アマチュア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
素人から転送)
移動: 案内検索

アマチュアとは、物事を初めてやる人に使われる名称。日本語では素人ということはあまり知られてない。

内容[編集]

アマチュアは下手ではない。ただし、上手いわけでもなく、ちょうどいい普通の人が単なる趣味の延長でなどでやっていて、仕事になっていない人のことも指す。物事をいくらできてもプロの資格が無ければアマチュアの称号がつけられる。アマチュアの名称がつけたがるのは、物事に以上に敏感なである。大抵、アマチュア、素人という称号をつけたがるやつは、にわかだとかゆとりなどの名称をつけたがる。ちなみに素人と検索するとほとんどがAVサイトである。外国ではアマチュアというカテゴリのAVは無い。つまり、日本ではほとんどがSEXの素人(アマチュア)であるとされる。これは少子高齢化につながる深刻な問題であるため、早く日本のAVから素人のジャンルを無くしたほうがいい。また、日本ではアマチュアのことを結構うまいセミプロみたいなことだと思っている。けれど、意味が同じ素人と聞くと大抵の人はその人が下手だと思う。日本人の作り出した和製英語のせい。

どのような人なのか[編集]

始めたばかりの人
始めたばかりの人はレベルが低いと思われているため、アマチュアであろう。ただし、人生だけは、生まれた頃からプロフェッショナルと分かれているらしい。
プロではないスポーツ選手
スポーツではだいたいプロ契約を結んでいないスポーツ選手はアマチュアに入る。実業団高校などに属しているようではいつまで経ってもプロの称号を得ることはできない。
ボランティア
無料では働いている(を払う必要がないやつ)は、プロとは言いきれない。違う意見のところもいるが。アンサイクロペディアだと違うけど。
AV女優AV男優
彼らは素人というジャンルで一線を張っている。本当はそんなはず無いんだけど、彼らは検閲により削除なためそう見せかけているのだ。

素人との混同[編集]

なんとなくアマチュアという言葉を使ってしまっているが、アマチュア=素人である。アマチュア(日本の言葉)と種類分けできるくらいアマチュアという言葉は日本では美化されてしまっている。現実に「これだから素人は・・・」という言葉は何度も目にするが、「これだからアマチュアは・・・」という言葉は滅多ににしない。なんでも英語だとかっこよく聞こえてしまうからである。なのでこれからはきちんとした日本語の意味を覚えてもらうため、「全日本アマチュア大会」などと呼ばれる大会は全部、「全日本素人大会」に改名すべきである。

条件[編集]

以下の条件を満たしていれば、あなたもアマチュアである。ただし、この称号を手にするのは極めて難しいことである。

アマチュアは、良き社会人であること
ニートはとりあえず無理ということである。上記のイケナイお仕事の人も本当は素人(アマチュア)では無い。
アマチュアは、健全であること
汚いのはダメ!自分の息子も健全にしとこうね!
アマチュアは、親切であること
マナーをしっかり守れる人こそ真のアマチュアである。
アマチュアは、進歩的であること
いつまでたっても進歩しない人はダメなのである。つまり早くプロに行けという事。
アマチュアは、国際的であること
このグローバル社会の時代にアマチュアに課せられた使命。英語はもちろん英検一級程度取れないとダメ。

差別[編集]

スポーツなどで、アマチュアからプロに行くと、ニュースなどでは「プロ○○日でゴール」などの言葉が使われる。これは、アマチュアを下に見ている証拠である。またアマチュアはアマチュアだけ、プロはプロだけという大会も多い。アマで良い成績を取ってしまった時は、プロに行くのが当たり前である。また、アマチュアはプロへの通り道だとされているが、実際そんなことはない。

関連項目[編集]


この項目「アマチュア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)