純恋歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

純恋歌』(じゅんれんか)とは、米国の世界的大人気Reggaeグループ、The Wind of Shonan2006年日本で発表したレコードである。2017年となった現在では、当時のDQNの生態を伺う上で重要な資料となると言う理論を展開する学者もいるけど、アンサイクロペディアもそれに賛成するものである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「純恋歌」の項目を執筆しています。

歌詞からの考察[編集]

歌詞はストーリ仕立てになっており、ハリー・ポッターと同レベルである。

主人公は、目を閉じると億千の星のような光が見えることから網膜剥離が疑われるDQN青年である。

物語は主人公が親友の彼女のツレ(“親友”のDQN語)に出会うところから始まる。その彼女が美味しいパスタを作ったところから恋が芽生えるが、たいてい誰でも美味しく作れるパスタを食べてその女に惚れる(“好きになる”のDQN語)というところから、主人公の味覚レベルの高さを窺い知る事ができる。とゆうかいい歳こいた大人がパスタすらうまく作れないのはそれはそれで問題としか思えないのだが。その後大貧民をみんなで行うが、負けてマジギレした主人公から、当時のDQNの頭の弱さを考えることは決して無駄ではないだろう。

その後、主人公の知的レベルと同じくらいの彼女となるが、バカ二人でバカップルとはよく言ったものである。喧嘩をした際も主人公がパチンコ(2007年当時のDQNの代表的娯楽、通称朝鮮玉入れ)に逃げ、パチンコの景品の化粧品(DQNの7割はこの程度のもので騙されるという統計も存在する)を持って謝りに行く。こんなもので許されるなら、将軍様もいろんな女と検閲により削除

そして最後には死ぬまで一緒にいようと締める。こういう女は熟年離婚(当時の日本で流行っていたゲーム。クソの役にも立たない旦那からどれだけの慰謝料をふんだくれるかで勝敗を決める)を起こす知能もないので、たいてい死ぬまで一緒であろう。ていうか、こういうDQNは当時の平均寿命よりもだいぶ早く死んでいた。まあしょうがないだろう。 ~翻訳 戸田奈津子~

類似作品[編集]

日本の最凶ロッカー長渕剛(ながぶち ごう。こちらも生粋のDQN)の楽曲に『巡恋歌』というものがあるが、まったくの別物であり、こちらはDQNが普通の恋愛に憧れるが、巡り巡って最後にDQNの女と結婚するというかの有名な説話「鼠の婿取り」を彷彿とさせる、心温まる話である。

また、この作品以前に竹内姫が発表していた『元気を出して』と言う曲の朴理ではないかと言う評論化気取りもいたが、こっちのほうが元気が出るのは事実のため、たぶんそれらはよくできたジョークであろう。

売り上げ[編集]

日本で大ヒットを飛ばしたが、ホリコンチャートでは1位となることができなかった。これは当時の日本の音楽界が、ジャニーズ事務所によって制圧されていたからだという意見が最も多い。最終的な日本での売上は999,790枚と、オレンジレンジの『』を僅かに上回った(このレースは、どちらがよりDQNの心情を表現できているかで売上が決まったと言っても過言ではない)。

しかし、彼らの祖国米国ではまったく売れず、日本でヒットしたのになぜ売れないんだと言うメンバーもいたが、日本のDQNの恋を歌ったこの曲が米国で売れるわけがないと、発売に消極的なメンバーもいた(若旦那)。結果的には彼らの米国での最低売上を更新する結果となってしまった。

関連項目[編集]

Hatsune-miku.jpg この「純恋歌」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)