカート等の露出の高い服装を着ていることが多い。何故なら業界の有力者(スポンサー、広告会社、放送局のプロデューサーetc.)には幼い少女の素足、素足履きや二の腕、腋、太ももにフェチシズムを持っている者が多く、そのような人物に性的アピールをするためである。トレーニングと称して素足に靴を履いて走り込ませて汗だくにさせて、足コキを強要する悪質な者も存在する。

素足もしくは素足に履物を履いているキャラ[編集]

著名な常時素足の女子小学生(小学生相当も含む)キャラ[編集]

ウリン(うみものがたり)
千沙耶(鬼切様の箱入娘)
丸井ふたば(みつどもえ)
チョイ・モチマッヅィ(たまこまーけっと)

著名な常時素足の女子中学生(中学生相当も含む)キャラ[編集]

ハルナ(これはゾンビですか?)
カオラ・スゥ(ラブひな)
関内・マリア・太郎(さよなら絶望先生)
エド(カウボーイビバップ)
ヴィヴィ(カミヤドリ)
シロ(デッドマンワンダーランド)
トフ (アバター 伝説の少年アン )

著名な素足に上履きの女子小学生キャラ[編集]

常時

時々

著名な素足に靴を履く女子小学生キャラ(高度経済成長期~現代日本)[編集]

瀬川おんぷ(おジャ魔女どれみ)
五百川からだ(あさっての方向。)
栗原くるみ(とっとこハム太郎)
村田双葉(学園戦記ムリョウ)
宮ノ下さつき(学校の怪談)
丸井みつば(みつどもえ)
九重りん(こどものじかん)
雛子(シスタープリンセス)
田無美代子(ひぐらしのなく頃に)
三島燐子(夢使い)
牧原麻依(しにがみのバラッド)
九澄マナ(おおかみかくし)
上乃木ハルカ(ノエイン もうひとりの君へ)
吉永双葉(吉永さん家のガーゴイル )
西島結(白砂村)
呂布子ちゃん(まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん )
小芹アイ(ライブオン CARDLIVER翔)
島田葉月(バカとテストと召喚獣)
ましまろな女の子達(苺ましまろ)
早坂みうら(よつばと!)
苺(おんたま!)
玉依シイナ(なるたる)
枸雅詩緒(神様ドォルズ)
少女【アニメ版・第64局】(ヒカルの碁)
加賀美あつ子(ひみつのアッコちゃん【第二作】)
二ノ宮紀美(この醜くも美しい世界)
桜坂絆(暁の護衛~罪深き終末論~)
塔原明日葉(ロッテのおもちゃ)
檜原瑞生(もっけ)
如月みなと(夢喰いメリー)
はかせ(日常)
宇佐美さくら(つり球)
石蕗美香(貧乏神が!)
宮瀬灯子(黒魔女さんが通る!!)
堀井瑠香(My Sweet ウマドンナ2 ウマすぐ Kiss Me)
吉野屋先生〈小学生時代〉(ひだまりスケッチ×ハニカム)
稲葉りんね(超速変形ジャイロゼッター)※右足だけ素足履き
大郷院桜子(しょーがくせれぶ)
鴨下はしる(しょーがくせれぶ)
後藤姫(かくしごと)
小柴莉緒(Lostorage incited WIXOSS)
雪(おおかみこどもの雨と雪)

著名な素足に靴を履いている12歳以下(外見年齢12歳以下も含む)の少女キャラ(SF、近未来、ファンタジー物)[編集]

マリオン(カレイドスター)
アイ(ARIA The ANIMATION)
カスミ(ポケットモンスター)
フランチェスカ・ルッキーニ(ストライクウィッチーズ)
ウェンディ・マーベル(FAIRY TAIL)
ハナ・モレーノス(ミチコとハッチン)
ディスク(NEEDLESS)
アプリコット姫(ボスコアドベンチャー)
イングリッド・ソルヴェイク・ソルグリムス(ロッテのおもちゃ!)
エル・メル・マータ(テイルズオブエクシリア2)
アマル・アルバンナ(機神大戦ギガンティック・フォーミュラ)
バレッタ(「ヴァンパイア」シリーズ)
ミニス・マーン(サモンナイト2)

著名な素足にサンダル等を履いている12歳以下(外見年齢12歳以下も含む)の少女キャラ(SF、近未来、ファンタジー物)[編集]

リリス(BLACK/MATRIX ZERO・BLACK/MATRIX OO)
地獄谷ふるる(まもるクンは呪われてしまった!)
メイ(みんなで鍛える全脳トレーニング)
ポリー(ザックとオンブラ まぼろしの遊園地)
ノキア(グリードパケット∞)
さよちゃん(一休さん)
葛城みかん(レンタルマギカ)
草野(セキレイ)
忍野忍(化物語)
スズカ(おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ!)
ローズ(ドラゴンクライシス)
ココナ・バーテル(アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩)
ターニャ・フォルタ(アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~)

著名な素足に靴を履く中学生相当(外見年齢中学生も相当含む)の少女キャラ[編集]

三千院ナギ(ハヤテのごとく)
レミット・マリエーナ(エターナルメロディ)
フロン(魔界戦記ディスガイア)
高坂桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
千石撫子(化物語)
涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱・笹の葉ラプソディ)
イカ娘(侵略!イカ娘)
鈴原みさき(エンジェリックレイヤー)
白星ぎんか(幻影ヲ駆ケル太陽)

ウォーター・インセクト[編集]

年齢を重ねた素足には、様々な生物が潜む魔界と化しているものも多い。中でもウォーター・インセクトは極悪非道の魔物として、春先に人民を苦しめ続けている。これは、素足+親のサンダル、もしくは素足+人のクツという接触感染によるものが多い。もしそれに感染してしまうと簡単にはもとに戻ることはかなわず、しばらくの間忌み嫌われる存在となる。しかしそれすら好きというフェチもいるから侮れない存在ともいえる。

他にも、歩行を困難にさせるフィッシュ・アイ、もしくはビーンズなどが素足に潜んでいる。

猛暑期の小学校在籍期間中の靴下着用禁止[編集]

日本各地で節電要請による冷房自粛で熱中症が多発しており、通学靴の着用義務化における無理な靴下着用が原因と見られる。よって、法改正により今年度は2012年6月1日から9月30日まで全国の小学校において靴下、ストッキング等の着用を禁止とし、昇降口での服装検査を義務付ける。また小学生向けの靴下、ストッキング等の販売も禁止する。

法改正前の状況は小学生を参照