紋別市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避
門別町」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紋別市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「紋別市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「紋別市」の項目を執筆しています。

紋別市(もんべつし)は、北海道網走支庁

オウム真理教過激派に占領され興部町を併合したオウム真理教実力占領自治区と対立している。

概要[編集]

  • 人口:軍事機密
  • 面積:ええ、軍事機密で言えません。
  • 人口密度:ですから軍事機密と言っているでしょう。

政治[編集]

市長を首長とし、市議会を置く。徴兵制度があり、日々オウムとの有事に備える。20歳以上の男子は40歳までに最低1年としているがいやならば住民票を変え簡単に逃れられる。だが外部からの有志が入隊するとあって戦力は充実している。

経済[編集]

  • 漁業:陸の孤島なのでそれしかありません。
  • 軍事産業:オウム真理教実力占領自治区との有事に備えて日々世界中から武器を飛行機で調達し、研究開発している。

交通[編集]

陸の孤島と呼ばれ、飛行機ぐらいしかまともな交通手段がない。住民は空軍の小型戦闘機や自家用ヘリコプターで通勤や通学をしている。だが心配事としてオウム自治区側からの対空砲火による奇襲攻撃である。オウム側は境界線付近に対空砲や地対空誘導弾を配備している。

過去に、佐呂間町へ通勤途中だった会社員男性の操縦するヘリコプターに対空砲を発射した。機体に156発命中したがヘリは緊急着陸し男性は無事だった。市側は直ちに戦闘挑発行為として猛避難した。その他、幼稚園子供を迎えに行く途中の母親の操縦するF-15戦闘機にミサイルを発射し危うく命中という事態もあった。陸路は現在国道が計画中で完成すれば交通革命だ。

内政課題[編集]

隣接するオウム真理教実力占領自治区とトラブルが絶えない。1ヶ月に最低1回・多い時で5回ほど軍事衝突が起きている。自治区とは1995年まで隣接してはおらず、興部町町民領土防衛隊(興部軍)の後方支援部隊程度の活動でさほど緊張状態ではなかったが、その年に力をつけた自治区は興部町を軍事進攻の後併合した。興部町は自治区領土となり隣接するようになった。いわゆる興部戦争である。この時興部軍は解団し、兵士は同市に逃れてきた。

同年市は独自の軍事組織である紋別市民郷土防衛義勇軍、通称:紋別軍を設置。民間レベルでは、自治区の住民が悪事をして警察に逮捕されると「私は紋別生まれの紋別市民」などとをつくため市民らの反感を買っている。将来的には市内滞在中の自治区民を完全に締め出す帰国事業を実施する予定であるという。また、市民の重要な産業である漁業をめぐってオウム真理教実力占領区住民とトラブルが頻発し、漁業区域の境界線問題がその中心である。そのため紋別海軍兵士と共に出漁することが義務づけられた。

陸地の自治区との境界線には、10m間隔で武装した紋別軍の兵士が警戒に当たる。軍の幹部には長く対立の経験がある亡命してきた旧興部軍の幹部出身が6割をしめ、アドバイザーとなっている。また、オウム自治区なる前の旧雄武町出身の亡命住民もその土地勘を買われ、数人が陸軍地理解析部に在籍している。

市民の声の例[編集]

  • 「あんなことをする奴は変だ」
  • 「血の一滴まで戦ってやるぜ!!」
  • 「元々雄武とか言うちゃんとした町だったのにね・・・。」

流氷[編集]

ガリンコ号[編集]

流氷を砕いて食用シャーベットに加工する市営の船。一度乗り込むと蟹工船やマグロ漁船もかくやという重労働が待っている。過去に挑戦者として何千人もの体力自慢の男たちが世界中から集まり乗船したが次々とリタイヤし、最後まで仕事をやり通せた者はわずか2・3人である。この男らには賞として市内の飲食店永久無料券と名誉市民資格・賞金100万円が贈られた。

関連項目[編集]